この特集について
ボートレース特集 > 本日の水神祭!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

本日の水神祭!

2012_0927__1109 本日の水神祭は3本! まずは3Rで逃げ切ってGⅠ初1着の高野哲史だ。たかの、ではなく、こうの、ですよ。個人的には、原田幸哉に雰囲気が似てると思っております。
2012_0927__1126 それはさておき、高野の水神祭は4R発売中。兵庫勢を中心にした水神祭で、ワッショイスタイルで担ぎ上げられた高野はぽーんと高く放り投げられ、悲鳴とともに水面へとしずんでいきました。簡単にワッショイスタイルとか書いてるけど、後ろが見えないのって、怖いよなあ……。

2012_0927__1025 つづいては5Rを逃げ切った川下晃司。水神祭に呼ばれた船岡洋一郎が「えっ、まだだったの?」と目を丸くしていたが、たしかにGⅠ初1着なんていう言葉が似合わない風格。前回の芦屋は不本意な成績に終わっており、最後の新鋭王座でついに念願がかなった。
2012_0927__1037 上半身裸になっての水神祭は、もちろん広島支部を中心とした面々によって執り行なわれている。激しく水面に叩きつけられて、トレードマークのヒゲがきらりと光っておりましたぞ。

2012_0927__1178 7Rでは金子賢志が逃げ切って初1着。関東勢がずらり揃っての水神祭は、西高東低をいつか覆さんという希望に満ち溢れたものでした。
2012_0927__1128 水位がかなり下がっていたため、リフトをけっこう下げて行なわれるはずだったのだが、黒井達矢が「もっと上げてくださーい」とリクエストし、揚降機係の方がそれに応えたため、金子は「こえーっ」と悲鳴を上げることになったのでありました。
 それでも投げ落とされた金子はもちろん笑顔。群馬支部の大先輩、青山登さんも嬉しそうでしたぞ。

 本日はおめでとうございます。明日からも激走して、さらに我々を沸かせてください!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません