この特集について
ボートレース特集 > 枠番抽選ドキュメント・第2戦
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

枠番抽選ドキュメント・第2戦

“賞金王”といえば、トライアル2戦3戦の枠番抽選! というわけで、12R終了後、全員が初体験となる枠番抽選が、特設会場で行なわれた。
 まずはA組から。11R1着の日高逸子から、12R2着・中谷朋子、11R3着・横西奏恵、12R4着・宇野弥生、11R5着・寺田千恵、12R妨害失格・平山智加という順番でガラポン。B組も12R1着・田口節子→…………と同じ流れだ。なお、永井聖美はB組の6号艇固定。3戦も同様となる。
Uu5w9222  で、A組一番手の日高がいきなり白い球を出した! 2戦連続1号艇! ということで、会場はざわざわざわ。続く中谷が黒い球を出して、内枠はさっさと奪われてしまったのだった。ならば3号艇が欲しい横西奏恵は、あぁ、黄色……。次にガラポンする宇野弥生に「4引いて!」と懇願していた。それだったら美味しい5号艇ですからね。残念ながら宇野は3号艇。
 ここで全員の脳裏をよぎったのは、公開モーター抽選で2分の1の確率で16号機を外した寺田千恵のこと。そう、次の寺田に残されている枠番は4と6。今度は2分の1の確率で2走連続6号艇の可能性が出てきたのだ。祈りながらガラポン回すと、出たのは……青! 寺田は少女のようにきゃっきゃとはしゃいでいたのだった。
Uu5w9296  ラストは当然、6号艇。平山はなんだか意気上がらない抽選をしなければならなくなった。しかも、ガラポンから緑の球が出てこない! 何度回しても外に転がり落ちてくれず、選手代表の鵜飼菜穂子は「もう出さなくてもいいんじゃない?」と平山を気遣ってもいた。20回くらい回して、ようやく転がり落ちた瞬間、全員が「出たーっ!」と叫んだのでありました。緑ですけどね……。
Uu5w9309  つづいてB組。騒いでいたのはなぜかテラッチで、「角さんに1を残してください、皆さん!」と祈りながら笑いをとっていた。そんななか、後輩の田口節子が真っ先に引いて2号艇。少しだけ顔がゆるむ。
Uu5w9376  沸いたのは、3番目に引いた三浦永理。白い球が出た瞬間、笑顔! そして、後ろのほうから「おぉぉぉぉっ!」と歓声が沸いた。振り向くと、遠目に抽選の様子を眺めていた静岡勢が、仲間の1号艇ゲットを大喜びしていた。
Uu5w9365  で、がっかりしたのはテラッチ&ひとみん。5着の角は、もちろん5番目の抽選で、しかも永井の6号艇が決まっているから、実質ラストガラポン。山川美由紀が赤、香川素子が黄を出していたので、残る色はもうわかっているのに、ガラポン回して青が出るとガッツポーズ! だはは、ナイスパフォーマンス! 主役はテラッチ&ひとみんでしたかな、今日の抽選は。(PHOTO/池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106923/56312527
コメント
コメントを書く




※メールアドレスは外部には公開されません