この特集について
ボートレース特集 > THEピット――走れ若武者たち!
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

THEピット――走れ若武者たち!

2012_0924_0538 走る走る、川下晃司!
 ということで、多忙なのである、選手班長は。今節は、残念なことに地元・山口からは参戦ゼロ。そこで選手班長は、お隣・広島の最年長に託されることとなった。どの節でも、班長がさまざまな場面に登場し、忙しそうに動いている姿を見かけるものだが、初日はただでさえ自身の調整にも追われるわけで、まして前半5Rに出走するのだから、歩いて移動してなんかいられない。控室から整備室へもダッシュ。整備室から控室へもダッシュ。カポックを手に自艇のもとへとダッシュ! 1秒でも無駄にはできないのだ。その甲斐があったのかどうか、5Rは3着。まずまずの発進だろう。予選街道も突っ走れ!
 まあ、川下に限らず、初日はみながみな、忙しそうにしているものである。整備室にもペラ調整所にも選手の姿があふれているし、係留所だって満艇御礼。レースの合間にはブインブインと多くの選手が水面を駆けている。
2012_0924_1279 比較的時間に余裕があるのは、12R1回乗りとなるドリーム組で、本体を割っているのは今節に限らず、SGなどでも彼らであることが多い。今日は深谷知博と前田将太が本体組で、じっくりと調整を施していた。深谷はその後、ギアケース調整も始めており、モーターを隅から隅までチェックしていたということになる。
2012_0924_1298 ドリーム組では、山田康二が早々と着水。試運転を始めている。ドリーム会見では手応えの良さを口にしていて、まずは今朝の気配を確かめようということか。西村拓也は朝から本体に手をつけたようで、2R前にはすでに装着をして、丁寧に微細な部分のチェックをしていた。水摩敦はギアケース調整。茅原悠紀はペラ調整に専念しており、4R後には次の動きに移ろうというのか、ペラ調整所を後にしている
2012_0924_0692 そうした慌ただしい空気のなか、余裕に見えたのは篠崎仁志だ。1月の芦屋では、初日から最終日まで、とことん整備と試運転を続け、噴いてくれないモーターと奮闘していた篠崎。フライングを切ったあとだというのに決して勝負を投げようとしない姿勢には、感動すら覚えたものだった。その篠崎が、なんか手持無沙汰っぽいのだ。ピットをゆったりした足取りで歩いていて、挨拶を交わすと、最高の笑顔。で、その10分後くらいにも、特に何をするわけでもない様子でピットにいた篠崎と目が合って、またまた篠崎は笑顔でペコリ。芦屋とは雰囲気がまるで違うのである。ということは、モーターも……? ちょうどこれを書いているのは7Rの展示が終わった頃だが(遅くなってすみません!)、いったん手を止めて窓口に走ろうと思っている。
2012_0924_0645 ……というわけで、④アタマを買ったところで最後のシメを。前半ピットで印象に残ったのは、渋谷明憲のモニターを見つめる表情。これがまたなんとも鋭い視線だったのだ。レースが終わると、出走表に目を落として、やはり鋭い表情で思索にふけり、モニターがリプレイを映し出すと、またもや強い視線を送る。渋谷自身は11R1回乗り。それでも早くから調整に動いていたわけだが、レース観戦もまた真剣勝負という感じか。王座デビュー戦が楽しみだぞ。2012_0924_0808
、なぜか正座してレースを見ていた佐藤翼も印象的ではありました。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません