この特集について
ボートレース特集 > H記者の『穴・獄賎』2日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

H記者の『穴・獄賎』2日目

 6R④太田、10R⑤白井アタマから思いっきりヒモ抜け、指咥えて万太郎配当を眺めていたHです。7月はほぼ毎日小博打して1日たりとも浮き目なし。あまりの流れの悪さに極選をお休みしようと思ったのですが、もうひとつだけさらに痛手を負わせてください。

10R
 ①魚谷智之
★②白井英治Z
◎③篠崎元志
★④池田浩二Z
 ⑤今垣光太郎
 ⑥福島勇樹Z
進入123/456

(※Zは前検ファミリー)

 魚谷にとっては背筋が凍るようなイン戦。F持ちの白井はともかく(←2コースは差し専科)、3~6まで強烈な4連ミサイルが並びました。白井がそそくさと差しハンドルを入れた瞬間、もっとも活きのいいミサイルが全速でぶっ飛んできます。それは誰か。あれこれ考えましたが、いちばん距離が近い篠崎の強まくりに賭けます! 池田や今垣にせっつかれる形での早仕掛けが、まんまとハマる気がするのです。差し粘る白井&マーク差し池田の前検ファミリーコンビへ。もうひとりのファミリー福島は、前半戦の伸び足がまったく気に喰わないので軽視。チルト3度も含め、一応スタ展に注目しますけど。
 さてさて、流れを変えるべくあえてファミリー以外の選手に◎を打ちましたが……これで246ボックスなんかで決まったら、マジで今月は舟券を1枚も買わないことを誓いますっっ!!

3連単★3-24-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント