この特集について
ボートレース特集 > 若松・女子王座TOPICS 3日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

若松・女子王座TOPICS 3日目

今日のイン成績
①③④②⑥①②①①②①③
1着率42% 2連率75% 3連率83%(←昨日とまったく同じっ!!!)

今日のコース別勝数
①5勝②2勝③2勝④2勝⑤1勝⑥0勝

妄想ドキュメント『仁義なき??シンデレラ抗争』

その一、4000番台の逆襲

2012_0802_0159 相変わらず、強い追い風が吹き荒れる若松水面。昨日は名人世代の鵜飼菜穂子、日高逸子ら往年の女王たちが、経験の浅い若手レーサーを圧倒した。今節のテーマでもある『シンデレラ』には縁遠い2日目だったな。
 が、やっと荒れ水面にも慣れてきたのか、今日は4000番台の若きシンデレラ候補たちが奮闘した。まず1Rで4190長嶋万記が豪快に逃げきると、続く2Rは4286平田さやかが元女王(以下Qマーク)の海野ゆかりをズバッと差しきった。

2012_0802_0773さらに3Rでも、3コースの4117廣中智紗衣が鮮やかなまくり差し一撃。やまと卒業の4546浜田亜理沙を引き連れて、偉大なるオバサンレーサーに反旗を翻してみせた。
 え、万記ちゃんも智紗衣ちゃんもママさんレーサーなんだから、シンデレラにはなれない? 細かい話は抜きっ!!

2012_0802_0640 で、4Rの勝者はQ横西奏恵、5RもQ西村めぐみと元女王軍団が巻き返しに出たが、6Rの正統派シンデレラ候補(笑)やまと卒業4464山下友貴が、Q新田芳美の追撃を退けてイン逃げ快勝。選手たちにそんな実感はないのだろうが、私からすればQ様VS若手4000番台が必死に世代闘争を繰り広げているように見えたものだ。

その二、悲願の水神祭

2012_0802_0739 妄想の抗争は、後半戦も続く。7RはQ山川美由紀の一撃差し圧勝。8Rは角ひとみが逃げてQ日高逸子が追走、磐石のベテランワンツー態勢を築いた。が、そこに大差の3番手から4501樋口由加里がぐんぐん追い上げ、ついにふたりの間に割って入った。大本命の1-2を買っていたファンは、さぞや驚き、号泣したことだろう。

2012_0802_0880 圧巻は10Rの4482守屋美穂だ。過去に3連続Vを成し遂げたQQQ鵜飼の前付けを入れての3コース発進。ほぼ同体のスリットから、高速モンキーで鵜飼オバサマの頭を叩き、そのまま追い風を切り裂いて豪快にまくりきってしまった。2着は4304藤崎小百合で3着には4464友貴。やまと軍団がQQQ鵜飼とQQ寺田千恵を蹴散らした、これぞシンデレラというべきレースではあったな。ミポリン、水神祭おめでとう!! 勝利者インタビューで目を潤ませ、声を何度も詰まらせた初々しい姿、私は一生忘れないぞ!!(←買っていた舟券は守屋-鵜飼><)

その三、女王のプライド

2012_0802_0210
 やまとのシンデレラの進撃は続く。11Rはやまとの代表格4387平山智加が圧勝。現役最強と詠われるQQQ横西奏恵に、影すら踏ませぬ快心のイン逃げだった。(同郷のQQ山川先輩に次ぐ予選2位)
 ベテランQ様軍団3勝に対し、4000番台シンデレラ軍団が6勝とWスコアで迎えた最終12R、この勢いで5号艇の4183宇野弥生がアウトから一気に……ではなかった。まくり決着ではあったが、インQQ日高を引き波にはめたのは、4カドのQ海野だった。足はワースト級だと思うのだが、これぞ女王の意地、スロー勢をブッチぎるコンマ09全速で突き抜けた。それにしても、先頭・海野~2番手・弥生~3番手・日高の差が、周回ごとに狭まっていく様は、実に見応えがあった。
 そんなこんながあって、今日一日でQ様でも4000番台でもないレーサーがワンツーだったのは、9Rの武藤綾子だけ。ごく普通にありそうなケースが超レアになるほど、今日の6勝VS4勝の世代闘争は凄まじかったということか。ま、そんなこと思ってたのは、私だけか。(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント

ごぶさたしています。
我らが弥生さんが奮闘中なのに、内池先生はいらっしゃらないのでしょうか。それだけを楽しみにしているのに……。
今回に限っては、H記者やK記者はどうでもいいのです。
内池先生の降臨を期待しています。
アンタ、ここで書かなきゃいつ書くんだよ!!!

投稿者: ヤヨラー (2012/08/03 6:45:27)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません