この特集について
ボートレース特集 > 徳山・新鋭王座TOPICS 4日目
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

徳山・新鋭王座TOPICS 4日目

DR戦士、散る。

2012_0928_0166  上下の実力差が激しい新鋭王座決定戦。それだけに、ドリーム戦士の強さが際立つシリーズになるはずだったのだが……2人のドリーム参戦レーサーが消えた。
 まず、2Rの山田康二は1着でも5・83という絶体絶命の勝負駆け。山田は4カドから攻めた。1マーク、混戦を縫うような難度の高い割り差しで2、3番手をキープ。さらに1周2マークは、「これぞSG級」と唸らせる超高速モンキー差しで、先頭・高山の懐に舳先をぶっ刺した。ホーム併走、内には山田。こうなれば、誰であっても負けるレーサーではない。はずなのだが……今節の山田は、こんな競り合いのときに、なぜかテンパッてしまうのだ。2周バックで高山に追い付かれ、2マークでは再び超高速モンキー差しを決めようとして……おもむろに振り込み、後続艇に接触して万事休した。1着勝負駆け成功どころか、妨害失格で賞典除外に。今節の山田は、とにかくリズムが悪かった。それが足のせいなのか、メンタルのせいなのか、私にはわからない。
2012_0928_0698  9Rでは、深谷知博が同じく1着勝負駆け。昨日のイン戦は高山の前付けで苦戦を強いられた深谷。今日はお返しとばかりにピットアウトから動いたが、誰一人としてそれを許さなかった。ならば、と内5艇にプレッシャーをかけるだけかけて、6コースの単騎がましに。アタマ決め撃ちで勝負していた私は、この颯爽たる単騎の姿にそぞろときめいたが……コンマ07の火の玉スタートでも、身動きひとつとれなかった。4カド大池佑来の全速コンマ04の迫力が、深谷のそれを上回った。
 この冬の芦屋・新鋭王座、本人もビックリの待機行動違反で優出を逃してから8カ月。そのリベンジを晴らす前に、V戦線から消えた。無念だろうが、深谷にはあと2回もリベンジのチャンスはある。競輪のフカヤトモヒロに追いつき追い越せ、落ち込んでいるヒマなんかないぞ、深谷知博!!

キラリ~ン西島差し!!

2012_0928_0188  今節の私のイチオシキャラ船岡洋一郎(広島)が、やってくれました!! 今日の『ベスト・オブ・勝負駆け』はこれっきゃないでしょ。転覆減点のビハインド6号艇でメイチ①着勝負だった8R、船岡はピットアウトから迷うことなく内枠を攻め、ガッチリ2コースを奪った。
「お、お前は、西島か??」
2012_0928_0832  さすが広島の“仁義なき競艇”で育った男は違う。怒涛の前付けから、1マークはこれまた決め撃ち全速・西島流の激辛差し。まあ、これは褒めすぎだが、とにかく2コース差しでバック勝負に持ち込んだ。態勢としては3番手。が、最内から伸びて伸びて伸びて、ついに先頭・磯部誠の内に舳先を突っ込んだ。

2012_0928_0465  2マーク、狭く厳しい角度で先マイ。超抜・磯部の差しが迫る。2艇が並びそうになったとき、船岡はグイッとハンドルを内に入れ、磯辺に艇をぶつけて絞りきった。このド迫力絞りもまた、豪腕・西島流。山口剛もよくやるから、広島流か。これでたまらず磯辺(2着条件)が艇を引き、豪快強引痛快な1着勝負駆けを決めてしまった。

2012_0928_0871 節間成績はといえば、31転221。転覆の部分を隠してしまえば、トップ当選もありえる堂々たる予選シリーズだった。船岡クン、今日のキミはいつにも増してピッカピカに輝いていたぞーー!!

W勝負駆け成功

2012_0928_0432  運命の悪戯か、前半成績のあれやこれやが影響して、12Rは予選1位~4位の直接対決となった。直前のランキングは
1位・茅原悠紀 8・00…4号艇
2位・坂元浩仁 8・00…1号艇
3位・松崎祐太郎 7・60…3号艇
4位・佐藤 翼 7・50…5号艇

2012_0928_0218  12Rが終わって、誰が予選トップに立つか……この4者の成績ごとの相関関係は複雑すぎるが、最も重要にして単純明快な決まりごとがひとつだけある。

2012_0928_0918  1着を獲った者が、予選トップ確定。
 なのである。勝っちゃえばいいのである。実にわかりやすく、しかもスリリングな直接対決なのだった。

2012_0928_1068  だがしかし、ボートレースは4艇立てではない。ここにもうひとり、趣の異なる勝負駆け選手がいた。6号艇の川下晃司(広島)。18位ボーダーを突破するには、2着以上が必要だった。ピットアウトから川下が動く。スタ展では激しく抵抗した茅原が、本番ではこの前付けを許容した。暫定トップの茅原には、「2~4位の3人よりも、とにかく先着さえすればいい」とオプションがある。もっとも厄介な同期(1号艇の坂元)を深インにすることは、かなり有効なトップ戦略のひとつといえるだろう。

2012_0928_0053  坂元の起こしは、100mをわずかに切ったあたりだった。茅原が進入を緩めたことで、坂元もスタ展より助走距離を稼ぐことができたのだ。そして、コンマ13。絶妙のスタートから、センター勢に覗かれても慌てず騒がず、しっかりと逃げきった。つまり、1マークの出口で、明日の12Rの1号艇が事実上決まったのだった。
 2着には伏兵の川下。8Rの船岡洋一郎に続いて、6号艇からの前付けをまんまと成功させてしまった。広島勢恐るべし。伝家の宝刀のようにキラリ輝く西島のあれやこれやを、船岡&川下はこれからもガッチリ引き継いでほしいぞ。(photos/シギー中尾、text/H)

2012_0928_0852


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません