この特集について
ボートレース特集 > 若松・女子王座TOPICS 2日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

若松・女子王座TOPICS 2日目

今日のイン成績
②①③②①①②⑥①④②①
1着率42% 2連率75% 3連率83%

今日のコース別勝数
①5勝②1勝③4勝④1勝⑤0勝⑥1勝

 特殊水面だったのに、穏やかな結果。それが率直な感想だが、とにもかくにも今日は3人の女傑を讃えるべきだろう。

2012_0801_0276 台風オバサン、失礼、ミス・タイフーンが大暴れだ。台風の接近で、昨日よりはるかに追い風が強い若松水面。1R3コースの鵜飼菜穂子はそんな悪環境もものかわ、コンマ12のトップSで一気にまくりきった。もちろん、節イチ級の出足・行き足があればこその芸当で、本人も「エンジンさまさま、ありがとーー15号機ィィィ♪」とはしゃいでいたが、漲る自信も凄い。
「私はあの伊勢湾台風の真っ只中に、お母さんのお腹から出てきたんです。台風、どんと来い」
 レース後の力強いコメント通り、6Rのイン戦も讃岐のプリンセス・平山智加の猛追を振り切り、真っ先にゴールを通過した。昨日はド迫力のジカまくり攻撃で2着、今日は台風を切り裂いてピンピン連勝。1~3号艇ではあったが、攻めに攻めて28ポイントGET、予選3位に立った。鵜飼姐さんの場合、残る外枠でもコースは内寄り。今節のパワーなら、多少深いスロー発進でも十分に勝ち負けできるだろう。
 無敵の3連覇からちょうど20年、52歳にして単独トップとなる女子王座4Vの偉業が見えてきた!

2012_0801_0664 で、52歳の先輩がこんなに頑張ったら、50歳のグレートマザーも黙ってはいられない。8R6号艇の日高逸子は、前付けに動いたものの、誰も入れてくれずに最アウト発進。
 この大荒れ水面の6コースでは、さすがの逸子ママもお手上げか。
 そう思ったのは、私だけではあるまい。ただ荒れているだけでなく、昨日から5、6コースが一度も勝っていない内寄り水面でもあるのだ。だが、日高の攻めはグレートだった。5コース新田芳美のまくりにぴったりと貼り付き、新田が追い風で流れた瞬間にほぼ全速のマーク差しを突き刺した。
 波もうねりも、玄界育ちの私にゃあ関係なし。なめたらいかんぜよ~!!
 玄海育ちかどうかはともかく、そんな啖呵・ドスの利いたまくり差しだったな。やっぱ、荒れ水面を克服するレーサーは、テクやパワーじゃなく度胸なのだ。日高は意外にも?女子王座のタイトルはまだふたつだけ。50歳にして、トップタイの3Vをもぎ取るか!?

2012_0801_0759 そしてもうひとり、名人世代には届かないものの、45歳の熟女レーサーも怒涛の連勝をやってのけた。私が節イチに推す山川美由紀。4Rでは3コースからその凄まじいパワーをフル回転させて3コース差し圧勝。さらに12Rも、1号艇という絶好の勝機を逃すはずもなく、インから堂々と逃げきった。バックでは一瞬、差した池田浩美に捕まったかに見えるのだが、直線後半の伸びで軽々と突き放す。その迫力は、他の追随を許さない。昨日のドリーム2着10点にさらに20点を加えて、節間勝率10・00。文句なしのシリーズリーダーになった。ちなみに、山川も女王歴は2回。今節のパワーとリズムなら、トップタイとなる3度目の就任式が見られそうだ。

2012_0801_0474


 うーーん、こうして改めて今日1日を振り返ると、この元クイーン3人(通算7V)だけで5勝の固め撃ちだったのだな。さらに2Vの寺田千恵、1Vの岩崎芳美、2連覇かつ現役クイーンの田口節子……歴代クイーンが8勝も挙げていたのである。そうそう、勝ちきれなかったけど、9RのF2持ち横西奏恵のコンマ13ほぼ全速スタートも、内3艇を置き去りにするド迫力スリットだった。
 水面が悪化すればするほど、修羅場の経験とメンタルの強さがモノを言う。
 真に強い女たちの底力を、我々は目の当たりにしたのだ。

独断のパワー診断

 今日は成績を記すだけで、イコール自慢話ってことでいいっすか??

SSクラス(節イチ候補)
★★★山川美由紀…①①

2012_0801_0559Sクラス(抜群候補)
★★平山智加…②
★★鵜飼菜穂子…①①

Aクラス(上位候補)
★角ひとみ…③
★中谷朋子…④
★廣中智紗衣…②
★三浦永理…②⑥
★田口節子…④①

 辛口の寸評だけを挙げるなら、中谷朋子と廣中智紗衣はちと苦しい気配。代わって目に付いたのは、西村歩のターン足。あのサイドの掛かりは、どこかで穴を開けるはず!(photos/シギー中尾、text/H)

2012_0801_0512


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません