この特集について
ボートレース特集 > THEピット――若者たちの準優
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THEピット――若者たちの準優

_u5w6753  整備室を覗き込むと奥のほうに深谷知博の姿が見える。彼のボートを確認すると、本体が取り外されており、これはほぼ間違いなく整備中ということだ。もちろん、点検程度なのかもしれない。あの瓜生正義も、どんなに噴いていてもモーターをバラして、点検などをしているものだ。深谷もその類いだという可能性はおおいにある。
 だが、準優1号艇が朝から本体に手をつけるというのは、珍しいことなのだ。準優の朝の本体整備といえば、多くは外枠の選手。機力では勝っている内枠に一矢報いようと、一か八かの整備でパワーアップをはかっているわけだ。だが、1号艇が整備しているのは、あまり記憶にない。エンジンが仕上がっているからこその準優1号艇なのだから、いじる必要がないという場合が多いはずなのだ。果たして、深谷の整備の意味は……。
2012_0127_0905  深谷だけでなく、本体に手をつけている選手は少なくなかった。1R前には後藤翔之と藤田靖弘が整備室の奥にいた。ともにセンター枠で準優に登場する。藤田は早々に切り上げてボートに装着。まさしく点検程度だったのかもしれない。1R終了後にはボートを着水し、試運転に向かっている。準優組では早いほうだ。
2012_0127__0193  後藤も、1R発売中には整備室を出ている。ペラを装着する作業をしているところもそのあとに目撃しているから、これを書いている今はすでに着水しているかもしれない。表情は実に爽やかだ。
2012_0127_0912  里岡右貴は、モーターを本体に装着しないうちに整備に取り掛かったようだ。ボートが裸のままだったのだ。里岡の姿は深谷の手前にあり、整備士さんに見守られながら、モーターと向き合っていた。6号艇の里岡は、まさしく一発勝負の整備ということになるだろう。ようするに、不利枠だろうとなんだろうと、誰もがひとつも諦めることなく、虎視眈々と優出を狙っているのである。
_u5w6489  松尾昂明も本体整備で、こちらは3枠。そして、同じ3枠の西村拓也は、里岡同様にボートが裸のままだった。西村も整備かな、と整備室を見渡したが、姿がない。もっとも、けっこう死角もあるので、見つからないからといって不在だとも限らない。あとでもういちど確認しよう、と整備室を後にしようとしたら、西村は装着場にいたのだった。なかなか整備室に向かう気配もなく、その後もそうした姿は確認できていない。もしかして、単にモーター装着をしていないだけ? だとするなら、この余裕は怖いぞ。かつて岡崎恭裕は、終盤レースに出走の時は4Rくらいまで装着をしないなんてことがザラにあった。そのことを思い出してしまったぞ。

_u5w7193  そのほかの準優組は、ペラ調整、あるいは控室でのんびりと。着水していたのは北山康介で、それでも早い段階でいったん陸に引き揚げている。初の新鋭王座で準優進出、しかしまるでカタくなっている様子は見られなかった。
 といっても、カタくなっているような選手のほうが少なかったりはする。大池佑来や上野真之介らも表情は柔らかいし、前田将太はすっかりリラックスした表情で福岡勢と笑い合っている。永田秀二は二度目の新鋭王座ではあるが、関東勢と談笑している顔つきに緊張はうかがえない。ただ一人、ちょっとカタいかなあと思えたのは前沢丈史で、準優1号艇なのだから、それも当然か。全体的には、それほどピリピリしていない準優の朝ということができるだろう。
_u5w6867  予選1位の茅原悠紀も、リラックスした雰囲気だ。地上波放送のインタビューを受けている姿くらいしか見かけていないが、終了後には周囲に笑顔を振りまいていて、そこに特別な緊張感は見当たらない。まあ、レースが迫ってくれば、茅原だけではなく、誰もが緊張感に包まれることになるだろうが、こうして大一番の朝を爽快に迎えられるというのも、若さの特権である怖いもの知らずということなのかな、とちょっと思ったりした次第である。(PHOTO/中尾茂幸=藤田、後藤、里岡 池上一摩=それ以外 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません