この特集について
ボートレース特集 > THE ピット――気温上昇中!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THE ピット――気温上昇中!

2011_1004_0658  1R頃、気温計を見ながらメモを取っている田口節子が見かけられたので、その後に気温計を覗いてみると、気温は23度、湿度は63%となっていた。
 その後も気温は上がっていき、昨日よりは10度ほど高くなっていた(昨日の1R時の気温は15度だった)。
 1日で1~2カ月ほど時計を巻き戻したような気候になっているのだから、選手たちは本当に大変だ。

2011_1004_0433  ペラ小屋も屋外ペラ作業場も朝から満員御礼状態だったが、そこで慌てた様子を見せている選手はいないのはやはりさすがだ。どの選手も、淡々とした様子でプロペラを叩いていた。
 屋外作業場では、井口佳典、丸岡正典、森高一真らが固まって作業をしていて、その傍に湯川浩司が腰かけているというお決まりの構図も見られたが、ほとんど誰も口を聞いてはいなかった。
 一緒にいることは多くても、いつも和気あいあいとやっているわけではないのが銀河系軍団だ。
 その後、そこを離れた森高は、木村光宏と並んで歩いていたが、ニコニコしている木村の横で、森高はしかめっ面をしているようにも見えたものだ。その表情を見る限りでいえば、手応えは掴み切れていないのかもしれない。

2011_1004_0732 「ウリ坊~! ペラ、見てくれるか~」
 装着場で作業をしていた瓜生正義に対して、そう声をかけたのは今村豊だ。
「後でいいさけ(後でいいから)」とも今村は言ったが、瓜生は手早く作業をひと段落させると、すぐにペラ小屋にいる今村のもとへと駆けつけた。その5分ほど後にもう一度ペラ小屋を見てみると、作業をしている今村の横にはまだ瓜生がいた。そんなところにも、この最強の男の人柄がにじみ出ている。
 その後のことだが、装着場で藤丸光一がモーターを外そうとしていると、遠くから瓜生が走って駆けつけて手伝っているところも見かけられた。その前後に瓜生はもちろん、自分の作業を再開していた。
 藤丸を手伝ったときには、傍にいた篠崎元志も合流。笑顔を見せ合い作業をしている様子を見ていれば、福岡支部全体が好調であるのも頷ける。

2011_1004_0387  ペラ小屋だけでなく、整備室でモーターを割っていた選手も複数見られた。
 1R前でいえば、平石和男、川﨑智幸、赤岩善生がそう。
 さらにいちばん奥のほうでは今垣光太郎も作業していて、その後には整備室からモーター本体を運び出していたので、比較的大がかりな作業をしていたのかもしれない。
 それぞれの選手の表情からは手応えまでは掴めなかったが、整備後の赤岩がモーター装着を井口に手伝ってもらっていたときには自然な笑みを見せていた。

2011_1004_0738  表情でいえば、個人的には非常に好印象だったのが石野貴之だ。
 何かの作業をしていたわけではなく、ピット内を歩いているところを何度か見かけただけだが、これまでには見た覚えがないほど、気合いが入った顔をしていたのだ。
 それでいて、張りつめた感じもなかったので、F2持ちでも好ファイトを期待できる気がする。

2011_1004_0531  1R前、厳しい表情をしているな、という印象を受けたのは平本真之だ。
 ただ、厳しいといっても、落胆のそれではなく、集中している感じだったので、頑張ってほしいと期待されたが……。1Rでは3号艇で5着。レース後には、ヘルメットをしていても、その表情がさらに厳しくなっているのが窺えた。
 それでも、落胆したままでは終わらないのが平本という男だ。2R前、エンジン吊りの前準備で走り回っている姿が見られたので、そのあとを追っていくと、整備室で本体整備を始めていたのだ。
 2Rが終わればまた、エンジン吊りに駆けていくが、その後にはすぐさま整備室に戻って作業を再開していた。
 声をかけるのもためらわれたものだが、目が合ったので「厳しいですか?」と聞いてみると、「厳しいです」ときっぱり!
 平本が中日ファンであるのを知っていたので(筆者自身もほぼ40年来の中日ファンだ)、「中日のように巻き返してください」と言ってみると、「中日は強いです! 名古屋の勢いで頑張ります!」とニッコリ。
 そういう声を聞かせてもらうと、こちらも嬉しくなってくる。
 中日ドラゴンズ……。夏ごろには借金地獄に苦しんでいたが(最大10ゲーム差)、ただいま首位ヤクルトとゲーム差なし、なのである。
(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/内池)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません