この特集について
ボートレース特集 > ペラ制度が変わります
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

ペラ制度が変わります

S すでにご存じの方も多いとは思いますが、この春、プロペラ制度が変わります。これまでプロペラは選手所有でしたが(持ちペラ制)、新制度ではプロペラはモーターに2枚備え付けられ、選手はそのどちらかを選択してレースすることになります。持ちペラ制以前のオーナーペラ制に近いシステムということになるでしょうか。2枚のペラは、ヤマト製とナカシマ製が1枚ずつで、今後は選手がどちらのペラを使用しているかが発表されます。つまり、この制度はファンに情報がわかりやすく伝わるという利点があるわけです。その他、詳しい内容はBOATBoy3月号、4月号などにも掲載されていますので、そちらをご覧いただければ幸いでございます。

実施は4月27日以降を初日とする競走からで、5月にSG笹川賞を控えている浜名湖では4月12日から先行実施されます。そう、実は今回の総理杯は持ちペラ制での最後のSGなのですね。現行制度でのラストSG、優勝戦までおおいに満喫いたしましょう!


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/54266169
コメント

このルール、没個性化が進みそうですね。
西田選手などイン屋のピット離れに特化したペラや、阿波選手などチルト3度選手のペラは明らかに形は違うんでしょうし、調整するにも今後の使用者のことを考えてやらなきゃいけなくなる。
このルール改正は反対ですね。

投稿者: やす (2012/03/20 14:57:41)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません