この特集について
ボートレース特集 > GⅠ浜名湖賞 4日目です!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

GⅠ浜名湖賞 4日目です!

Img_8450 浜名湖周年は今日からシリーズ後半戦に入ります。

おはようございます。黒須田先輩のあとを受け継いで今日から「THEピット」を担当します、"女子番"こと女子リーグ番記者が本業の森 喜春です。

よろしくお願いします。

さて、今日はまず最初に初日~3日目をデータをおさらいしておきましょう。

コース別の1着回数は、
 1コース 13勝 (逃げ10、抜き3)
 2コース 8勝 (差し5、まくり2、抜き1)
 3コース 2勝 (抜き2)
 4コース 5勝 (まくり3、差し2)
 5コース 5勝 (まくり差し3、まくり1、差し1)
 6コース 3勝 (差し2、まくり差し1)

インは13勝で1着率36%とかなり低めですね。ずっと向かい風が吹いていた影響が出ているようです。今日も午前9時半の時点で向かい風が3、4mといった感じでしょうか。吹き流しが鯉のぼり状態で気持ちよさそうに揺れております。

決まり手の内訳は、逃げ10本、差し10本、まくり6本、まくり差し4本、抜き6本となっています。

続いて今節の上がりタイムランキングは、
 1.飯山  泰 1:47.7 32号機
 1.池田 浩二 1:47.7 36号機
 3.佐々木康幸 1:47.9 26号機
 4.石野 貴之 1:48.0 33号機
 4.上平 真二 1:48.0 47号機

トップ3を独占しているのは81期勢ではないですか! そういえば飯山が乗っている32号機は、先月の女子リーグで西村歩が引いてトップクラスの足を見せていたモーターですね。

そして注目したいのは4位タイの1分48秒0を出している上平真二。ここまで4・4・1・5着で得点率32位ですが、上がりタイムはなかなかの快速ぶりです。そういえばこの47号機は先月の女子リーグで宇野弥生が乗り、5日目の前半カードでFを切ったにもかかわらず、同日後半カードの準優で5コースまくり差しを決めてインの田口節子を破ったモーターですね。

最後に展示タイムの傾向を見ておきましょう。展示順位別の3連対率は、
 1番時計 66.7%
 2番時計 60.5%
 3番時計 65.8%
 4番時計 27.5%
 5番時計 32.1%
 6番時計 42.4%

展示1~3番時計が3連対率60%台と優勢で、4番時計以下を大きく引き離しているというデータが出ています。

というわけで今日から最終日までよろしくお願いいたします。(PHOTO・TEXT/森喜春)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません