この特集について
ボートレース特集 > 若松女子王座 優勝戦私的回顧
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

若松女子王座 優勝戦私的回顧

追い風よ吹いてゆけ

12R優勝戦
①平山智加(香川)  16
②田口節子(岡山)  25
③香川素子(京都)  19
④山川美由紀(香川)09
⑤日高逸子(福岡)  11
⑥池田浩美(静岡)  12

2012_0805_r12_1156
 風が吹いている。前検から7日間、ずっとずっと吹き続けてきたホーム追い風。まくり屋にとって厳しい“逆風”が、今日も吹いている。
 だが、山川にとって悪い状況ばかりではなかった。選手を混乱させる強風、突風は、5R前後がピークだった。宇野弥生や細川裕子がスタート勘を逸して、フライングに散った。あの魔の時間帯に比べたら、12Rの風や水面は天国と言ってもいい。

2012_0805_r12_1165
 待機行動も、山川にとっての“追い風”だった。日高が攻めるだけ攻めて、すっと枠なりの5コースを選択。本気で奪いに行くというよりは、「少しでも内を深くさせて、4カドの山川に仕事をさせやすくする」という意図が見て取れた。もちろん、そうすれば自分もマーク差しで突き抜ける可能性が増すから。横一線で何もできない展開に甘んじるより、「山川がまくるか、自分がまくり差すか」のスリットになった方が、何倍も勝つ確率は高まる。

2012_0805_r12_1189 123/456。内3艇に、スタート展示ほどの助走距離はない。日高の陽動作戦が見事に的中した。12秒針が回る。美味しい4カドになった山川が、元気いっぱいに走っている。スリットのはるか手前で、スタンドから「ウオオォォォッ」という地鳴りのような声が挙がった。ほとんどの観衆は、1マークで起こるべきことを、ほぼ正確に予測したのだ。
 スタート。山川とカド受け香川との差は半艇身ほどだが、それは定点観測の“錯覚”に過ぎない。あっという間に、山川は香川を飛び越えていた。さらに、2コースで凹んだ現役女王の田口も叩く。「田口さんの3連覇は、私が阻止します」の宣言は、ここで実現された。残る砦は、同郷の後輩・平山。迷わず叩いた。生粋の肉食系まくり屋に、まくり差しの選択など1ミリもなかった。

2012_0805_r12_1204「風が吹いてましたね」
 優勝インタビューで山川は笑った。NHKの五輪テーマソングを意識していたかどうか、“風”を楽しそうに使い分けた。思えば、準優の1号艇で負けたことも、彼女にとっては間違いなく追い風だったわけだ。こうして圧勝したのだから。
 女子王座V3おめでとう、美由紀姐さん! ちょっと年季が入ってるけど、今節のテーマ「真夏の夜のシンデレラ」は、やっぱり独身の美女じゃないと、ねっ!(photos/シギー中尾、text/H)

2012_0805_r12_1286


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません