この特集について
ボートレース特集 > 今後につきまして
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

今後につきまして

 取材班、昨日の山崎智也激勝の余韻を引きずりつつ、帰郷いたしました。
 まずは、たくさんのコメント、ありがとうございます。取材班一同、温かいお言葉の数々に感激いたしました。そしてまた、違ったかたちで同様のレポートをお伝えする機会を得られるよう、意を強くした次第です。

 当サイトのスタートは2005年5月。植木通彦が10度目のSG制覇を果たした笹川賞(常滑)で出発いたしました。当初はSG節間における一日のアクセス数が2000~3000くらいだったのですが、皆様のおかげで昨日は約60000というアクセスをいただくまでに成長させていただきました。スタート時からの総アクセス数は約980万にも及び、改めて感謝申し上げます。
 1000万アクセスを目前にして終了してしまうのは、我々としてもやはり残念ではありますが、これも致し方ないこと。7年半にわたって場を提供していただいた@Niftyさんにも感謝しております。
 ご覧いただいてきた方も含め、関わっていただいた皆様、どうもありがとうございました。

 さて、今後についてですが、正式なことはまだ決定していないというのが現状です。今のところ、ある方面と調整、検討中であり、これがまとまるのは年を越すであろうという見通しです。決定いたしましたら、来年3月のSG総理大臣杯には、新しいかたちでお目にかかれるのでは、と取材班も楽しみにしております。
 また、恒例の「浜名湖GⅠ」ですが、年明けすぐ、1月12日~17日(11日前検)にGⅠ浜名湖賞が開催されます。こちらも実は参戦予定でありましたが、当サイト閉鎖に伴い、現在浜名湖さんとご相談させていただいているところ。もし参戦となれば、“お引越し”とはまったく別のかたちでの「緊急媒体」としてのレポートとなることが濃厚かと思います。
 いずれにしても、年内でこのサイトがクローズしてしまうため、ここで告知できるかどうかはなんとも微妙なところです。告知については、年をまたいでしまった場合には取材班K記者こと黒須田守のfacebook、mixiなどでご案内してまいりますので、どちらかをご利用の方は覗いてみていただければと存じます。また、「BOATBoy」で告知の機会もあるかもしれません。その他、できうる限りの方法で告知はしてまいりますので、もうしばしお待ちいただきつつ、ボートレース関連サイトなどをご注目いただければと存じます。
 ともあれ、浜名湖賞開幕はもう目の前。仮に取材班参戦とならずとも、賞金王・山崎智也をはじめとする豪華メンバーによる「2013年ファーストGⅠ」となりますので、ご注目ください! 参戦した場合には、そちらのほうもぜひご覧ください。気合入れてレポートしますので。

 年内クローズということは、逆に言えば、年内いっぱいは閲覧可能なわけですから、年内に動きがあった場合には、更新する予定です。
 もしそうでなければ、これが最後の更新となるでしょう。
 改めて、もういちど。
 7年7カ月にわたり、たくさんのご愛読、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。そして、今後もずーっと、ともにボートレースで盛り上がってまいりましょう! ありがとうございました!

Niftyボートレース特集取材班


| 固定リンク | コメント (12) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/56391977
コメント

こちらこそ、楽しくて興奮する記事の数々ありがとうござきました。
おかげさまで、勝手に興奮しながら競艇を二倍楽しめました!
ちなみに「運」「ツキ」「実力」
昨日の山崎智也にはそれがありましたね(^^)

みなさん頑張ってください!
次の記事楽しみにしてます!

投稿者: でびるまん (2012/12/25 16:03:46)

突然の終了に、ただただ驚いています。
黒須田さんを始め、スタッフの方々の“競艇愛”にいつも励まされ、今まで競艇を好きでいることができました。
私自身、今までのようには競艇に係われない生活環境になっていきますが、しがないおばさんに多くのドキドキする時間を与えてくれたスタッフの方々のおかげで競艇への気持ちはなくなることはないと思います。
これからもみなさまの記事を読めるようチェックを心がけながら、過ごしていきたいと思います。
黒須田大明神様、本当にありがとうございました。まだまだ、いっぱいドキドキさせて下さい。

投稿者: 1マークのおばさん (2012/12/25 17:13:00)

今回で終了なんて とても残念です
このサイトを発見?してから 競艇をただのギャンブルの
対象から違う形で観るようになりました
それは ボートレースに打ち込む選手の気持ちが
細かくレポートされて 読んでいて心を打たれました
また機会があれば、違う形でのレポート期待してます
本当にご苦労様でした
そして、ありがとうございました。

投稿者: ゆりぽん (2012/12/25 17:28:42)

 競艇初心者の私でもわかりやすく、とっつきやすい内容で毎回楽しみにしてましたが…残念です。

 新ステージはK記者のfacebookでチェックします…年末年始等慌ただしいでしょうが、ご無理のない程度に頑張って下さい。

投稿者: ほいミン (2012/12/25 20:04:13)

ずっと携帯でサイトを見て参考にしてました。

ホントにホントお疲れ様でした、ホントに毎回楽しみで楽しみで
いつも面白かったです
o(^-^)o

こんなに競艇(今はBOAT RACEか…)にどっぷり、はまったのはこの取材班の方々のおかげです。

いつも現場で舟券を悩んで困った時に
ニフティさんの取材を元に舟券購入の参考材料にさせてもらってました

ホントにありがとうです。
当たらないことが多かったけど(^w^)

mixiやfacebookをやってない、競艇場の現場でモバイルサイトやスマホだけ見てる人も大多数います、このままモバイルやスマホを閉じることなく続いて下さい。

現場で見れないサイトはつまらないです、これからもナマの感じたままの情報を現場に送って下さい。

ニフティでの取材班は終わりかも知れませんが、サイトは変わっても取材班自体は変わらずにどうか続けてワクワクドキドキする情報を送り届けて下さい。

ホントにホントにありがとうございました。

ホントに面白かったです。

投稿者: 岸利 (2012/12/25 22:33:52)

いつも楽しく拝見させておりました。
新しい形でまた出会えることを楽しみにしております。

投稿者: まなめ (2012/12/25 22:45:17)

ボートレース歴ちょうど1年の若輩者です。総理杯から見させていただいてました。突然の閉鎖、非常に残念な思いです。
舟券予想もさることながら、選手のリアルな表情を見れるのはここだけだったと思います。
過去の記事を読み返しても面白いですし、いろいろな歴史を見せてもらいました。
是非引っ越し先にも、過去の記事ごとのお引っ越しをよろしくお願いします。
まだまだ来年も楽しみにしています!

投稿者: glanzav711 (2012/12/25 23:11:29)

結構前から見てましたよ~私自身全く当たりませんでしたが…SG→このサイトを必ず見てました!
次の引越先が有料でも見ますよ~

お疲れ様でした。

投稿者: ライパチ (2012/12/26 0:05:03)

SGの楽しみの一つがなくなってしまうのは残念です。
でも別のどこかで再開していただけるのなら有料でも(正直無料がいいけど笑)構いません。その時は喜んで加入します!

ところでここの記事を残すことはできないのでしょうか?
ほんとに消えちゃうんですか?だとしたらさみしいなあ・・・
なんとか残せませんかねえ。
もし難しいなら残り数日ですべて読み切るまでです!

投稿者: ryu (2012/12/26 1:07:22)

私が競艇に嵌まりはじめたのは、辻栄蔵が圧倒的な強さで黄金のヘルメットを手にした頃です。今思えば、それが2005年なんですね。私にとっては新鋭王座・女子王座・名人戦、そしてSGにはこの特集があって当たり前のものでした。競艇の知識をここで覚えたり、好きな吉川元浩選手の情報が極端に少ないぞコノヤロー!などと思ったり(笑)
本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
P.S このサイトが見られなくなるのは、悲しいので、思いきって本にしてしまいませんか?BoatBoy別冊みたいな形での発売なんか期待しちゃいます。

投稿者: ジロー (2012/12/26 8:53:03)

次の移転先が早く決まるのを待ってます!
そこでも中継だけでは知り得ない「ドラマ」を伝えていただけると嬉しいです♪
とりあえずは……お疲れ様でした。
ありがとうございました。

投稿者: さくらさく (2012/12/28 15:00:57)

たくさんの耳寄り情報^^ありがとうございました。
楽しかったです♪

投稿者: hiyo (2012/12/29 16:53:29)
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません