この特集について
ボートレース特集 > “本紙予想”オーシャンカップ優勝戦
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

“本紙予想”オーシャンカップ優勝戦

12R 優勝戦
1コース想定=赤岩 まくられ率10.4% 差され率10.4%
2コース想定=瓜生 逃がし率12.8%
展開のカギ①佐々木3コース時まくり/差し=2/8
展開のカギ②白井4コース時まくり/差し=8/5
展開のカギ③今垣5コース時まくり/差し=0/3
展開のカギ④湯川「まくり>差し」のコース=なし(すべてまくりのほうが多いか、同数)
どこからでも狙えそうな一戦。グラチャン時にも書いたが、瓜生の2コースは最強レベルにあり、逃がし率も激低。一方の赤岩は1コースの信頼度はかなり高いほうで、どちらを採るのかが大きなポイントとなりそう。本命筋なら赤岩を採り、1=3、1-5、1-2が有力と見る。赤岩が飛んで大穴を採る場合は、怖いのは佐々木のまくり差しと白井のスタート一撃。3-1、3-4、3-5か、4=5、4=2といったあたりが面白い。湯川がコース動くと見る場合は、湯川の外に入る選手が狙い目となる。ここでは枠なり想定、赤岩を採って地元SG初Vを狙う。
◎赤岩 ○佐々木 ▲今垣 △瓜生 
3連単1-352-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント