この特集について
ボートレース特集 > THEピット――深刻。充実。
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THEピット――深刻。充実。

2011_1223_0645  ここまで深刻な表情の今垣光太郎は、さすがに見たことがない。「平常心」を座右の銘にするということは、実はブリンカーをかけたように視野が狭くなりがちで、眉間にシワが寄ることが多いということ。本人もそれを自覚していて、以前BOATBoyに笑顔の写真を掲載したことに対して、お礼を言われたことがあったほどだ。家族が喜んでいた、と。モーターが噴かないとき、結果がなかなか出ないとき、必死な表情、神妙な表情、沈鬱な表情をたしかに何度も何度も見てきた。
 だが、今日のレース直前の今垣の顔は、それらの比ではなかった。戦う前に、そこまで鬱々とした表情を見せるのは、今垣に限らず、ほとんどありえないことだ。
「エンジンに自信がなかった。決定戦の人と合わせると1艇身はちぎられた」
 会見でそう語っていた今垣は、ただただ不安を抱えてレースに臨んでいたのだ。それでも条件に合わせて考え抜いた懸命の調整を施し、12Rはきっちり逃げ切っているのだが、レース前にはそんな想像を頭に描くことができなかったのだろう。
_u5w8039  レース後も、笑顔は見られていない。枠番抽選ではふたたび1号艇をゲット。他の選手は「おぉ、力強い」などとどよめいていたのに、今垣はまるで表情を変えていなかった。もちろん、状況は相当に厳しい。今日の再現を明日果たしたとしても、優勝戦には届かない可能性も高い。笑えるはずはたしかにないのだが……その表情が一変する事態が起こることを、光ちゃんファンの方は心待ちにしてほしい。もちろんそうなれば、しっかりとここでお伝えしたいと思う。

2011_1223_0179  レース前はいつもどおり穏やか、篠崎元志にペラの相談をされると、丁寧にアドバイスしていた瓜生正義だったが、レース後はさすがに険しい顔つきをしていた。心優しき最強戦士も、勝負師の炎はたぎっている。結果が出なかった一戦の後に、笑っていられるはずがない。
 それも、池田浩二との3番手争いに競り負けての4着という結果だったから、勝負における悔しさと同時に、明らかとなってしまったパワー差への懸念も生まれていただろう。エンジンの調子は、選手の精神状態に直結するもの。穏やかな人格者・瓜生といえども、今日のレース内容では不機嫌になってしまっても仕方ないところだ。
2011_1223_0555  瓜生でもそうした表情になるのだから、不本意な結果に終わってしまっている初出場組が冴えない表情になるのは当然である。もっとも激しい顔つきだったのは重野哲之で、それは怒りの表情にすら思えたものだった。佐々木康幸は、ただただ溜め息。表情には力がなく、インから勝つことのできなかった不甲斐なさをひたすら嘆いているようだった。篠崎元志も、得意のセンター戦をまるで活かせていないのだから、頬を緩める材料が何もないということだろう。端正なマスクがゆがむシーンは見られなかったが、心中は穏やかであろうはずがない。
_u5w6368  峰竜太は、あまりに沈痛な表情であった。6コースから何もできずに6着。条件を思えば、仕方ないと割り切れてもおかしくないような気が外野からはするのだが、峰は優勝戦の1号艇をフイにしてしまったかのようにも見えるくらい、心に傷を負っているようだったのだ。これはちょっと心配である。トライアルはまだ3戦目を残しているのに、そこまで重く受け止めていたら、ポジティブに次の歩を踏み出すのに時間がかかるのではないかと思えるからだ。明日、この敗戦(あるいは勝負駆けの状況となってしまったこと)を引きずっていなければいいのだが。

2011_1223_0206  そうしたなかで、大阪賞金王トリオからは、充実感しか伝わってこなかった。
 11Rで松井繁の差しが決まった瞬間、ピットでは鎌田義が歓声をあげている。さらに、太田が2番手を取り切った場面では、「ワンツー!」と叫んでいた。そうか。大阪のワンツーなのだ。賞金王覇者のワンツーなのだ。そう気づいた瞬間、12Rの田中信一郎もこの流れに乗るのではないかと、なんとなく思った。
 12R、現実となった。勝ったのは今垣だが、田中は2着に入っている。ここでも、鎌田は拍手を送って、仲のいい同地区の先輩の好結果に歓喜している(レース後、鎌田はやはり近畿の先輩である今垣にも「ナイス!」と祝福を送っているのだが、今垣はまるで表情を変えずに「ありがとうございます」と頭を下げただけだった。カマギーのほうが断然、嬉しそうにしていた)。
 実績上位の地元トリオが、新世代に対して貫録を見せつけた、と言うことはもちろんできるだろう。賞金王の厳しさと、その戦い方を圧倒的に誇示した、でもいい。だが、それでもまだ足りないというような気もするのだ。うまい言葉が見つからないが、たしかに2011年を貫いてきた(2010年から引き継がれてもきた)新時代の潮流など、まるでなかったことのようになっている。そんな錯覚をしてしまうほど、今日の松井、太田、田中はたくましかったし、巨大な存在だったのである。
2011_1223_0149   田中は会見で「あと何度賞金王に出られるかわからないし、今回が最後なのかもしれない」という言葉を口にしているが、それはまるで肯定する気にはなれない。「人間ですから、レースにも人生にも満足することはありません」という言葉のほうには迫力と説得力を感じたけれども。
 ごくごく素直に、簡単な言葉で思いを吐露しておけば、この人たち、やっぱりすげえよなあ、である。

 さてさて、最後の枠番抽選。昨日と同様、トップバッターの今垣光太郎が1号艇をいきなり引き当てるというスタートで、その今垣以外は和やかに、笑顔混じりに、運命のガラポンが進んでいった。
_u5w8078 「おぉっ!」と歓声が上がったのは、松井繁が2号艇を引き当てた瞬間で、とかく抽選運の悪さが喧伝されてきた王者に、2日続けて内枠が与えられたことは、大きなトピックのように感じる人も多かったのだろう。しかし、当の松井はそうした声にジョークを返す。
「おぉっ、ちゃうやろ。おぉっ、は1号艇当たったときに出る言葉や(笑)」
 その後の松井は、最後まで会場に残って笑顔とともに全員の抽選を見届けていた。松井自身「おぉっ」というほどではないけれども、連続2号艇にゴキゲンだったのでしょうね。
_u5w8117  で、もう一人の1号艇は、田村隆信。選手班長として立ち会った湯川浩司が、「こいつ、こういうときに1号艇引くで」と予言すると、そのとおりに白玉がポロリ。「ほらっ」と自慢げだった湯川だが、同期に絶好枠が回ったのは別にあなたの手柄ではありません(笑)。
_u5w8133  最後の最後に、6号艇しか残っていない状況でガラポンを回したのは重野哲之だったが、回せど回せど、なかなか玉が出てこない。「6号艇が(僕が入るのを)嫌がってる(笑)」とジョークを口にしていたが、残り物には禍しかない状況ではさすがに口調にも元気はなく……。重野がんばれ!
 抽選が終わり、人の輪がほどけていくと、最前列にしゃがんでいたらしい鎌田義の姿があらわれた。カマギー、特別リングサイドで観戦していたわけですね。カマギー、賞金王決定戦を満喫中の図、でありました(笑)。(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩=峰、抽選会 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません