この特集
ボートレース特集 > 2012全日本選手権
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

福岡ダービー優勝戦 私的回顧

『ミスター・ダービー』降誕!!

12R優勝戦
①川北浩貴(京都) 12
②丸岡正典(奈良)  14
③山田哲也(千葉)  16
④山口 剛(広島)  26
⑤鎌田 義(兵庫)  18
⑥濱野谷憲吾(東京)18

2012_1028_r12_1508  エグい差しだった。1マーク直前、2コース丸岡正典の態勢はさほど楽なものではなかった。右隣の山田哲也が、早めに仕掛けてきたのだ。ボートの側面を擦り付けるようなツケマイ。当然、その引き波は丸岡の船底を直撃する。今節、この「3コースツケマイ引き波」を喰らって、何度2コースが大敗を喫したことか。

2012_1028_r12_1513  だが、丸岡の42号機はその引き波をむしろ踏み台にするかのように、力強く突き進んだ。2連率23%。「ワースト機、引いちゃいました~」と開会式で涙した?低調機だったが、その哀しい面影はどこにもない。一気に後続を、3艇身千切り捨てた。
 もちろん、川北浩貴のインモンキーが流れたことも、丸岡圧勝の一因ではある。が、単なるプレッシャーによるターンミスとは思えない。川北は山田のツケマイが目に入り、その面倒を見ると決めて握ったのだと思う。

2012_1028_r12_1534 「たとえ差されても、まくられないターン」を選んだ。これで丸岡がもう少し引き波で苦しめば……やはり、丸岡の差しがパワーもテクニックもエグすぎたのだ。もちろん、SGをすでに獲っている余裕と、2号艇の気楽さも、その背中を後押ししたことだろう。
「たとえ差されてもターン」で差されたイン選手には、もう1回だけチャンスが与えられる。今度は、外から攻められる2マークだ。

2012_1028_r12_1539 丸岡の先マイ。川北は艇を開き、全速でブイ際に艇を突っ込んだ。相手が少しでも緩めたら、容赦のないダンプになりそうなターンだ。が、その渾身のラストチャンスは、わずかに丸岡の艇尾をかすめて、虚しく流れた。この瞬間、丸岡の4年ぶりのダービー制覇が揺るぎのないものとなった。
 2度目のSG優出にして、2V。どちらも、“SGの華”ダービー。これをもって『ミスターダービー丸岡正典』と称するのは、4年間で3Vもいわした今村豊に叱られそうだが、今村は『ミスター競艇』だからして許していただきたい。なんたって、ダービーだけ2優出して2Vなのである。で、本人もそれを自覚してるとみた。

「次の目標は……4年後のダービーですね」2012_1028_r12_1590
 レース後の記者会見、丸岡はこう言って記者たちを爆笑させた。
「オリンピックかいっ!」
「いやいや、その前にィ~~!!」
 心の中ではなく、記者たちが口々に勝手なツッコミを入れる。丸岡のほんわか柔和な性格が、会見場をふわふわと満たしていた。
 そう、その前に!! この優勝で、一気に賞金ランク4位まで浮上したのだ。師匠の太田和美の背中を追うように、2コース激差しで地元の賞金王へ。わずか2カ月後に、せっかく私が授けた『ミスターダービー』を返上し、別の称号で呼ばれることになるかも??
 とにかく、おめでとう丸ちゃん。ほんわかふわふわの天然系の性格だからこそ、どのコースからでも天真爛漫に攻めるそのレース姿、私は大好きです!

2012_1028_r12_1437  そして、丸岡とともにW◎に推した山口剛は……最後の最後でスタートで後手を踏み、6着に敗れ去った。賞金王ボーダー付近でもなく、優勝にしか意味づけがなかったであろう山口にとって、さぞや悔しい惨敗だったろう。だから、「よく頑張ったね」とか、「この悔しさを糧に」とか、そんな上っ面の言葉は書かない。その代わりに、私は今節の山口剛という男の航跡を、いつまでもしっかり記憶し、ボートファンに伝えていく。事故パンの身で、その最後の期末査定のシリーズで、攻めに攻め抜き、トップSを連発し、コンマ01まで踏み込み、優勝戦のゴールまで戦い続けた図太い航跡を。やたらと記憶力の悪い私だが、コレは忘れない自信がある。今節から、私はツヨポンを“我が息子”にすると心に決めたのだから。勝っても負けても調子が良くても悪くても、一生連れ添っていくぞ(もちろん勝手に、ね)。覚悟しなさい、ワシのツヨポンッ!!!!(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

THEピット――同期の絆。そして幸せな優勝。

2012_1028_0735  川北浩貴がスタートを決めた瞬間、出走待機室のモニターで観戦していた深川真二と山崎智也がガッツポーズした。
 逃げた!
 たしかにスリット隊形は川北の逃げ切りを予感させるもの。深川と山崎は同期の快挙を確信したのだ。しかし……。
 1マークで川北はずるりと流れてしまう。その瞬間、深川は椅子から滑り落ちそうになった。天を仰ぎ、信じられないという表情で無念をあらわす。智也はがっくりとうなだれ、顔をゆがめてモニターに目を戻す。何度見ても、川北は先頭にはいない。それからの2周半ほどは深川と智也はただただ苦しそうな顔でレースを見つめるのみで、二人とも現実を信じたくないといった雰囲気だった。
 ピットに戻ってきた川北に駆け寄ったのは、まず深川である。智也は同じ関東地区の濱野谷憲吾と山田哲也がいるので、そちらのエンジン吊りに参加しなければならない。深川はその後も川北に寄り添い続け、モーターの返納作業をもヘルプしている。「ありがとう」。川北は深川に礼を述べる。それは、返納を手伝ってくれてありがとう、でもあっただろうが、もっとたくさんのありがとうもあったはずだ。深川は2回ほどうなずいて、川北の肩を叩いて去る。そこに智也があらわれて、川北の尻をポンと叩く。川北は深川と智也に笑みを浮かべてから、整備室へと入っていった。
 ふーっ。一人になったとき、川北はひとつ溜め息をついている。そのとき、川北の脳裏を去来したものは果たして……。その溜め息の借りは、同期への感謝は、次の機会に返せばいい。月並みな言葉だが、川北は間違いなく今節の主役だった。きっとまた、川北が主役となるSGは訪れるだろう。

2012_1028_1103  レース後の鎌田義は、吉川元浩や勝野竜司に明るい顔で接している。その場面だけ見れば、やるだけやった、という充実感と言えるのだろう。
 優出メンバーのなかで、最後まで調整をしていたのは、鎌田である。ペラ調整はもちろんだが、10R発売中にはギアケースを外して整備室に駆け込んでいる。その調整が終わると、屋外ペラ調整所で金属音を響かせる。濱野谷憲吾もそのときペラを叩いていたが、濱野谷が作業を終えても、鎌田はまだペラを叩き続けていた。10Rのエンジン吊りに参加した後、最後のひと叩き。それからようやく鎌田は調整を終えて、着水の準備にかかっている。
 松井繁に「きっちり自分の仕事をすること」と教えられた。鎌田は師匠の言葉に忠実に、一日を仕事に費やした。最後の最後まで。いちばん最後まで。そんな鎌田に、松井は歩み寄って声をかけている。さらに鎌田のプロペラゲージを片付けてもいた。松井は弟子の頑張りを認めたのだろう。
 やるだけやった。たしかにそのとおりだ。実際、その思いも鎌田のなかには生まれたと思う。
 ただ、付け加えたいのは、選手の輪から離れるや鎌田は、眉間にシワを寄せていたということだ。その後も他の選手から声をかけられると、さっと明るい顔つきになるが、次の瞬間には険しい表情になっている。敗れたことは、絶対に許せないことなのだ。
 今節、鎌田のことは何度か記した。BOATBoyで連載してるからってえこひいきしてると思われるかもしれないが、そうとも言えるし、そうでもないとも言える。エンターテイナー・カマギーが、実はプロの勝負師としての顔を持っていることを知ってほしかった。負けず嫌いで真摯な鎌田義をお伝えしたかった。優勝戦を終えたあとも、カマギーはカマギーだった。きっと、次のSGでもそんなカマギーを見て、僕は張り切って文字にするのだと思う。

2012_1028_1231  先ほど書いたように、濱野谷憲吾もかなり遅くまで調整をしていた一人だ。ペラ調整の時間だけなら、鎌田よりも長かった。誰もいない屋外ペラ調整所の隅に陣取り、ひたすらペラを叩いていた。6号艇と枠が遠くても、濱野谷は勝利を諦めるつもりはまったくなかったのだ。
 山口剛も同様だった。山口は整備室奥のペラ調整所にいたので、装着場で選手の動きを眺めているときにはなかなか視界に入ってきづらいのだけれど、ふと覗き込めば彼の姿はそこにあった。山口も、事故パンだろうと勝利を諦めるなんてことは少しも考えていないのだった。
2012_1028_1056  二人とも、やるだけやった、ということにはなるのだろうか。レース後はややサバサバした表情に見えた。濱野谷は6コースながらも3着。山口はこれで苦しい戦いを強いられた時期を終えた。SGの優勝戦という最高峰の舞台をこうして戦い終えたことは、まあ悪くない結末ということになるのだろうか。もちろん、とことん調整を尽くして勝利だけを追い求めた二人だからこそ、悔恨は胸の内に渦巻いているはずだとも思う。
2012_1028_0895  山田哲也も、比較的サバサバとしていた一人だろうか。川北を取り巻く同期生の姿について記したが、山田には峰竜太が寄り添っていた。95期の同期生である。レース前にも、峰が山田と肩を並べる姿は何度も見かけている。同期の絆の心強さというのは、選手ならば誰でも感じていることだろう。峰はどちらかといえば、静かに山田に寄り添う感じだった。すでにSG優勝戦を何度も経験している同期の心遣いを、山田はどう感じたのだろうか。

 さてさて、優勝は丸岡正典! 08年ダービー以来のSG制覇で、2度目のVもやはりダービーだった。
 展示ピットにボートを係留し、待機室へと向かう丸岡が、中尾カメラマンのレンズに気づいて、薄く笑みを浮かべた。飄々とした様子に、「マルちゃんは変わらないねえ」なんて中尾カメラマンとも話したのだが、なんとなんと、今日は朝から緊張していたのだという。「勝てるんじゃないかと思ってしまって」だそうだ。でもマルちゃん、ピットで見ている限りでは、ぜんぜんそんなふうに見えませんでしたよ。
2012_1028_0394  優勝会見ではギャグを連発して報道陣を爆笑の渦に巻き込んでいたが、それも決して優勝の高揚感がさせたものではないはずだ。昨年のちょうど今頃、BOATBoyの主催で丸岡と森高一真のトークショーをやったときと何も変わってなかったもの。人を楽しませるのが大好きで、しかもそれを飄々とやってのけてしまう。そんな丸岡だから、緊張していたとしてもなかなか感じ取ることはできないし、意表をついて飛び出すギャグには大爆笑してしまうわけだ。
 というわけで、優勝後も歓喜をあらわしながらも、どこか飄々としていた丸岡。これで出場確定となった賞金王決定戦で優勝戦に乗って優勝まで果たしたら、わかりやすく緊張して、わかりやすく歓喜を爆発させるのだろうか。
 ともあれ、会見で我々を笑わせて楽しそうにしているマルちゃんを見ていたら、こちらも幸せな気分になってしまった。この人の大活躍には、人を幸せにするパワーがあるのである。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

H記者の『マルチャンvsツヨポン一騎打ち!!』予想

最後の極選もカスリもせず……さあ逝こう、優勝戦!

12R優勝戦
   ①川北浩貴(京都)A
★②丸岡正典(奈良)A伸びS
  ③山田哲也(千葉)B伸びA
★④山口 剛(広島)A
  ⑤鎌田 義(兵庫)A
△⑥濱野谷憲吾(東京)A

進入123/456か126/345

 SG35優出の憲吾が動くかどうか。山田は「濱野谷さん、入っていいっすよ」くらいの気持ちでしょうが、鎌ギーがスタ展から完全シャットアウト態勢で臨みそう。枠なり想定。
 優勝は、丸岡VS山口の一騎打ちとみます。「今節の優勝は丸チャンかな」。初日からそんな気がして仕方なかった。それくらいゴキゲンなリズム&パワーを感じましたね。特に伸びが強烈なので、山田のS攻勢をブロックして先まくりに出ます。川北の足も相当ですが、伸びなり丸チャンのジカツケマイを受け止めきるのは難しいとみます。
 そして、山口。山田が二段で攻めれば、絶好の差し場が生まれる。ツヨポンはハナからその展開を想定しているので、迷いのない全速ブイ差しが実現します。まくった丸岡と差した山口のバック一騎打ち。それが私の脳内レースです。我が息子キモリやんの「逃げてくれ、白アザラシパイセーーーン!!!!」という叫びが京の都から聞こえてきますが、無印にしますです……ごめんなさいシガシブの皆様><
 丸・剛のウラオモに、不気味な憲吾を加えたボックスも少々押さえます。

3連単★2=4-全、押さえ246BOX
ミリオンアタック★4-2-6を買えれば15000円(99%ムリ……)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

H記者の『穴・極選』最終日

 お稲荷ボクロの効力もなく、準優フルボッコで息の根を止められたHです。買えるかどうかもわかりませんが、今日の10Rは白井が潜入したことで俄然面白くなりましたね。

10R選抜B戦 賞金王レース
 ①太田和美 3位・当確
 ②石川真二
 ③峰  竜太 6位・ほぼ当確
 ④篠崎元志 
◎⑤池田浩二 11位・5456万(↓-93万)
★⑥白井英治  10位・5549万

進入123/456

 外枠2艇の熾烈なサバイバル対決?? 厳密には、白井の11月は記念たけなわ、池田はF休みということで、白井が圧倒的に有利なんですけどね。とにかく池田はここで200万円を加算し、一時的にでも白井と10位・智也を抜いて9位に浮上しておきたい。つか、もうここを勝っとくくらいしか、やるべきことがないのです。コンマ05全速で、当確組を攻め潰します。一方の白井も、ここでしっかり賞金を加算して智也を抜き、8位・坪井に肉薄しておきたい。恰好の2、3着付けでしょう。

3連単★5-6-全、5-全-6


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

“本紙予想”全日本選手権優勝戦

12R 優勝戦
1コース想定=川北 まくられ率9.7% 差され率19.4%
2コース想定=丸岡 逃がし率43.6%
展開予想のカギ①山田3コース時まくり/差し=8/6
展開予想のカギ②山口4コース時まくり/差し=8/7
展開予想のカギ③鎌田5コース時まくり/差し=1/3
川北は今節、1コースで1勝1敗。1敗は差されてのものだった。スタートをきっちり決めれば、丸岡の2コース逃がし率が高いこともあり、逃げ切り濃厚だ。展開の大きなカギを握っているのは、やはり山田。トップスタートを決めれば、まくり/差しの数値のとおり、まくって攻めていくのが濃厚。川北は1コースまくられ率が1ケタで、よほどのぞかれない限りはまくらせない公算が高い。山口はスタートを踏み込めない事情もあって、ここは差しが濃厚。ヒモ一番手は山田のまくりのひとつ外の山口となろう。さらに、その上をまくり差していく鎌田も有力だ。
大穴展開は、丸岡が握った場合。丸岡は2コースではまくり1着も多く、これが届かなかった場合に壁になりやすい(内を逃がしやすい)わけだ。スリットからのぞき気味に出ていき、握って攻めれば川北がこれに抵抗。山田とのまくり合戦にまでなったりすれば、山口と鎌田がズブズブっと差す。
◎川北 ○山口 ▲鎌田  
3連単1-45-全 4=5-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――さわやか優勝戦

 気温上昇の最終日。ピットは実に爽快な空気で、21℃、45%と表示されている寒暖計にも「COMFORT」の文字が躍っている。そんな爽秋の陽気もあってか、ピットの雰囲気も実に涼やか。優出メンバー6人の表情も、非常にリラックスして見えている。もちろん朝の段階では、ということになるが。
2012_1027_0798  もっとも気になる川北浩貴だが、今日も山崎智也が寄り添っていて、川北にとっては心強い限りだろう。さらに今垣光太郎も歩み寄って話しかけており、どうやらSG8冠王のアドバイスが川北に送られたらしい。こうした仲間の後押しは間違いなくパワーになるはずで、直前には間違いなく緊張感に襲われるはずだが、それを乗り越えさせるだけのプッシュにもなるかもしれない。
Uu5w4043   鎌田義の笑顔も爽快。主役の一人として最終日を迎えられたことへの充実感がうかがえる。2R発売中には早くも着水し、係留所で調整を始めてもいた。王者のアドバイスは「しっかり自分の仕事をすること」。それこそが結果を出すための真の近道なのだと、王者は愛弟子に伝えている。鎌田もそれを素直に聞き入れ、言葉通りに自分の仕事を早々に始めたというわけだ。
Uu5w4106  動き出しがわりと早かったのは、丸岡正典も同様。丸岡は2Rのエンジン吊りを終えると屋外ペラ調整所に向かい、ゲージを当ててペラのラインのチェックをし始めている。そして、気になるところを見つけて、木槌を振る。僕が見た範囲では、ペラに触り始めたのは、優勝戦メンバーのなかでは丸岡がもっとも早かった。
2012_1027_0617  濱野谷憲吾は、丸岡と同じようなタイミングで、装着場に置かれた自艇に乗りこんでいる。防水カバーを外してキャブレターをむき出しにすると、奥のほうを真剣な表情で覗き込み始めた。おそらく弁の角度をチェックしているのだろう。この作業を終えたのが、3R開始直前。ボートを降りて控室へ歩き出すと、ちょうど鎌田も控室へといったん戻るところだった。濱野谷が鎌田に言う。
「今日はたのすぃ~ね~」
 皆様、さまざまにツッコミを入れてください(笑)。ともあれ、濱野谷は楽しい一日に上機嫌なのだった。
2012_1027_0706 やまとのやまやまコンビ、山田哲也と山口剛は、先輩たちに比べれば、始動はゆっくりめとなっている。僕より一足早くピットに入っていたチャーリー池上カメラマンによると、山田はハンドルを何度も回して、その具合をチェックしていたとか。何か違和感でもあったのだろうか。モーターパワーと同様に大事な部分には違いなく、万全の状態でレースに臨むための準備ではあろう。
Uu5w3958  山口は、エンジン吊りの場面でしか姿を見かけなかった。その様子は実に笑顔が多く、西島義則や辻栄蔵の大先輩と談笑を交わす場面を見かけている。事故パンという状況も考えれば、いちばんリラックスできるのはこの人かも、という気もする。無欲の一発は充分にありそうに思えるが、どうか。(PHOTO/中尾茂幸=川北、濱野谷、山田 池上一摩=鎌田、丸岡、山口 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

優出インタビュー

Uu5w4978 ①川北浩貴(京都)
「スタートは10全速で行きたいですね。逃げたいです。ここまできたら優勝したいと思います」

Uu5w4991 ②丸岡正典(奈良)
「2コースから行きたい。仕上がり? どうですかね。わからないです。いや、いいですいいです。伸び寄りですね。これを勝ってどこを目指すか? 総理杯ですね。いや、賞金王です。横がヤマテツなんでそれに合わせて」

Uu5w5005 ③山田哲也(千葉)
「昨夜は寝つきは良かったんですけど、朝5時くらいに目が覚めて、いろいろ考えてしまいました。いいことと悪いこと……勇み足とか(笑)。スタートは昨日と同じくらいを全速で行きたい。優勝戦入ると足は目立たない。今日もまくることしか考えてません」

Uu5w5010 ④山口剛(広島)
「身動き取れなくなって、見えてきたものもあります。山田くんがこれだけ言ってるんで本当に行ってくれるでしょうから、僕はターンマークをしっかり見て。伸び、出足、乗り心地もいいです」

Uu5w5045 ⑤鎌田義(兵庫)
「昨夜は松井さんが一緒にリプレイを見てくれて、どういう感じで調整したらいいのか話しました。しっかり仕事したいと思います。3がまくる、4が差す? まくる、差す、まくる、ですかね。まくれる? めちゃくちゃまくる、差し漏れる、差す、でどうでしょうか。朝からすこぶる体調がいいので、狙っていきたい」

Uu5w5065 ⑥濱野谷憲吾(東京)
「序盤伸び型で、3日目から回り足もよくなった。スタートはどこからでも1艇身行けます。ま、1艇身ですけどね(笑)。6コースと考えています。昨日も6コースのつもりで、本番で体が動いてしまったんですけど、今日もまたそうなる可能性もある、ということで。あくまで可能性」

(PHOTO/池上一摩)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

本日の“本紙予想”全日本選手権最終日3~11R

おはようございます。Kです。先ほどはよんどころのない事情で席を外さねばならなかったため、1~2Rを先にアップしました。ここでは3~11R。優勝戦はのちほど!

3R
1コース想定=平田 まくられ率7.4% 差され率20.4%
2コース想定=大嶋 逃がし率34.2%
茅原がカドからスピード乗せて突き抜ける。
◎茅原 ○平田 ▲大嶋 △平本
3連単3-154-全

4R
1コース想定=横澤 まくられ率5.4% 差され率16.1%
2コース想定=石川 逃がし率33.0%
石川、深川が動いて進入深くなるか。カドに引けば、篠崎のまくり。
◎篠崎 ○横澤 ▲川﨑 △石川
3連単2-143-全

5R
1コース想定=池田 まくられ率5.4% 差され率17.9%
2コース想定=吉川 逃がし率36.6%
赤坂のまくりに乗って服部がまくり差す。
◎服部 ○池田 ▲赤坂
3連単4-13-全

6R
1コース想定=岡崎 まくられ率14.9% 差され率16.4%
2コース想定=峰 逃がし率44.2%
岡崎がラスト走で意地見せたいところ。
◎岡崎 ○坪井 ▲峰 △太田
3連単1-423-全

7R 
1コース想定=勝野 まくられ率2.3% 差され率16.3%
2コース想定=中島 逃がし率35.9%
松井が同艇番の鎌田へのエール走。
◎松井 ○勝野 ▲中島
3連単5-12-全

8R 
1コース想定=茅原 まくられ率11.1% 差され率12.7%
2コース想定=川﨑 逃がし率58.5%
茅原が先輩を壁にして逃走。
◎茅原 ○川﨑 ▲田中  
3連単1-23-全

9R 
1コース想定=井口 まくられ率11.3% 差され率11.3%
2コース想定=三嶌 逃がし率34.5%
賞金ランクトップツーの一騎打ち。
◎井口 ○瓜生  
3連単1=3-全

10R 特別選抜B戦
1コース想定=太田 まくられ率6.9% 差され率22.4%
2コース想定=石川 逃がし率33.0%
篠崎の意地の豪快戦で外枠が面白い。
◎篠崎 ○池田 ▲白井 △太田 
3連単4-561-全

11R 特別選抜A戦
1コース想定=赤坂 まくられ率3.3% 差され率20.0%
2コース想定=坪井 逃がし率39.4%
坪井が2コース戦をきっちりとモノにする。
◎坪井 ○赤坂 ▲吉川 △中島     
3連単2-134-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”全日本選手権最終日1~2R

1R
1コース想定=山崎 まくられ率12.2% 差され率22.4%
2コース想定=赤岩 逃がし率41.2%
山崎がしっかり逃げ切って優勝戦川北へのエール。
◎山崎 ○赤岩 ▲佐々木 
3連単1-24-全

2R
1コース想定=田村 まくられ率8.8% 差され率15.8%
2コース想定=桐生 逃がし率26.2%
銀河競りがあれば、菊地に出番あり。
◎菊地 ○田村 ▲湯川
3連単4-13-全


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

最終日!

おはようございます。福岡SG全日本選手権も最終日を迎えました。もちろん本日は優勝戦が行なわれます。ダービー覇者2人を含む6名による最終決戦。おおいに盛り上がってまいりましょう!

Uu5w4005 パワー的にはおそらく節イチ。妨害失格さえなければ……実に惜しい一節となった平田忠則。もともと数字を持っていないモーターをここまで仕上げたのだから大したもの。瓜生正義に“弟子入り”のようなかたちでへばりつき、多くのことを学んだとのことで、その成果がこのハイパワーなのでしょう。今節が終わっても、しばらくは平田から目が離せないかも!?(PHOTO/池上一摩)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡ダービー 準優ダイジェスト

Mrダービー前夜祭

10R
①丸岡正典(奈良)14
②山口 剛(広島)14
③川﨑智幸(東京)13
④横澤剛治(静岡)19
⑤吉川元浩(兵庫)11
⑥峰 竜太(佐賀)07

2012_1027_r10_1052  あの08丸亀ダービー以来の栄冠へ、丸ちゃんが第二関門を突破した。なんと、これが2度目のSG優出! もしも明日、真っ先にゴールを通過したらば、SG2優出2V、どっちもダービーというカッチョイイ「ミスター・ダービー」が誕生することになる。

2012_1027_r10_1071  レースに関しても、ケチを付けるべき点はひとつもない満点のイン逃げだった。スタートのコンマ14は、2日目のイン逃げとまったく同じ。ターンの初動、スピードの濃淡、ターンマークとの距離感も瓜二つで、非の打ち所がなかった。あとは、枠番がどうなるか? 明日もまた1号艇なら、2度の予行演習が大いに生きるのだが……。

2012_1027_r10_1096  2着は、私の◎山口。責任転覆でもあればB級降格という“針のムシロシリーズ”で、初日から攻めに攻めまくり、コンマ01まで踏み込み、この準優でも丸岡と同体のスタートからしっかり差しハンドルを入れて、ついにファイナルの舞台まで辿り着いた。満身創痍で、生き残った。残すは、あと1戦。苦しみ抜いた期末査定もまた、あと1戦で終わる。「安全無事故に徹すればA1残留」という最後の1戦が、SG優勝戦なのだ。
 だが、もちろん、山口は明日も怯まず突き進むだろう。賞金王当確と総理杯の権利を、真っ向から奪い獲りに行く。最後方を恐る恐る走るのではなく、何の不利も受けない先頭を走って、事故点の呪縛からも解放されなさい、ツヨポンッ!! 今節は山口の“気力”ばかり書いてきたが、それに見合うだけの機力も十分にあるとお伝えしておきます。

激流、天神まくり

11R
①太田和美(奈良)12
②篠崎元志(福岡)19
③赤坂俊輔(長崎)16
④山田哲也(千葉)07
⑤鎌田 義(兵庫)11
⑥勝野竜司(兵庫)19

2012_1027_r11_1172  12秒針が動き、ダッシュ勢が進軍をはじめたときから、その予感はあった。ぐんぐんぐんぐん、艇界屈指の韋駄天スタート野郎が近づいてくる。ほんのわずかだが、スロー勢の行進とのギャップを感じる。
「あれ、あれっ!?」
 などと叫んでいるうちに、スリット前。予感は確信に変わる。山田哲也が突出した。カド受けの赤坂俊輔が舳先だけで必死に喰らい付いたが、コンマ07全速の後輩を堰き止めることはできなかった。

2012_1027_r11_1194 ここは福岡水面、堰を切ってしまった激流は、もう手が付けられない。あっという間に、大本命のイン太田和美まで呑み込まれた。実に福岡らしい豪快なツッパリまくりで、山田のSG初優出が決まった。2連率52%・エースモーター19号機のなせる業? いや、それも多少はあったかも知れないが、今日の勝利は明らかにスタート勝ち、度胸勝ちだった。

2012_1027_r11_1209  2着は、鎌田義。山田に連動してすんなり、ではなかった。同県の勝野竜司がしぶとく食い下がり、逆に何度か2、3番手が入れ替わる大乱戦。切った張ったの末に、なんとか鎌ギーが凌ぎきり、山田と同じくSG初優出の権利を掴み取った。アウトから健闘した勝野は、ターン回りでちょっとずつパワー不足を露呈し、最後は超抜・赤坂にも交わされてしまった。

2012_1027_r11_1236  逆に、鎌ギーの足は、勝野よりちょっとずつ全部が強めに見えた。今節の太田と同じバランス型で、一撃の破壊力はないが、混戦になると強い。そんなタイプだけに、明日も1マークがゴッチャになれば、どこからともなく抜け出してくるかも?
 それにしても、太田は……展開が悪かったとしか言いようがない。どんなに強くても、レスリングの吉田沙保里選手のように勝ち続けることはできない。それがボートレーサーの宿命なのである。

古都から、新都から

12R 進入順
①川北浩貴(京都)   05
②石川真二(福岡)   11
③中島孝平(福井)   19
⑤坪井康晴(静岡)   21
⑥濱野谷憲吾(東京) 16
④池田浩二(愛知)   18

2012_1027_r12_1380   3日目に5連勝を阻まれたイン戦……行っちゃいました、シカシブの期待を一心に集める川北浩貴、SG準優の常識レベルを軽々と突破するコンマ05発進!! 他はすべてコンマ10台とあって、キッチリ1マークでケリを付けた。圧勝、完勝で、SG3度目の優出、しかも1号艇。それが川北にとってどれほどのプレッシャーか。私にわかるわけもなし。明日の優出インタビューやピット班の感想を待つとしよう。

 パ2012_1027_r12_1427ワーに関しては、もちろん上位級は間違いない。ただ、正直なところ、初日から圧勝続きだったので節イチとか上の下とかまでは、わからない。さらに正直に言うと、前検の足合わせやスタート特訓では、「大したことなさそうだな」なんて思ったりもしたのである。それが、破竹の4連勝からあれよあれよの優勝戦1号艇。とにもかくにも、明日は川北のメンタリティ&パワーを多面的に観察する必要がありそうだな。どなたかシガシブの方、皮切ったヘロタカパイセンのここ一番の性格・行動形態を教えてくださいまし!(笑)

2012_1027_r12_1407  で、2着は、なんとなんとの濱野谷憲吾。14年前の福岡ダービー王に「なんとなんと」は失礼だが、今日の連絡みは波乱の部類だった。人気の川北から3連単万シューは、ちと舐められ過ぎか。1周2マークで艇団をズバッと切り裂き、追いすがる坪井らを的確に突き放したテクは「さすが」の一語だったぞ。初日から1度も1着がないまま優出というのも、最近の憲吾パターン?
 

2012_1027_r12_1427_2 ちなみに、14年前の福岡ダービーでも予選は232332と未勝利で、このときは準優で初勝利を挙げていた。そして、最後のトドメは5コースからの一撃まくりV。今節、憲吾は5コースからまくりに行って張り飛ばされ、6着大敗を喫している。明日は6コースか、前付けか。とにかく、伸びは水準以上のパワー(かなり出足型にシフトしたかも)なので、14年前の再現も十分に……ん、今、全国中で「ナイナイ」というツッコミが聞こえたのは、幻聴かしらん。
 京都・奈良の近畿コンビが立ちはだかる明日の優勝戦。東都のファンタジスタが、その強烈な古都バリアに体当たり、するはずだ。(photos/シギー中尾、text/H)
 


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――戦士の思い

Uu5w4637  優出を決めた選手のなかで、もっとも歓喜をあらわにしていたのは、鎌田義だ。鎌田が2着を獲り切った瞬間、吉田俊彦を先頭に兵庫支部の面々がボートリフト前へと飛び出し、鎌田を出迎える準備をしている。鎌田が戻ってくると、全員がバンザイ! 鎌田もガッツポーズを見せ、陸にあがってもひたすら笑顔を振りまくのだった。
 もちろん、同県の勝野竜司と2番手争いを演じたわけであって、鎌田も含めて支部の仲間は勝野をも気遣っている。しかしその勝野も悔しさを噛み締めつつ、鎌田を祝福。ムードメーカーのSG初優出はやはり祝事だったわけである。
 鎌田自身、会見で口にしていたが、昨年のチャレンジカップでいったんは2番手を走りながら、体が固まってハンドルがうまく入れられずに、逆転を許してしまっている。あれがあったからこそ、今日は思い切ったハンドルでターンマークを攻めることができた。「チャレンジカップ以来、最初に乗ったSG準優。いきなり活かすことができましたね」の言葉に、万感がこもっていた。
Uu5w4768  個人的に言えば、BOATBoyで連載をしてくれているカマギーのSG初優出はやはり嬉しいこと。がっちり握手しながら、「明日が本番!」「そのとおり!」と交わした会話が心地よかった。
Uu5w4507 山口剛の周りにも笑顔があふれていた。といっても、引き出したのは今村豊。エンジン吊り→ボート洗浄の間にも、何やら山口に言葉をかけつつ、ニヤニヤしている。山口もつられてニコニコ。さらに、1周2マークで山口に接触して転覆してしまった川﨑智幸も、今村に言葉をかけられて「剛に悪いことした」と笑い、そこに駆けつけた山口にも笑顔を向けている。心に引っかかることがあっても、当事者の大先輩と、冷やかす大々先輩が笑っていたら、若者も笑顔になるというもの。SGでは転覆やらなんやらで山口の笑顔がなかなか見られなかっただけに、童顔のスマイルが見られて僕も嬉しかったぞ!

2012_1027_0624 一方で、もっとも不満そうな雰囲気だったのは、池田浩二だ。明日を最後にフライング休みに入る池田は、賞金ランク11位。最低でも優出して、安全圏に逃げ込みをはかりたいところだったが、その望みは絶たれてしまった。何より、進入に悔恨がつのった。大量の水をもらい、かき出している間に6コース回り。特にその点に大きな不満を残していたようで、それを察したのか外枠だった坪井康晴、濱野谷憲吾は顔を合わせるなり、池田に「ごめん」と言っている。レース後の「すみません」や「ごめん」は選手たちの儀礼のようなものであるが、今回は少し意味が違ったか。納得のレースで敗れたのならまだしも、後悔が残る一戦だったことに、池田は顔を曇らせるしかなかったようだ。
2012_1027_0693  太田和美は、サバサバしているようでもあったが、負けても仕方がないなんて考えているはずがなかろう。たとえ山田哲也にあのスリットを決められたとしても、1号艇を活かせなかったことを黙ってスルーするようなやわな勝負師ではあるまい。エンジン吊りとボート洗浄が終わると、早足でカポック着脱場に向かっており、その足取りに悔しさがこめられていたと言うのは、こちらの思い込みにすぎないのだろうか。
2012_1027_0718  実は、10Rで勝って優出を決めていた丸岡正典は、「太田さんと一緒にSG優勝戦に乗りたい」と思いを吐露している。二人は師弟関係にある。師匠と弟子がSGの優勝戦の舞台で真っ向勝負する。それが二人の願いであった。グラチャンでそのチャンスはあったのだが、「あのときは僕が失敗してしまって、ダメになった。だから今回はその分も」と、丸岡は太田が逃げ切ってくれることを信じて疑っていなかったのだ。
 丸岡は、太田の敗戦には当然、複雑な表情を見せている。太田も、丸岡とともに、という思いが強くあったとするなら、その分の痛みも感じていただろう。もちろん、チャンスはきっとまたふたたび訪れる。何だったら、賞金王優勝戦で実現するというのはどうだろう。師匠はすでに出場当確。丸岡が明日勝てば、その夢はさらに近くに寄ってくることになる。

2012_1027_0713  それにしても、山田哲也の度胸はどうだ。SG初準優で、あのスタートができるものだろうか。山田曰く「理想の景色だった」そうだ。フルダッシュで行って、バッチリの景色が見えた。それはゼロ台を決められるときの景色だった。だから自信をもって行った。青山登さんは「いつもゼロ台をバシバシ行ってるから、テツにはその景色がわかる。普段行ってない選手にはその景色がわからないから、ここぞというときにスタートを決められないものだ」という。なるほど、とも思う。景色というものがどんなものかは選手経験のない僕には少しも実感できないが、大時計の針の角度がこの位置のときに視界がどんなふうになっているのか、と想像してみれば、山田の脳内VTRにきっちりハマった映像が見えたということだろう。さすがの艇界ナンバーワン韋駄天である。
 だが、それをSG初準優でやってのけたことが、やっぱりスゴいことだと思う。明日もできるのか? やってしまうのか? できるのであれば、間違いなく展開のカギはこの男が握ることになる。レース後に少しだけ話した感じでは、現時点ではと断わってはおくが、まーったくノープレッシャーに思えたぞ。
Uu5w4869  山田哲也につづいて、12Rで濱野谷憲吾が優出を決めている。東京支部からSG優勝戦に二人を送り込むなんて最近あったかしら? 東京在住の者とすれば、もちろん感慨深いことである。濱野谷の今年の存在感の薄さにはモヤモヤしたものを抱いてもいたから、共同会見に濱野谷があらわれた瞬間、これこれ、これだよなあ、なんて思ったりもした。
 10R発売中に行なわれたスタート練習。参加した濱野谷は、100mほどの深い起こしを試していた。まさか、前付け? スタート展示では内も譲る気配がなかったから6コース回り。それが本番ではピット離れでのぞいて、結果5コース! といっても「進入は想定外ですよ(笑)。スタート展示が終わって、6コースだなと思ってたから」とのこと。本番で前付けをするつもりはなかったようだ。ただ、スタート練習で深めのスロー起こしを試していたことが、結果的に効いたということは言えるはず。
「明日はどこからでもスタートできるよう、いろんなところからやっておく」
 進入想定を問われ、枠なりと答えている濱野谷だが、同時に何が起こるかわからないということもよくわかっている。優勝戦メンバーで登番がもっとも古い濱野谷だけに、何かが起これば、6号艇だとしても怖い存在になる。

Uu5w4171  さて、やはり気になるのは川北浩貴。予選トップで準優1号艇。多くの人から、「緊張しているだろうなあ」との言葉を聞いたが、川北はしっかり逃げ切って、優勝戦のポールポジションもゲットした。
「今でも緊張したままです。誰か解いてください(笑)」
 優出共同会見で川北はそう言っており、やっぱりド緊張状態で準優に臨んだようだ。会見中もなんかそわそわした感じだったもんなあ。ならば明日も!? このあたりは舟券を買ううえにおいても、大きな考えどころになりそうだ。
Uu5w3979  ただ、ここで大きなポイントとなってくるのが、山崎智也だ。今日も行動をともにすることが多く、川北をほぐそうとしていたのは明らかだった。もう一人、深川真二の存在も大きいようだ。
「山崎くんと深川くんが声をかけてくれた。ものすごく助かってますね」
 たしかに機力も上位には違いないが、彼らの後押しを受け、少しでも平常心に近づいて優勝戦のピットに入ることこそが、川北の最大の切り札になるだろう。(PHOTO/中尾茂幸=池田、太田、丸岡、山田 池上一摩=それ以外 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

速報 福岡ダービー優勝戦メンバー決定!!

 万シューが2本飛び出した波乱の準優の末、福岡ダービーの優勝戦メンバーが確定しました。1号艇は予選トップを守り抜いた京都の川北。2号艇は奈良の丸岡。京都VS奈良の古都一騎打ちとなるのか。「東都」のエース濱野谷の名が、不気味に光っているような……?

12R優勝戦
①川北浩貴(京都)
②丸岡正典(奈良)
③山田哲也(千葉)
④山口 剛(広島)
⑤鎌田 義(兵庫)
⑥濱野谷憲吾(東京)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

“本紙予想”ダービー準優勝戦

10R 準優勝戦
1コース想定=丸岡 まくられ率14.8% 差され率11.1%
2コース想定=山口 逃がし率40.0%
丸岡が外を制して先マイ逃走。横澤のカド強襲も怖い。
◎丸岡 ○横澤 ▲山口 △峰  
3連単1-426-全

11R 準優勝戦
1コース想定=太田 まくられ率5.3% 差され率22.8%
2コース想定=篠崎 逃がし率44.0%
太田が快足活かしてきっちり逃げる。展開妙味は鎌田。
◎太田 ○鎌田 ▲篠崎     
3連単1-52-全

12R 準優勝戦
1コース想定=川北 まくられ率9.9% 差され率19.7%
2コース想定=石川 逃がし率33.0%
賞金王勝負駆けの池田のカド自在戦を狙う。
◎池田 ○川北 ▲石川
3連単4-12-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――静・準優

Uu5w3231  準優組の姿が少ない。1R展示後にピットに入って一通り歩いて、まずそう感じる。最初に目にしたのは石川真二だが、中尾カメラマンと雑談中。あとは濱野谷憲吾がペラを叩いており、調整の姿を目撃したのは、まずそれだけだった。濱野谷はかなり気合入っているように見えるなあ。それが結果に直結するかどうかはともかく、このところあまり感じることがなかった存在感がある。
2012_1026_0706  係留所には、やはり一般戦組のボートばかりが並んでいたが、そのなかに1艇、「中島」と書かれたボートがあった。装着場にあるボートを見ると、準優組のものも水滴を垂らしたりしているので、朝特訓に出た選手は多かったようだが、そのまま係留所につけたのは中島孝平だけだったようだ。中島はペラ調整を整備室奥で行なっているので、外からの死角に隠れていて姿が見えなかったのか。改めて覗きにいくと、いたいた、中島孝平。黙々とプロペラを叩いている。
2012_1026_1000  やがて、整備室のゲージ加工場が準優組でにぎわい出した。川北浩貴、山田哲也、峰竜太。にぎわうってほどでもないか。早い段階でゲージ擦りを始めた選手はエンジン出ているの法則、というのは新プロペラ制度導入後の傾向なわけだが、この時点でもペラやモーターが優先事項にならないのは、急ぎ調整する必要がないパワーだという証しであろう。ただし、峰は短時間で切り上げてペラ調整にかかっており、これはかなり長く続いていた。ほんの数秒だけ顔を合わせもしたが、頭の中は調整の方向性で占められているようで、言葉を交わしても心あらずという感じであった。たぶん、まだ緊張はしていない。
 ゲージ擦りはその後、鎌田義、篠崎元志も始めている。張り付いてれば、さらに多くの準優組を目にすることになったはずだ。

Uu5w3335  ちょっとした異変と思えたのは、太田和美だ。今節の太田はかなり余裕の表情を見せており、朝のピットで作業をしている姿はここまで一度も見ていない。見落としていた可能性も否定しないが、しかし今日は1R後に整備室入口の調整所で、ペラをチェックしていたのである。主な作業は、ゲージを当ててラインをチェックすることだったが、1度か2度、軽くハンマーを振ってもいる。ここに来ての早めの始動。そこに太田の気合の高まりを見た、というのは考えすぎだろうか。
2012_1023_0786  その太田を眺めていたら、整備室奥のペラ調整所から池田浩二の姿があらわれた。どうやら、完全な死角の場所でペラを叩いていたらしい。実は、池田は昨日も、最後の最後までピットに残って、ペラ調整をしていた。昨日は10R後に出発する帰宿バスに乗れたはずである。記憶が間違っていなければ、今節に限らず、1便で帰れる日にはピットに残らないことのほうが池田には多いはずだ。しかし、昨日は居残って最後まで叩いた。そして今日も早い時間帯から叩いた。池田は今節が最後の勝負駆けである。11月25日という運命の日まで、走れるのは今日と明日だけなのだ。その気合が池田の姿にあらわれている、というのも考えすぎだろうか。

2012_1026_1058 さてさて、そんな静かな準優の朝にあって、大忙しなのは篠崎元志である。何が忙しいって、雑用仕事だ。地元最若手の篠崎には、託される仕事も多い。今朝はモーター架台についている受け皿をまとめて運ぶという仕事をしており、桐生順平の助けも借りて、ピットの隅に運んで積み上げていた。5日目というのは、その日の出走を終えた選手のボートを洗剤で洗浄する日。エンジン吊りと同様、同支部同地区が一斉にとりかかって手際よく進めるのだが、篠崎はそこにも借り出されることは必至。いや、篠崎も自分から積極的に参加することだろう。もちろん、その合間にレースの準備を進めていく。ペラも叩く。場合によっては本体もいじる。試運転だってする。こうした苦労を乗り越えて、若手は大きくはばたいていくのだ。地元で準優に残ったのは篠崎のみ。甲斐甲斐しく働く姿を見ると、応援せずにはいられませんね。(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”全日本選手権5日目

どもども。Kです。どうにもパッとしないここまでの戦績です。昨日はついに休肝日になりました。おかげで体調は上昇気味。今日はしっかり飲むぞーっ……じゃなくて当てるぞーっ。

1R
1コース想定=今村 まくられ率9.6% 差され率15.4%
2コース想定=田中 逃がし率42.9%
今村がきっちりスタート決めて逃げ切る。
◎今村 ○田中 ▲三嶌 
3連単1-24-全

2R
1コース想定=平石 まくられ率18.3% 差され率16.7%
2コース想定=深川 逃がし率26.7%
菊地の意地の鋭発まくりに期待する。
◎菊地 ○田村 ▲平石 △深川
3連単3-412-全

3R
1コース想定=魚谷 まくられ率8.8% 差され率14.0%
2コース想定=前本 逃がし率30.3%
前本の2コース自在戦に注目だ。
◎前本 ○魚谷 ▲瓜生
3連単2-13-全

4R
1コース想定=井口 まくられ率11.5% 差され率11.5%
2コース想定=辻 逃がし率42.6%
快速パワー平田が4コースからまくり差す。
◎平田 ○井口 ▲山崎
3連単4-15-全

5R
1コース想定=赤岩 まくられ率10.0% 差され率14.3%
2コース想定=湯川 逃がし率52.1%
一般戦でも赤岩の気合は変わらない。逃げ切り。
◎赤岩 ○白井 ▲湯川
3連単1-32-全

6R
1コース想定=深川 まくられ率13.0% 差され率10.4%
2コース想定=服部 逃がし率45.3%
深川が昨日の雪辱を果たす逃げ切り。
◎深川 ○服部 ▲三嶌
3連単1-23-全

7R 
1コース想定=瓜生 まくられ率13.1% 差され率18.0%
2コース想定=吉田 逃がし率40.0%
瓜生が意地見せる逃げ切り。
◎瓜生 ○田中 ▲前本
3連単1-43-全

8R 
1コース想定=佐々木 まくられ率3.9% 差され率25.5%
2コース想定=今村 逃がし率35.3%
今村が2コース主張してきっちり抜け出す。
◎今村 ○佐々木 ▲大嶋  
3連単2-16-全

9R 
1コース想定=平本 まくられ率23.9% 差され率17.4%
2コース想定=白井 逃がし率41.9%
新田が豪快旋回で同期を撃破だ。
◎新田 ○平本 ▲平田 △白井   
3連単3-162-全

準優勝戦はのちほどアップします。


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

5日目!

おはようございます。福岡SG全日本選手権は5日目。準優勝戦デーです! 激戦連続の中、気づけばドリーム組で予選突破したのは坪井康晴ひとりという。1年間高いレベルで活躍し続け、高い勝率を引っ提げて福岡に乗り込んだ面々で行なわれるだけあって、全員がハイレベルの“実力日本一決定戦”なのでありますね。現在、どんよりした空となっている福岡ですが、準優勝戦もアツくなりそうですぞ!

Uu5w3238 予選18位で準優進出は濱野谷憲吾! 誰もがそろそろファンタジスタらしさを見せてもらいたいと願っているはずです。本領発揮なら6コースでも問題なし!のはず。思い出の福岡ダービーで復活のノロシをあげられるか!?(PHOTO/池上一摩)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

福岡ダービーTOPICS 4日目

王者が……

2012_1026_1107  昨日とは一転、今日の福岡水面はインが7勝と通常のSGらしい1日になった。が、その着順を羅列すると、なぜか大波乱に見えてしまう。

今日のイン成績
②①①F④F①転①①①①

 フライングが2本に、転覆1回。とりわけ、6Rはイン古賀繁輝のFに止まらず、5号艇の江口晃生、そしてそして、ほぼ当確ランプの点っている王者・松井繁がスリットの魔境に足を踏み込んでしまった。今期、Fを一度も起こさず、我慢に我慢を重ねて暮れの大舞台へひた走ってきたはずなのに……。12秒針が回る中、松井の心がどう揺れ動いたのだろうか。
 V候補の筆頭だった地元の瓜生正義が早々にV戦線から消え、今日は松井。さらにダービーを最高峰のSGとするミスター今村豊も敗れ、服部も散り、井口、智也、信一郎らも戦線から離脱した。コース下克上の福岡水面を象徴するような、戦国ダービーだ。昨日も書いたが、6年前の福岡ダービーの準優は、すべて6コースが勝っている。勝率6点以下でギリギリ滑り込んだ峰竜太、勝野竜司、濱野谷憲吾が、不気味な存在になりそうだ。

その気力、節イチ!!

2012_1026_0762  2日目の転覆失格をモノともせず、石川真二が見事に予選を突破した。10Rの石川は1号艇で4着以内という勝負駆け。穏やかではあるが、イン受難の福岡水面だけに、一歩間違えば大敗も十分に考えられるイン戦だ。私も「峰リューのカド一撃を喰らうのでは??」などとスケベなアウトセット舟券を買っていた。だがしかし、他艇をブッチギるコンマ08スタート。そのアドバンテージを生かして、バックで追いすがるライバルをなんとか振り切った。スタート勝ち、つまりは気合い勝ちだ。
 今節の石川真二の気合いは半端ない。
2012_1026_0727  初日から何度か書いてきたが、今日もこの一語に尽きる。ここまでの成績を振り返れば②①転②①。この転覆レースはほぼ2着確定の流れで、②①②①②という成績ならば、結果論としては8・80で予選トップに立っていた。もちろん、パワー上位は間違いないだろう。が、何度も書いたとおり、今節の石川は機力より気力が水面に生き生きと投影された。準優組でいうなら、山口剛、篠崎元志とこの石川が「気力の節イチ候補」といえるだろう。

2012_1023_0317  あ、それからもうひとり、石川真二の予選トップを幻にしてしまった平田忠則の成績は、①②妨①①。これもまた凄い。しかも、今日の平田の1着走破タイム1分44秒3は、断然のシリーズレコードでもある。その節イチパワーを準優で拝めないのは残念だが、一般戦での走りっぷりに大いに注目するとしよう。

同率首位のアトサキは……??

 予選トップ争いは、もちろん最終レースにもつれ込んだ。
12R
①坪井康晴
②川北浩貴…①①①①③…9・20
③太田和美…①①③①②…8・80
④吉川元浩
⑤横澤剛治
⑥桐生順平

2012_1026_0656  川北と太田の直接対決。これに、すでに予選を終えている丸岡正典の8・33との三つ巴に絞られた。もちろん、有利なのは暫定トップの川北だ。その自力トップ条件を記すと
★④着以内で太田に先着。たとえ太田に先着されても太田②川北③、太田③川北④ならトップ確定。
 一方の太田は
★①着なら無条件で確定。②③着時は、川北の着順がふたつ以上悪い場合のみトップ。
 というものだった。つまり、どちらもスッキリ勝てば文句なしに確定だったのだが、実戦はインの坪井康晴があっさり逃げてしまった。

2012_1026_1136 2番手は……太田!! で、激アツの混戦になったのが3着争いだ。予選トップへ3着が絶対条件の川北、5着ならアウトの吉川、日々パワーアップしている横澤が、組んずほぐれつの交差旋回を繰り返す。その大接戦で3着をもぎ取ったのは……川北だった。貴重な6点増しで、勝率8・67。太田とまったく同率だが、1着数の差でトップを守りきったのだった。今晩の爆笑ブログ『風雲きもり城』のコメント欄はシガシブ&皮切ったヘロタカパイセンのファンが集結し、多いに盛り上がることだろう。

2012_1026_0933  あとは……予選トップ=準優12R1号艇→1着→優勝戦1号艇という花道の優先権を、川北が守りきれるか。過去にSG優出2回。その経験は大きいが、2位の太田、3位の丸岡ともにすでにダービーを制しているツワモノだ。さらに、イン絶対には程遠い「福岡水面」もまたライバルのひとつになるだろう。
 昨日まで5戦連続で万舟を提供し続けた、今節のベストサプライズ男・川北。あと2回逃げきれば、最大のサプライズが完結する。(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

THEピット――勝負駆けはいつだって悲喜こもごも

 勝負駆けはいつだって悲喜こもごも。18位というラインが決まっているからこそ、そこには単なるレースの勝ち負け以上の思いが渦巻く
2012_1026_0129   10R、レース自体がアツかった。篠崎元志、峰竜太、魚谷智之の2~4番手争い。2周目ホームでは魚谷が2番手優勢だったが、1マークで逆転を狙った峰竜太が突進。魚谷がこれを交わす間に篠崎が2番手に上がっている。魚谷は2着6・00、3着5・60という得点状況だったから、このままでは終われない。一方の峰も2着5・83、3着5・50で、2着が欲しいところ。篠崎は準優当確ではあったが、地元SGでひとつでも内枠をと考えれば、この番手を手放すわけにはいかない。で、最終コーナーがもつれた。篠崎、峰、魚谷という隊列で、魚谷が峰の内に果敢な切り返しを放ったのだ。これを交わそうとする峰、そして魚谷はスピードが乗った状態で2マークに突っ込む。これが篠崎の行く手をふさぐかたちになってしまう。結果、2着・峰、3着・篠崎、4着・魚谷。もし淡々と回ったならありえなかった順番で3人はゴールを通過している。
Uu5w3382  戦いが終われば、ノーサイドである。陸に上がると、まず峰が魚谷のもとに走っていった。たしかに、2周1マークで峰がアタックをかけなければ、ここまでもつれることはなかっただろう。峰の顔は申し訳なさそうに歪んでいる。魚谷はこれに左手をあげて応えている。レースが終われば遺恨などないのだ。次に、魚谷が篠崎のもとに駆け寄った。最終コーナーはやはり心にひっかかりを残すものだっただろう。もちろん篠崎も、いえいえと魚谷の謝罪を制している。そして、峰も篠崎にペコリと頭を下げた。盟友とも言うべき二人だから、因縁など残るわけはないが、それでも……いや、だからこそだろうか、峰は後輩に対して礼を尽くしたわけだ。
Uu5w3930   結果的に、魚谷は不良航法をとられている。もちろん3周2マークだ。篠崎が受けた被害を思えば、仕方のないジャッジだろう。だが、僕は魚谷の闘志を否定したくない。むしろ、敬意を表したい。そして、ともに戦った峰と篠崎をも讃えたい。ノーサイドで終わったからこそ、なおさら。結果、峰は準優に残った。魚谷が反則をとられたことに対して憂鬱な表情を見せてもいたが、この激戦をともに戦った魚谷の分まで準優を思い切り戦ってほしい。魚谷もあと2日、スッキリとした気持ちで激しく戦ってほしい。

Uu5w3855  11Rは、白井英治の勝負駆け失敗が痛々しかった。ドリーム1着、2日目2着3着。予選前半を順調に乗り切った勝率ナンバーワン男の予選落ちを誰が想像しただろうか。白井自身、まったく頭になかっただろう。3日目の大敗でにわかに首元が寒くなり、しかし巻き返すべく2号艇で出走した11R。2着6・17、3着5・83という状況で、結果的には3着でも次点となってしまっているが、それでもまさか予選落ちをほぼ確定的にしてしまう4着=5・50に終わってしまうとは。
 レース後の白井の顔は、泣き顔だった。泣いていたわけではない。泣きだしそうだったというわけでもない。だが、顔は激しく歪み、もし涙が流れていたとしても不思議ではない表情。まさかの敗戦をやってしまった……自分でも信じたくない現実に、ただただ悲嘆にくれているという雰囲気だった。
Uu5w3677  その表情を見た後に、川﨑智幸の淡々とした様子を見て、実に不思議な心持になったのも確かだ。川﨑は3着で6・00、そして1号艇。伸びる赤坂俊輔、丸岡正典がセンターに構えるイン戦は、大敗の危険性も充分にあったわけだが、きっかりと逃げて予選突破。ホッとするとか、歓喜するとか、そうした様子があってもおかしくはないと思ったわけだが、川﨑は表情を特別変えることもなく、なんとも穏やかにレース後を過ごしているのである。これこそキャリアのなせる業ということだろうか。しぶとく着をまとめて最後に1着を獲り予選突破という航跡も含めて、そのたたずまいは何とも言えずシブく感じられたのだった。

2012_1026_03012012_1026_0672 12Rは、まず太田和美と川北浩貴の「予選トップ争い」が注目を集めていた。1着を獲れば、トップ確定。その時点で1位だった川北は1着でなくとも先着すればトップ。太田は川北に先着することが絶対条件で、着順の差がひとつならば上位着順の差などで川北に軍配が上がるため、ふたつ以上の着順差をつければトップとなる。で、結果は太田2着、川北3着。二人がどこまで条件を把握して戦っていたかはわからないが、太田はレース後に川北にニッコリと笑いかけて健闘をたたえ合っている。川北は報道陣に囲まれて、1位を告げられると一瞬だけ目を見開いた。ともあれ、両者の直接対決の結果、川北がトップ通過となり、引き続きシリーズの主役として明日を戦うことになる。
2012_1026_0774  そうした興味が盛り上がるなか、坪井康晴はしっかりと逃げた。レース直前、たまたまニアミスしたのだが、これがまた何ともスッキリした表情。2着6・00、3着5・67だったから、絶対に2着は外せないイン戦で、しかし坪井はまったく心乱れることなく、レースに臨んだようだったのである。
 レース後、坪井はなぜか走ってカポック着脱室に向かっている。JLC展望番組で勝ち上がりインタビューを担当している青山登さんのマイクを振り切っての速攻劇。レースも、レース後も逃げ切り!? もちろん最後は青山さんの質問にちゃんと答えているが、なんとも不思議な疾風のごとき動きだった。
Uu5w3757  あ、あとこのレースでは、吉川元浩の安堵したような表情も印象的だったな。4着条件で、しかし横澤剛治と接戦となっての4着。苦労した時期のあった吉川が、賞金王制覇の地で本格的にSGに戻ってきた。変わらず男っぽい顔つきを見ながら、僕はなんだか嬉しくなってしまったのだった。(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

準優勝戦メンバー確定!

準優勝戦メンバーが確定しました。予選トップは川北浩貴。太田和美と同率でしたが、上位着順の差で1位通過に。4連勝が効きましたね。太田と丸岡の奈良コンビも1号艇。予選18位は濱野谷憲吾でした。

10R
①丸岡正典(奈良)
②山口剛(広島)
③川﨑智幸(東京)
④横澤剛治(静岡)
⑤吉川元浩(兵庫)
⑥峰竜太(佐賀)

11R
①太田和美(奈良)
②篠崎元志(福岡)
③赤坂俊輔(長崎)
④山田哲也(千葉)
⑤鎌田義(兵庫)
⑥勝野竜司(兵庫)

12R
①川北浩貴(京都)
②石川真二(福岡)
③中島孝平(福井)
④池田浩二(愛知)
⑤坪井康晴(静岡)
⑥濱野谷憲吾(東京)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

“本紙予想”ダービー4日目後半

7R 
1コース想定=勝野 まくられ率2.4% 差され率16.7%
2コース想定=中島 逃がし率34.2%
辻のカド自在戦に期待する。
◎辻 ○勝野 ▲中島 △坪井
3連単4-123-全

8R 
1コース想定=深川 まくられ率13.0% 差され率10.4%
2コース想定=山口 逃がし率41.0%
深川が勝負駆けの気迫で先マイ。
◎深川 ○山口 ▲服部  
3連単1-24-全

9R 
1コース想定=前本 まくられ率14.8% 差され率16.0%
2コース想定=井口 逃がし率56.0%
前本が井口を壁にしてきっちり逃げる。
◎前本 ○田中 ▲今垣 △鎌田   
3連単1-456-全

10R 
1コース想定=石川 まくられ率10.0% 差され率10.0%
2コース想定=篠崎 逃がし率41.7%
石川が着実なターンでしっかり逃げる。
◎石川 ○吉田 ▲松井 △峰  
3連単1-354-全

11R 
1コース想定=川﨑 まくられ率13.6% 差され率10.2%
2コース想定=白井 逃がし率40.5%
赤坂が快足機活かしてひとまくりだ。
◎赤坂 ○丸岡 ▲山崎 △川﨑    
3連単3-451-全

12R 
1コース想定=坪井 まくられ率17.2% 差され率22.4%
2コース想定=川北 逃がし率29.5%
川北が2コースから自在な攻めで抜け出す。
◎川北 ○坪井 ▲吉川 △横澤
3連単2-145-全


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

THEピット――勝負駆けの表情

 勝負駆けというと、ボーダーが明らかになってくる終盤に目を向けてしまうのだけれど、もちろん前半からアツい、のである。
 3R、新田雄史が2着で6・00という条件で出走。そしていったんは2番手に上がったのである。
Uu5w1579 「よしっ!」
 隣でモニターを見ていた峰竜太と平本真之が声をあげる。そうか、平本は同期ではないか。ボーダーがどのへんに落ち着くかはまだわかっていないけれども、2着なら目安の数値には辿り着けるということを、彼らもわかっていただろう。俄然、声援に熱が入る。
 しかし、新田は赤岩善生の追撃を受けて、番手を下げてしまう。
「あぁっ」
 3着なら5・60。予選突破はぐっと遠のいてしまう。平本と峰が祈る。新田も奮闘する。どうだ、再浮上はあるか!?
「あ~~~」
 新田はさらに山崎智也の追い上げを受けて、4番手に下がってしまった。もう絶望的だ……。ふと二人の表情を見ると、苦笑い。あ~あ、せっかく2番手にいたのに、やっちまったな! そんな感じだった。
2012_1025_0067   ボートリフトでは、さらに篠崎元志も苦笑いを浮かべていた。こちらも同期生。整備室でレースを観戦していたようだが、祈る思いで見ていたのは平本らと同様だろうし、やっちまったな!という思いも同じだっただろう。同世代の岡崎恭裕も、やはり同じ表情である。
2012_1025_0153  そこに師匠の井口佳典も加わって、同じ表情を見せる。みな、一時は歓喜に沸きつつ、最後はずっこけたという感じか。あいつ、本当にもう、やっちまったな!
Uu5w3449  そんな仲間に出迎えられて、新田はふっと肩を落とす。顔を見ると、やっぱり苦笑い。仲間の表情に呼応して、やっちまいました……、という表情を見せていた。う~ん、惜しい!
Uu5w3460  その後も、坪井康晴が同じ表情で歩み寄って慰めているなど、近い関係にある選手たちは一様に同じ思いを抱いたらしい。なにしろ新田は6号艇。厳しい立場にありながら一時は希望を手にしていたのだから、誰もが「惜しい!」という思いになったわけだ。無念、新田雄史、明日明後日とそんな仲間たちに最高の笑顔を見せてくれ!

2012_1025_0133  とっても珍しいものを見た。山崎智也が顔をしかめていたのだ。
 ここでもう何度も何度も書いてきた。敗戦後の山崎智也は笑う。勝ったあとには意外と淡々としているのに、負けたときほど笑顔を浮かべるのだ。それは、決して本音ではない。悔しさを他者には見せないように、笑顔で覆い隠すのだ。いちど、4着くらいに負けたあとに、カポック脱ぎ場でやはりニコニコとしていた智也が、ふとうつむいて暗い表情を見せ、1秒ほどで顔を上げるとまた笑っていた、というシーンを目撃したことがある。これが智也なのだと、その勝負への彼なりのこだわりに感心したものだった。
 3R、智也は笑っておらず、どちらかというと淡々とした表情でピットに戻ってきている。エンジン吊りの間も、その表情はほとんど変わらなかった。
 着替えを終えて屋外ペラ調整所にやって来た智也に、廣町恵三さんが声をかけた。その瞬間。智也の顔が激しく歪んだのだ。1マークでは2番手を走りながらも2マークで後退し、なんとか3着まで押し上げたものの、後半の勝負駆けを苦しいものにしてしまった。悔しい一戦だったのは間違いない。それを智也はこれまで表にはあまり出さなかったし、僕も見たことはなかったのだが、廣町さんの前では悔しさを全開にしたのだ。師匠・廣町さんが相手だからこその本音。その場に偶然立ち会えてしまった僕は、実に貴重なものを目にできたような気がして、智也には申し訳ないが幸甚と感じてしまったのだった。
 やはりこの男の魂は熱い。

Uu5w2387  さてさて、これから勝負駆けを迎える選手たちは、それぞれに調整や試運転で準備を整えている。係留所から上がってきた鎌田義は、こちらの顔を見つけると、笑顔で「今日もしっかり走ってきますわ」と柔らかく言った。こちらも、頑張って、と声援を送るわけだが、カマギー、目が笑っていない。9Rの勝負駆けに向けて、すでに闘志が沸点を迎えようとしているのだ。やはりこの男の魂も熱い。そして、とことん勝負師なのだ。(PHOTO/中尾茂幸=篠崎、井口、山崎 池上一摩=平本、新田×2、鎌田 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”全日本選手権4日目

こんにちは。Kです。昨日、H記者がマンシュウゲット! 夜は大変美味しいイカとゴマサバ、日本酒をいただきました。K藤栄師範代も来福しておりまして、まるでBOATBoy「BR時評」のような展開になりましたねえ。書けない話も多々、でしたが。

1R
1コース想定=服部 まくられ率5.6% 差され率23.6%
2コース想定=西島 逃がし率38.9%
辻が予選突破へまずは1勝だ。
◎辻 ○服部 ▲江口 
3連単2-13-全

2R
1コース想定=峰 まくられ率9.1% 差され率23.6%
2コース想定=勝野 逃がし率52.5%
厳しい条件の峰が逃げて後半に望みつなぐ。
◎峰 ○岡崎 ▲今村 △菊地
3連単1-456-全

3R
1コース想定=平田 まくられ率7.5% 差され率20.8%
2コース想定=田中 逃がし率41.2%
パワー上位の平田がきっちりと逃走。
◎平田 ○田中 ▲山崎
3連単1-23-全

4R
1コース想定=大嶋 まくられ率14.3% 差され率22.6%
2コース想定=烏野 逃がし率31.8%
持ち前のS攻勢で山田が豪快カドまくり。
◎山田 ○瓜生 ▲湯川 △大嶋
3連単4-561-全

5R
1コース想定=吉田俊 まくられ率3.8% 差され率28.3%
2コース想定=池田 逃がし率57.5%
吉田俊が池田を壁にして気合満点の逃走。
◎吉田俊 ○平本 ▲井口 △丸岡
3連単1-345-全

6R
1コース想定=古賀 まくられ率2.9% 差され率15.7%
2コース想定①=濱野谷 逃がし率51.4%
2コース想定②=江口 逃がし率31.4%
江口、松井が動いてコース微妙。深くなるなら濱野谷の強襲狙う。
◎濱野谷 ○古賀 ▲松井
3連単2-16-全

後半は後ほど!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

4日目!

おはようございます。福岡SG全日本選手権は4日目。今日は雨空になりました。気候が変わればモーター気配も変わる、と言われますが、果たして。選手たちは調整に忙しい一日になるかもしれません。水面傾向はどうなるでしょうか。

2012_1025_0115 瓜生正義がまさかの苦戦です。1着でもボーダーには遠そうで……。それでも、地元のエースとしてこのままでは終われない。残り3日間、強い艇聖を期待したいところです。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡ダービーTOPICS 3日目

完成、一気通貫!!

2012_1025_1033 今日のイン成績
④⑥⑤①③⑤④①③③④⑤
1着率17% 2連率17% 3連率42%

 これがイン受難・福岡ボートの恐ろしさだ!! 逃げきったのは、鎌田義と山田哲也のふたりだけ。ミスター今村も、4連勝の川北も、艇聖・瓜生正義も、イン戦で敗れ去った。で、今日の前半戦で、どうでもいいけどちょっとユニークな記録が生まれた。
 まずは1R、イン水域がガンガンやり合っている間に、6号艇の吉田俊彦がアウトからこっそりと抜け出した。今節初めての「まくり差し」決着で、3連単6-2-3は300倍。この波乱を皮切りに、3連単のフォーカスはもう、6色が滅茶苦茶に入り乱れるビックリ箱状態となった。
1R…623
2R…345
3R…523
4R…143
5R…451

 赤青黄色、なんでもござれ。「SGでこんなカラフルな配色って、ありえねぇ~」なんて思ってたら、脳裏にぼんやりと麻雀牌が浮かんできた。1着の艇番は63514…って、次に2号艇が勝ったら一気通貫ぢゃん!?
2012_1025_0459  そして、6Rは2号艇の太田和美が豪快にまくりきった。鮮やかな“一通”の完成である。リーチ一発でツモっちゃったのである。まぁ、だから何だって言われればそれまでの、他愛のない数字遊びなんですけどね。でも、私はこの“一通”に、福岡のただならぬ底力を感じるのである。少なくとも、住之江や大村のSGとは、別世界の“競艇”が行われている。どちらがいいかは好みが分かれるところだが、もちろん、穴党の私はこの福岡が大好きだ。123のチャンタ3色ばかりのSGより、タンヤオ、一通、六蓮宝燈……何でもありの麻雀、いや、レースが楽しくて仕方がない。
 昨夜、天神の激安・生そば居酒屋(モツ鍋1人前290円!!)で、K記者と昔話に花が咲いた。やたらと記憶力のいいK記者が、懐かしそうに呟く。
「6年前の福岡ダービーの準優、覚えてます? 3レースとも、ぜ~んぶ6コースが勝ったんですよ」
 やたらと記憶力の悪い私はすっかり忘れていて、新鮮な驚きに鳥肌を立てる。
「マジッ??? 死ぬほどインが強いSGの準優で、オール6コース勝ち????」
 一通どころか、緑一色の三暗刻ってあんた……。
 今年の準優、優勝戦は、どんなデッカイ役が飛び出すのか。福岡だかこその大役満を、リーチ一発でツモることに専心したい。

同期の功罪

2012_1025_1091    川北浩貴に野心があったかどうかは不明だが、我らがチャーリー池上の「完全優勝が見たい」という夢は破れた。1号艇で……。
 まずは前半の5R、無傷の連勝街道をひた走る川北は、4号艇という難関をも軽々と突破した。枠なりの4カドから、3コース瓜生正義の握りマイに連動して鮮やかなまくり差し。プレッシャーを微塵も感じさせない完勝劇だった。これで初日から4連勝。残るは1号艇と2号艇のみ!

2012_1025_0836   5連勝を目指す9R、イン水域へと向かう川北に難敵が襲い掛かる。同期の深川真二だ。競輪なら「川北、ワシがお前をガードするばい」ってな2コース進入なのだが、ボートレスは真逆。水面では同期もへったくれもなく、むしろ「お前だけにいい思いをさせてたまるかっ!」みたいなライバル心を燃やす選手も多い。
 事実、この大一番は、スリット同体から深川が渾身の2コース差しを突き刺した。本栖訓練所で苦楽(苦苦か?)を供にした盟友が、大偉業の夢を切り裂いたのだ。
 まあ、完全Vは数字の遊びの部類であって、川北にとって重要なのは「SGを制覇すること」に違いない。そう考えれば、この3着でマスコミのフィーバーは一段落するし、本人的にも余計な肩の荷がひとつ下りたことになる。悔しい敗戦ではあっただろうが、婉曲的には同期・深川の援護射撃だったかも?
 明日は2号艇で予選トップを狙う川北。2位・太田和美との直接対決(もちろん12R)が楽しみだ。

幸運のホクロ

今日の万太郎
2連単2本、3連単8本!!!!

2012_1025_0729  SGで絶対的な権力を誇るイン選手がボコられたのだから、荒れないわけがない。万シュー万シューまた万シュー、全レースの実に3分の2が万太郎で占められた。それらを逐一書いていたら明日の朝までかかるので、私事でお茶を濁したい。
 穴党を自負し、スケベな穴舟券ばかり買い、これだけ大穴が飛び出しているのに、私の財布はどんどん薄くなっていった。9Rは4連勝の川北を蹴飛ばし、345BOXを買っていて、一瞬⑤深川③鎌ギー④平本の790倍が出来上がった。が、平本が川北に抜かれて紙屑に。10Rの極選予想(6-25-全)もド真裏の2-6-1で大魚を逸した。狙いすぎスケベすぎの連続で、ついに私の財布は事切れたのだった。
「おかしい。こんなはずじゃ……」
 私は自分の股ぐらをまさぐった。今日の私の“お稲荷さん”には、ポツンと小さなホクロが刻まれている。朝、場内のトイレでボールペンで付けたものだ。
「金○袋にホクロがある人は、博才や金運が強い。だから、ギャンブルで勝とうと思ったら、油性マジックなどで金○袋にホクロをひとつ入れればいい。テキメンに変わるから、騙されたと思って、いつか試してみなさい」
2012_1025_0738  こう教えてくれたのは、ちょっとブレークし始めてる霊能者・エスパー小林世征先生だ。福岡に来る前、雑誌のインタビューの最後にこっそり?教えてくれたのである。初日の7Rから18連敗を喫した私は、ついにホクロのご利益にあやかろうと思ったわけだ。
 が……ご利益どころか、損益が膨らむばかり。一旦できかかったのが紙屑になるわ、真裏を喰らうわ、最悪の展開の果てにジ・エンド。
「小林先生の、嘘つき」
 無一文で舟券が買えない11R、私は心の中でこんな悪態をついていた。つか、本当にお稲荷さんにペンを入れるあたりが、どうかしているのだが。
 で、私がヒマこいていると、中尾カメラマンが横にやってきて、11Rの6人全員のパワー診断を聞いてきた。ヒマな私はあれこれ答える。それを参考に中尾が舟券を買う。で、モノの見事に的中する。私にとっては、どうでもいい11Rだった。
「じゃ、これ、コーチ料ね」
2012_1025_0283  中尾が千円札を2枚くれたのは、12Rの発売中だった。ありがたくはあったが、今日の流れで増やせるわけもなし。私はほとんど何も考えずに、ヤケクソの舟券を買った。1号艇の瓜生を蹴飛ばし、事故パンの山口剛から丸岡と赤坂へ。それと、この3人の234ボックス。

2012_1025_1081  レース中の私の絶叫は、東京あたりまで届いただろうか。山口がまくり、赤坂が連動し、丸岡が3番手に粘っている。池田の追撃を退けて、342で236倍。それを私はWで召し取った。財布の中身がゼロ円(正確には36円)から、なぜか5万近いカネが転がり込んだのである。
「ありがと、こんな奇跡的なことも、あるんだなぁ……」
 しみじみ中尾に呟いたとき、私は、あの存在を思い出した。“お稲荷ホクロ”を。あのホクロを書き込んだ(ボールペンは痛かった)朝、私の所持金は5000円足らずだった。終わってみれば、回収率1000%にも近い大勝だったことになる。しかも、無一文からの超ミラクルなわらしべ逆転劇で!!
 もはや、〆の言葉はバレバレだろう。
 ねえ、騙されたと思って、皆さんも大切なお稲荷さんに…………。(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

THEピット――懸命に

Uu5w2681  その場にいた人たちの声がんぐぐっとくぐもる。烏野賢太と川﨑智幸もいて、ふーっと溜め息をついていた。
 川北浩貴が流れて差された瞬間。1号艇で連勝が途切れるなんて、こんなこともあるのか……。やがて皆の顔は苦笑いになっていった。どの顔にも、5連勝見たかった、と書いてあった。
Uu5w2957  川北自身も、もちろん苦笑いである。無傷で1号艇を迎えてどんな心境だっただろうか。スタートで思い切り放って、伸びられて焦って、1マークはハンドルが入らなかった、というのが真相であるらしい。放った? コンマ18ですよ、スタートタイミング。やはり多少意識はしていたか。そして少しカタくなったか。敗れてもなお、報道陣に取り囲まれる川北は、やはり今節の主役である。しかし、この敗戦がどう出るか。その表情は、肩の荷が下りたようにも、痛恨の敗戦に動揺しているようにも、どちらにも受け取れるものだったのだが。
Uu5w2841  で、エンジン吊りを終えた川北に真っ先に駆けつけたのは、山崎智也。川北の無念をもっとも身近に感じていたのは、やっぱり智也なのであった。
Uu5w2907  そういえば、川北の連勝を止めたのもまた、同期の深川真二である。陸ではいたわり合い、水面では真っ向勝負。これがこの世界の厳しさでもあり、美しさだ。深川は、1着という結果にも相好を崩す様子はなかったが、予選突破に望みをつなぐ勝利だったのだから、安堵の思いはあったことだろう。

 さてさて、後半はとにかく川北に注目が集まるピットとなっていたわけだが、天邪鬼の僕の目は、レースの間の水面に向かっていたのだった。係留所に、やけにピンクの旗が多かったのだ。ピンクの旗とは、レースを終えたあとに試運転を行なう選手がつける艇旗。レース後の試運転はそりゃ珍しいことでもなんでもないが、SGで係留所にこれだけピンクがずらり揃うのはあまり記憶にはない。
Uu5w2772  何しろ、吉田俊彦のボートがピンクの旗をつけて係留所にあるのである。吉田は今日、1R1回乗り。6コースから1着を奪っている。それでも、遅い時間帯にピンクがついているということは、もちろん機力への満足がほとんどない、ということだ。ペラを叩き、試運転をし、またペラを叩いて、試運転へ。今日、もっとも長く水に浸かっていたのは吉田のボートだろうし、もっとも長く動き回ったのも吉田であろう。
2012_1025_0226  同じく吉田、こちらは拡郎のボートも係留所にあった。拡郎は2R1回乗り。こちらは1号艇ながら6着と大敗してしまっている。ゴンロクばかりが並ぶ成績で、パワーに納得しているはずはないだろう。だが、拡郎は勝負を投げていない。少しでもパワーを上向かせるために、今日一日、懸命に動いたのだ。10月25日、「吉田」の労働量はハンパじゃなかったというわけだな。
Uu5w3014  湯川浩司は、いったんは陸に上げていたボートを、10R発売中に再度着水している。10R終了後には帰宿バスの1便が出発する。そちらに乗るなら、身の回りの片づけをするべき時間に、湯川はさらに走りに行ったのだ。11R発売中には、いち早くボートに乗り込んで、試運転可能の緑ランプがついた瞬間に、水面に飛び出している。その頃、バスはレース場を後にしていたが、湯川はまるで見向きもせずに、走りまくったのだ。
2012_1025_0672  試運転をしていたわけではないが、菊地孝平の姿も印象的だった。屋外ペラ調整所に、まるで根が生えたかのように、へばりついていたのだ。もちろん菊地も1便バスに乗ろうという気配すらない。一か所に腰を下ろし、一心不乱にペラを叩き、終盤の時間帯をそれだけに費やしている。ここまでまったく振るわない成績だが、菊地もまた戦いを捨ててはいないのだ。屋外調整所だというのに、Tシャツ一枚で過ごしていたが、ペラを叩く手に力が入って、少しも寒さは感じていなかったに違いない。

2012_1025_0030  で、試運転もペラ叩きもしておらず、ただし準優当確の男が整備室にこもっていた。
 篠崎元志だ。
 1着2着と上々の成績で3日目を乗り切り、その直後に整備室に飛び込む。本体をバラしており、ピストンをてにしている姿が目に入った。2日目、ピストンリング2本。3日目前半、ピストン1本。3日目後半、ピストン1本。3日目の整備はおそらく元に戻したのだろうが、昨日から篠崎はとことん本体を整備している。予選突破はほぼ確実という成績だとはいえ、機力にはまるで満足していないのだ。勝つためには、これではいかん。パワーアップしなければ、優勝には届かない。篠崎は本気で、ソレを狙っているのだ。福岡勢が苦戦する中、明日以降、地元選手でもっとも強い気迫で戦うのは、この凛々しい男に違いない。(PHOTO/中尾茂幸=拡郎、菊地、篠崎 池上一摩=それ以外 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の勝負駆け情報!

予選3日目が終了しました。激戦の連続でありますが、それを反映してか、川北や太田のようにぶっちぎりの快走を見せる選手がいる一方で、それ以外はかなりの混戦。現時点で18位の濱野谷憲吾が得点率5・75なのだから、ボーダーのゆくえはかなり混迷しそうですね。いちおうここでは、5・80をボーダーラインと想定し、明日の条件を記しています。うわっ、当確多いなあ。賞金王ボーダー付近の坪井や智也、辻、服部あたりが厳しい条件を課せられているというのも興味深い。白井も17位だし。賞金王戦線をにらんでみても、面白い勝負駆けになりそうですね。

1 川北浩貴  当確
2 太田和美  当確
3 丸岡正典  5・6着
4 篠崎元志  当確
5 中島孝平  当確
6 松井繁   4・5着
7 池田浩二  当確
8 山口剛   当確
9 赤坂俊輔  当確
10 鎌田義   当確
11 横澤剛治  3・6着
12 石川真二  4着
13 吉川元浩  4着
14 桐生順平  4着
15 古賀繁輝  3着
16 川﨑智幸  3着
17 白井英治  3着
18 濱野谷憲吾 3着
19 今村豊   2着
20 山田哲也  2着
21 山崎智也  2・3着
22 魚谷智之  2着
23 三嶌誠司  2着
24 新田雄史  2着
25 田中信一郎 2・3着
26 深川真二  1着
27 茅原悠紀  2・2着
28 烏野賢太  1着
29 辻栄蔵   2・2着
30 中澤和志  2・2着
31 坪井康晴  2・2着
32 勝野竜司  2・2着
33 井口佳典  1・2着
34 岡崎恭裕  ※1着相手待ち
35 瓜生正義  -
36 吉田俊彦  1・2着
37 峰竜太   1・2着
38 服部幸男  1・2着
※35位瓜生、39位以下は1着、1・1着でも2点以上不足。


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

H記者の『穴・極選』3日目

 初日の6Rから参戦していきなり圧勝、財布に5人の諭吉さんが鎮座ましまし、それから怒涛の24連敗で英世さんがふたりだけになってしまったHです。救いの神は、いずこに?? 昨日の転覆で人気を落としたであろう絶好調男にすがり付きます!!

10R
 ①新田雄史
★②茅原悠紀
 ③佐々木康幸
 ④白井英治
★⑤田中信一郎
◎⑥石川真二
進入162/345か612/345

 昨日の最終Rは、2着濃厚な流れで妨害転覆を食った石川。本来なら212着で予選の3、4位なんですよ。それが6・00のボーダー付近。そりゃ、進入から燃えます。スタ展で2コース、本番でイン強奪まであると思います。で、今節の気合いとパワーなら、多少の深いスローでも大丈夫。イン逃げ、もしくは昨日同様の2コース差しで、バック付き抜けます。人気の白井は、ちと気配落ちかも。盲点の茅原と信一郎へ。

3連単★6-25-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

“本紙予想”ダービー3日目後半

7R 
1コース想定=桐生 まくられ率3.7% 差され率18.5%
2コース想定=湯川 逃がし率53.2%
湯川を壁にして桐生が逃走だ。
◎桐生 ○湯川 ▲池田 △平田
3連単1-245-全

8R 
1コース想定=山田 まくられ率5.9% 差され率13.7%
2コース想定=西島 逃がし率38.7%
山田が韋駄天スタートで逃げ切る。
◎山田 ○烏野 ▲菊地  
3連単1-34-全

9R 
1コース想定=川北 まくられ率10.0% 差され率18.6%
2コース想定=赤岩 逃がし率41.2%
深川の前付けで内深くなれば、カドに引く鎌田の抜け出し期待できる。
◎鎌田 ○川北 ▲平本 △吉川   
3連単3-146-全

10R 
1コース想定=新田 まくられ率6.3% 差され率15.6%
2コース想定=石川 逃がし率32.7%
石川2コース想定も進入難解な一戦。自在に構えられる茅原にチャンスある。
◎茅原 ○新田 ▲白井 △田中  
3連単2-145-全

11R 
1コース想定=魚谷 まくられ率10.5% 差され率12.3%
2コース想定=松井 逃がし率45.5%
魚谷が外制して逃走。怖いのは山崎のカドまくり利す濱野谷。
◎魚谷 ○濱野谷 ▲松井    
3連単1-62-全

12R 
1コース想定=瓜生 まくられ率11.5% 差され率18.0%
2コース想定=丸岡 逃がし率46.2%
ここは瓜生が負けられないイン戦だ。
◎瓜生 ○赤坂 ▲山口 △池田
3連単1-436-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――朝早くから

Uu5w1511  何度も書いていることだが、3日目の朝というのは意外と静かなものである。大きな整備はたいてい2日目までに行なわれており、3日目ともなるとあとはペラのみという選手が少なくない。機力好調にして後半戦出走という選手なら、それほどドタバタする必要はないし、したがって初日や2日目にあったような慌ただしさはぐっと減退するものだ。そんななかで山田哲也が本体に手をつけていて、これはSGではわりと珍しい光景だったりする(ただし朝の特訓が終わったあとのお話です)。
2012_1023_1397  整備室には石川真二もいて、これは昨日の転覆が理由だろう。1R終了直後にモーターをボートに装着しており、一通りの点検は終えたか。JLC解説者の秋山基裕さんに「身体は大丈夫?」と聞かれて、「まだ若いですわ~」と爽快な笑顔。特に大きな負傷はないようで、まずは一安心といったところだ。好調モードで来ていたところに、あのアクシデント。痛恨ではあるが、まだまだ予選突破は充分のポジションだ。モーター気配に異常がなければ、進入も含めて、魅せるレースを見せてくれるだろう。昨日の一旦停止でむしろ気合に火がついたと見えたが、果たして。

Uu5w1699 屋外ペラ調整所のいちばん目立つところに、王者がいた。赤いウェアを着ているからか、それともそれが王者のオーラなのか、やっぱり松井繁は視界に飛び込んできてしまう。今日は11R1回乗り。ダービー覇者対決に出陣する。ならばもう少しゆったり過ごしてもいいはずだが、松井は朝から作業に励む。BOATBoy11月号のインタビューで「一生懸命ペラ叩いて、一生懸命試運転して、いつも通りにやるだけや」と語っているわけだが、出番がどこだろうがここまでの成績がどうだろうが、松井はいつも通りに朝から動いているというわけだ。機力に不安があるから早くから動いているという見方もできるわけだが、今朝はどうしたことか松井のほうから声をかけられて少し会話を交わしており、その第一感は、気分上々、であった。感触が悪かろうはずがない、と感じたのだがどうか。
Uu5w1839  早くから動いていたというなら、茅原悠紀も同様だった。こちらは10R1回乗り。まあ、新兵が朝からのんびりしているわけにはいかないのは確かだが、雑用のかたわらにボートを着水させる準備やペラ調整などにも駆け回っているのだから、やはり早い始動と言うべきだろう。
Uu5w1988  あ、それをいうなら、田中信一郎の名前もあげなければならないだろう。係留所から上がってくるジャイアンツカラーの信一郎は、すでに試運転などに取り組んでおり、もちろん合間にはペラ調整に走るわけだから、早くから精力的だ。おぉ、石川真二も含めて、10R1回乗り組はみな早々に動き出しているのであるな。見習って、明日は僕ももっと早起きしよう(違うか)。

Uu5w2328  さてさて、そんなピットに響く、きゃははという笑い声。その方向に目をやると、今村豊と池田浩二がじゃれ合っていた(笑)。今村豊が誰かとじゃれている、というのはちっとも珍しい光景ではありません。それが何日目であろうと。
Uu5w2011  今日の今村劇場は「ダービー覇者同士の殴り合い」。今村が池田のボディにパンチ一発! 池田も押収して今村のボディにパンチ! もちろん殴るフリだけですが、お互いのどてっ腹に拳を向けて、ニヤニヤニヤ。言うまでもなく、今村も池田も作業は、もちろんレースも真剣勝負で戦っているわけですが、今村豊がその合間に作り出す素敵な空気は、いつ見ても微笑ましいのであります。(PHOTO/池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”全日本選手権3日目

ども。Kです。今節は本当に面白いな~。というわけで、仕事終わるとシュー長と激論交わす毎日です。美味い酒だよな~(私信ですが、U記者、仕事はちゃんとしてます……)。今日は舟券勝って、さらに美味い酒を飲みたいな~。

1R
1コース想定=岡崎 まくられ率14.9% 差され率14.9%
2コース想定=西島 逃がし率38.7%
西島の前付けを入れて、中澤がまくり一撃。
◎中澤 ○平本 ▲岡崎 
3連単3-41-全

2R
1コース想定=吉田 まくられ率3.5% 差され率26.3%
2コース想定=大嶋 逃がし率34.8%
篠崎のカドまくりを吉田が張れば前本に展開ありそう。
◎前本 ○山口 ▲吉田 △篠崎
3連単4-613-全

3R
1コース想定=菊地 まくられ率10.2% 差され率13.6%
2コース想定=深川 逃がし率27.4%
桐生が3コースまくりに乗って濱野谷が豪快まくり差し。
◎濱野谷 ○菊地 ▲桐生 △川﨑
3連単4-123-全

4R
1コース想定=鎌田 まくられ率9.3% 差され率20.4%
2コース想定=田村 逃がし率40.0%
鎌田が気迫の逃走見せる。
◎鎌田 ○横澤 ▲三嶌 △白井
3連単1-346-全

5R
1コース想定=江口 まくられ率5.5% 差され率21.9%
2コース想定=新田 逃がし率47.8%
瓜生、川北に人気集まるなら、江口の逃げ切りに妙味。
◎江口 ○新田 ▲瓜生 △川北
3連単1-234-全

6R
1コース想定=今村 まくられ率7.7% 差され率15.4%
2コース想定=大嶋 逃がし率34.8%
内が深くなれば、太田が自在な攻めで抜け出す。
◎太田 ○坪井 ▲今村 △中島
3連単2-513-全

後半はのちほど。


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)

3日目!

おはようございます。福岡SG全日本選手権は3日目! 初日2日目とアツいレースが繰り広げられる福岡水面、勝負駆けが見えてくる今日はさらに過熱必至です。あ、ななしさん、ご指摘ありがとうございました。カテゴリミスは時折あります。以後留意します。

Uu5w2127 本日11Rは歴代ダービー覇者対決という企画レース。なんとも豪華な一戦です。そして、12Rにはダービー覇者の一人、丸岡正典が出走。こちらには……瓜生正義も! 思い出す08年の21世紀最高バトル。(PHOTO/池上一摩)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡ダービーTOPICS 2日目

事故パントリオ、奮闘!

今日のイン成績
①①④①②⑤④③①①⑥①
1着率50% 2連率58% 3連率67%

Uu5w1712  今日のイン選手は6勝。昨日よりひとつ増え、2連率と3連率は同じだった。「1号艇はオールSG覇者」という企画だっただけに、相応の強豪がインを占拠した。それで6勝止まりなのだから、明日以降はまた5勝以下になね可能性は高いとみる。
 で、今日のベストイン逃げは文句なしに1Rだ。事故点パンパンの山口剛。あと1回でも責任転覆などをやらかしたら、B級降格という大ピンチなのである。フライングなどはもっての外なのである。「無事故完走、安全第一」が何よりも優先される時期なのである。このダービーが終わるまで辛抱すれば、A1確定なのである。なのに、山口剛、行っちゃいました。
       コンマ01!!!!!!!!
 まさに、死の淵まで足を突っ込んだ。そして、何事もなかったかのような、涼しげなインモンキー圧勝。私も「お、事故パンの身で、よう逃げきったのぅ」なんてお気楽に見ていたのだが、レース後のスリット写真を見て、椅子からのけぞり落ちたぞ。山口のやんちゃは百も承知。だがしかし、ここまで向こう見ずの命知らずだとは……GOちゃん(本当はツヨシね)、わたしゃもう、アンタの虜だぁぁぁぁ!!

Uu5w2169  で、広島の元祖やんちゃといえば、もちろん西島義則。西やんの事故率はさらに厳しく、いかなる減点も許されない状況だ。まさに、針のムシロ。昨日の2走がコンマ29で6着、コンマ27で6着だったのも、心情的に理解できる。そして今日の7Rは、西島にとって痛し痒しの1号艇。「コンマ25前後で、誰かにまくられるのが関の山か」というのが大方の見方だろう。1号艇だというのに、アタマ舟券はさっぱり売れてなかった。
 それでも、西島のスタートはコンマ08!! 本気で勝ちに行った。残念ながら機力がまったく及ばず、桐生順平にまくられ、赤坂俊輔に抜かれ、最後は白井英治にも差されて4着に終わったが、道中の敢闘精神溢れる走りっぷりは私の心を打ったぞ。GOちゃんも西やんも、天晴れの一語だ。

Uu5w1692  そして、イン戦ではなかったが、「もっともA級で事故率の高い男」も激走した。すでに来期のB級降格が確定している今垣光太郎。さらに相応のアクシデントを重ねると「半年間の出走停止」という重罰まで科せられる身の上である。針のムシロを通り越して、地獄の血の池に半身が浸かっている状況だ。昨日は西島と同じ6着6着……。
 西島が奮闘した直後の8R、2号艇の枠番を主張したF2の光ちゃんは、しっかり踏み込んだ。コンマ13。この状況下では、最高レベルの鋭発。そして、インの三嶌誠司が先マイした瞬間、ナイフの如き切れ味でスパーーーンと差し抜けた。光ちゃんのテクを持ってすれば、十分にありえる光景だ。スーパースターの、ごくごく普通の2コース差し。で、2着が今村豊、3着が人気の三嶌で、3連単は450倍!!!! 

Uu5w1947 私はといえば、松井繁と今村の頭から、今垣の2、3着付けを買っていた。そう、私も含め、ほとんどのファンが「アタマはないだろ」という先入観に支配されていたのだ。2コースなのに。嗚呼、何度この男の「平常心」という名の意外性、奇襲、強襲、奇想天外なレースを見れば、我々はきちんと学習できるのだろう!!!!(号泣)
 A1級の事故率トップ今垣、同2位の西島、同3位の山口……この命知らずの事故パントリオは、状況がピンチになればなるほど、人気薄になればなるほど、買い。この鉄則をここにしかと刻んでおく。もう、忘れないどーーーー!

決意のアウト一撃

今日のコース別勝利数
①6勝②3勝③2勝④0勝⑤0勝⑥1勝

Uu5w2151  空には福岡ボート名物の真っ白いかもめが舞い、水面では緑のかもめが飛んだ。いや、かもめではない。篠崎元志だ。ついに、やらかしてくれた。泣く子も黙る6コースアウトまくり。モーター抽選会で2連率28%の不調機を引いてしまった篠崎は、がっくりうなだれたものだった。初日は4、3着。粘り強く着をまとめたが、レース後のコメントは「出足がない」と泣き。
 ならば、スタート勝負しかない。
 そう決意したに違いない。「85期・96期対決」と謳われた6Rの6コースからコンマ06!(←オーメン??) コンマ17に甘んじた5コースの同期・新田雄史を容赦なく叩いた。が、そのまま一気にインまでは届かない。4コースの井口佳典が、舳先の3分の1だけで抵抗する。先輩の意地。

Uu5w2154  ガッツン!!
 元志は先輩の舳先に艇をぶつけ、潰しきる気合いで攻める。たまらず、井口は艇を引いた。あとは、花道。かもめのような優雅さで、インの田村隆信まで軽々と跳躍してみせた。
 まくりは、パワーより気持ち。
 昨日の丸岡正典にも感じたことだが、元志の気持ちが翼に変わったのだ。ユニークな対決企画は、この一事をもって96期の圧勝である。井口2着、湯川3着が、精一杯の先輩の意地だった。

風雲、川北城!!

Uu5w1847 昨日よりものまくりが増えた福岡水面。特筆すべきは、やはり皮切ったヘロタカ先輩……失礼(by爆笑ブログ『風雲きもり城』)、川北浩貴の豪快まくりだ。6号艇だった川北は、臆することもなく前付けに出て3コース奪取。イン井口と2コース服部の小競り合いを尻目に、その上からバッサリ叩き斬ってしまった。まさに独壇場。自分で高級メインディッシュを作って、自分だけで美味しく食べちゃった、みたいな。これで今節2本目のまくり勝ち。しかも、なんとなんと、無傷の3連勝だ!!
Uu5w2077  昨晩、天神の屋台でチャーリー池上が「久々に、SGのパーフェクトVが見たいなあ」とぼんやり呟いた。おそらく、その脳裏には昨日連勝の太田和美が浮かんでいたはずだ。が、2日目を終えて今節のパーフェクトVの可能性を有するのは、この川北だけとなった。まさか、ヘロタカ先輩が……?? そう思う読者は少なくないだろうが、すでに③⑤⑥号艇を1着でクリアした以上、大偉業があってもおかしくないのである。完全Vに憧れるチャーリーよ、明日以降も川北だけを応援しなさい。私は大偉業後の『風雲きもり城』にアップされる記事を、楽しみにするとしよう。ちなみに川北の明日の枠番は、4号艇と1号艇だ。(photos/チャーリー池上、text/H)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (2)

THEピット――若者、そして偉人

Uu5w1679 「置いて行かれちゃいました~」
 峰竜太が頭を掻く。3R1回乗りだった峰は、今日は1便バスで帰るつもりだったようなのだが、身の回りや周囲の片づけをしている間にバスは出発してしまった様子。置いてけぼりを食ってしまったわけだ。
「ちゃんとぜーんぶ片付けてたのに~」
 と笑う峰リュー。別に落ち込んだふうもなく、穏やかに笑っていた。
 それにしても、と思う。今日は1着が出たせいもあるだろうが、峰が実に柔らかな雰囲気だ。足は良くない。出ていない部類だと思うし、本人もそう感じているようだ。かつての峰なら、そうした場合は悲壮感を漂わせていた。わりと気軽に声をかけてくれる峰なのに、機力に苦しんでいるときには挨拶の声をかけても目を合わそうとしない(もちろん挨拶を返してはくる)。しかし、今日の峰はそうではなかった。これも1着が獲れたからというのが理由な気もするが、なんとなく峰竜太はさらに強くなったのかな、と思ったりもした。
 結局、峰はペラ調整所に直行して、ペラ叩きを始めている。本来は宿舎でのんびりしていた時間に、ペラ調整を行なったわけだ。この分だけ機力が上向けば、バスに乗り遅れた甲斐もあろうというもの。明日は気配がガラリ一変していたりしたら、面白いことになるぞ。
Uu5w2055  一方で、岡崎恭裕がちょっと心配だ。元気がないように見えるのである。
 もともとたたずまいはクールで、気合をバリバリに表に出すようなタイプではないが、それでもどこか覇気のなさを感じてしまう今節。11Rは山田哲也を逆転して3着に浮上しているのに、レース後は笑顔もなく、むしろ溜め息をついているような表情だった。山田とレースについて語り合う際も、山田は苦笑いも見せているのに、岡崎は淡々とした表情のまま。まあ、3着浮上といったって、負けは負けなんだけど……。
 峰がペラを叩いているとき、そこには若手の輪ができあがっていた。新田雄史、古賀繁輝の顔があって、そこに岡崎も加わっていた。そのときはさすがに笑みも浮かんでいて、岡崎らしい雰囲気も感じられた。機力には満足していないのかもしれない。SG復帰戦を華々しく飾れるかどうか、不安も大きいだろう。そこをぐっと踏ん張って、明日は爽快な笑顔が見たいぞ! 実は腹の底に気合がたぎっていて、今日のような雰囲気になっているのであれば、そんな岡崎恭裕は大歓迎である。
Uu5w2179 それにしても、この若手の輪の中に、古賀繁輝がいるのはなかなか感慨深いことだ。これまでSG出場のチャンスは何度かあった。ほぼ確定となったこともあった。しかしその都度、フライングなどで出場権を逃した。遠回りして遠回りして、やっとここに辿り着いたわけだ。青山登さんに「やっとここまで来れましたって、今まで自分で棒に振ってたんだろ」と突っ込まれて困ったように笑っていたそうだが、ともかくここは古賀繁輝にふさわしい場所である。2日目を終えて得点率6・00。単なる初出場の選手ではないということを、見せつけてほしいぞ。

Uu5w2079  さてさて、若手の瑞々しい様子を見ているのもたしかに明るい気分になれるが、この二人のツーショットはいつだってドキドキさせてくれる。松井繁と服部幸男だ。ライバルと認め合い、今も切磋琢磨する盟友同士。SGのたびに二人の絡みは何度も見られるが、何度見たって、この二人が一緒になれば眩しいオーラを感じてしまう。
Uu5w1515  今日は、11Rに服部、12Rに松井という出走で、11R後に服部が着替えを置いて装着場に姿をあらわしたのと、松井が展示からピットに戻ってきたのとがまったく同時になったことでツーショットが完成していた。松井が本番用の係留所から渡り橋を昇り切ったら、そこに服部がいたという感じ。どちらからともなく歩み寄り、自然と会話が始まっていた。どうやら服部の11Rでのレース、あるいは機力の手応えが話題になっていたようで、二人とも穏やかな目で言葉を交わしているのであった。明日は11Rで直接対決! レース後はどんな表情で語り合うのだろう。(PHOTO/池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

H記者の『穴・極選~安芸の紅葉編~』

 昨日の6Rを当ててから、ズブズブズブズブズブズブーーーーーのHです。Angelさん、コメントありがとう。カラフルで素敵な予想欄ですね。昨日は200%近い回収率とは、素晴らしい!!
 昨晩、K記者と天神の屋台でポン酒を浴びながら「最近の広島勢はやんちゃで面白い」と盛り上がりました。西島の前付け、市川の突進、山口の転覆(笑)……昨日は前本が突っ込んで不良航法だし。ラフプレーはいかんけど、進入~1マーク~道中までお行儀のいい選手ばっかじゃつまらなすぎる。今日の極選は、広島コンビで勝負!

9R
 ①田中信一郎
 ②江口晃生
 ③菊地孝平
 ④瓜生正義
◎⑤辻  栄蔵
★⑥前本泰和

進入123/456

 辻の足は節イチ候補のひとつ。自力で絞りまくって前本先輩が追随……という展開は夢見すぎか。キーマンはF2の菊地。やはりSが慎重になるところを、瓜生が地元の意地でまくりに行く。しかし菊地とて昨日も丸ちゃんにゴリゴリ攻め潰された身の上ね「2回目は許さーーーん(怒)」と張り倒します。その間に超抜の辻が付きぬけ、前本があの手この手で2、3着に来る。これなら十分にありますよ!! 辻アタマ固定の前本ヒモ付け。それに、今日はインが強そうなので1-5-6だけ1点押さえます。

3連単★5-6-全、5-全-6


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

“本紙予想”ダービー2日目後半

7R 
1コース想定=西島 まくられ率16.0% 差され率16.0%
2コース想定=赤坂 逃がし率38.8%
坪井の4コース自在戦に妙味ありそう。
◎坪井 ○西島 ▲赤坂 △白井
3連単4-125-全

8R 
1コース想定=三嶌 まくられ率4.6% 差され率30.8%
2コース想定=今垣 逃がし率48.7%
三嶌が強敵相手にがっちり逃げる。
◎三嶌 ○松井 ▲赤岩 △今垣  
3連単1-432-全

9R 
1コース想定=田中 まくられ率7.1% 差され率12.5%
2コース想定=江口 逃がし率30.6%
菊地のまくりブロックして田中が逃走。江口との一騎打ちか。
◎田中 ○江口   
3連単1=2-全

10R 
1コース想定=池田 まくられ率7.1% 差され率17.9%
2コース想定=深川 逃がし率26.5%
魚谷のまくり差しに期待したい。
◎魚谷 ○池田 ▲田村 △古賀  
3連単3-145-全

11R 
1コース想定=井口 まくられ率9.8% 差され率11.5%
2コース想定=服部 逃がし率47.2%
井口がスタート踏み込んでぶち込み逃げ。
◎井口 ○服部 ▲川北    
3連単1-26-全

12R 
1コース想定=松井 まくられ率8.2% 差され率13.1%
2コース想定=平田 逃がし率44.2%
松井が堂々と王者逃げ。石川が進入動いてもつれれば、吉川が浮上。
◎松井 ○吉川 ▲石川
3連単1-34-全 3-1-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――プロペラ調整所

 以前の福岡SGでも書いたが、福岡ピットには3カ所のプロペラ調整所がある。まず整備室の奥のペラ調整室。整備室の入口に設けられたペラ調整所。そして、装着場の隅に設けられた屋外ペラ調整所である。いつぞやは「ペラの泉」だとか妙なネーミングをつけたりしたものだが、ばかばかしいので「奥」「入口」「屋外」とシンプルに呼ぶことにしよう。
 それぞれの調整所に集う面々はほぼ固まっており、その顔ぶれを見るのもなかなか楽しい。
2012_1023_1457 「奥」はまず瓜生正義。地元エースがここに陣取っている。石川真二もここにいるが、現住所・福岡でも愛知支部。また、今村豊の顔もあって、ということは白井英治もここである。で、このペラ室は装着場からは死角になっている部分があって、そこにいる選手の顔は残念ながら見ることができない。
2012_1023_0828 「入口」は静岡支部が集っている。服部幸男や坪井康晴は、テーブルに叩き台を置いて立ったまま木槌を振るっていることが多く、横澤剛治はテーブルの脇に座り込んで叩いている。昨日はここで辻栄蔵も見たな。とにかく、覗くといつも服部と坪井と横澤がいるという印象があったりする。
2012_1023_0510 「屋外」がもっとも大勢力。まず目に付くのは王者で、その隣で古賀繁輝が叩いていて、お互いに会話を交わしてもいて、不思議な感覚になったりもした。王者とSG初出場の若武者という組み合わせは新鮮ですな。古賀がそこにいるように、若手は支部問わず屋外で調整している。篠2012_1023_0407 崎元志、岡崎恭裕の地元勢に峰竜太、赤坂俊輔の九州勢。茅原悠紀、桐生順平もここにいて、吉田拡郎の顔も見える。あ、茅原と吉田は岡山支部というくくり方もできるか。川﨑智幸もここの住人だ。あと、濱野谷憲吾もここで姿を見る。三嶌誠司もここか。あ、深川真二、江口晃生、山崎智也も……とあげていくとキリがないほど、屋外に陣取る選手は多い。10月の爽やかな風に吹かれながら作業をするってのも、なかなか気持ちのいいものかもしれませんね。
2012_1023_0614  そうだ。今日はここで烏野賢太の姿も見たんだった。何が目を惹いたかといえば、烏野の着ていたウェア。前のバージョンの賞金王ジャンパーだったのだ。いやはや、懐かしいウェアだなあ。今のももちろんいいが、前のバージョンは重みを感じさせるものがありますな。長く見慣れてきたからそう感じるのかもしれないが、烏野が賞金王で活躍したことも含めて、うっとりと回想にふけってしまった次第であります。
 あ、そうそう。古賀繁輝のSGジャンパー姿を初めて見ました。「似合ってる!」と声をかけたら、顔をくしゃくしゃにして喜んでました。ここにたどり着くまでには回り道も多かった古賀だけに、このウェアに身を包む感慨を深く感じているのだろう。

2012_1023_0672  さてさて、今日は本体整備(点検)をしている選手もけっこう見かけていて、その代表格といえばやっぱり赤岩善生だ。いつもの作業ではあるわけだが、赤岩が置かれている立場を思えば、深読みをしたくなるというもの。賞金ランク20位、勝負駆け、そして昨日は不良航法をとられて大きく後退。ここ数年は賞金王圏内にいて追われる立場だった赤岩だが、今年はここから一気に巻き返していかねばならない状況にいる。そのためにも整備の手にも力が入る……というのはきっとこちらの考えすぎだが、その鋭い表情を見ていると、そうした言葉のひとつも出てくるというものだ。少なくとも、昨日の減点で闘志が消えたということは、絶対にないはずである。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (2)

本日の“本紙予想”全日本選手権2日目

おはようございます。Kです。福岡ではもろもろ企画レースがありますね。予想には関係ないと言われればそうかもしれませんが、でもけっこういろいろ考えさせられて、6Rのようにすっかり企画に乗っかってしまったりもする。私は好きですね~、企画レース。当たるかどうかは別ですけど。

1R
1コース想定=山口 まくられ率10.2% 差され率20.4%
2コース想定=三嶌 逃がし率32.8%
前本が豪快に攻めれば、鎌田に展開向きそう。
◎鎌田 ○山口 ▲三嶌 △茅原 
3連単4-125-全

2R
1コース想定=丸岡 まくられ率14.3% 差され率11.1%
2コース想定=大嶋 逃がし率34.2%
深くなる内を坪井が自在な取り口で攻め切る。
◎坪井 ○丸岡 ▲吉田 △平田
3連単2-143-全

3R
1コース想定=中澤 まくられ率17.7% 差され率19.4%
2コース想定=峰 逃がし率46.5%
白井が3コースから攻めてドリームから連勝へ。
◎白井 ○中澤 ▲魚谷 △峰
3連単3-142-全

4R
1コース想定=烏野 まくられ率11.5% 差され率21.3%
2コース想定=吉田 逃がし率51.8%
吉田の逃がし率高い。壁にして烏野が逃走。
◎烏野 ○吉田 ▲古賀 △吉川
3連単1-235-全

5R
1コース想定=濱野谷 まくられ率14.3% 差され率26.2%
2コース想定=石川 逃がし率32.7%
石川の絶品2コース差しを狙う。
◎石川 ○濱野谷 ▲深川 △太田
3連単2-135-全

6R
1コース想定=田村 まくられ率7.0% 差され率15.8%
2コース想定=平本 逃がし率37.1%
後輩96期に対して先輩85期が意地見せると見た。
◎田村 ○井口 ▲湯川
3連単1-35-全

後半はのちほど。


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

2日目!

おはようございます。福岡SG全日本選手権は2日目です。今日は爽やかな秋晴れですよ! 風は弱い向かい風に変わっていますね。あ、そうそう。昨日の平本選手のコメント、yasuさんご指摘ありがとうございます。平本選手がそのあとに続けたオートレーサーがカッコよかったという話で池田浩二選手の名前が出ていたので、混同して書いてしまいました。失礼しました。スベるといったら、そりゃながし……あ、なんでもありません。

2012_1023_0447 今日も企画レース! まず、本日の1号艇はすべてSG覇者です。田中信一郎は9R! また、6Rでは85期vs96期が真っ向勝負。そして7Rは10月生まれ対決です!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡ダービーTOPICS 初日

  今日のイン成績
⑥①④⑥①④①③②②①①
1着率42% 2連率58% 3連率67%

2012_1023_1077  開幕戦でいきなりインの湯川浩司が6着にぶっ飛び、3連単350倍の大波乱スタート! 立役者は文句なしに5号艇の石川真二だ。待機行動で3コースに潜り込み、スリットほぼ同体から1マークで湯川に強ツケマイを浴びせた。で、追い風で流れている間に鎌田義が先頭に立つと、今度は2マークでその鎌田に強ツケマイ一撃。2周ホームでは、6号艇・平田忠則との一騎打ちになっていた。
2012_1023_0497  この展開、すべて石川の独壇場。今年、一般戦では9Vと無敵の強さを誇る石川だが、私はといえば「久々のSGでレース勘やスピード感に狂いが生じるのでは?」などとあらぬ心配をしていた。大変失礼しました、新鋭のようなスピード感溢れる全速ぶん回しに痺れっ放しの1Rでしたよ、石川さん!
 その後はイン選手も徐々に持ち直し、5勝7連対で初日を終えた。インの弱い福岡水面としては、妥当なラインだと思う。ちなみに、5月に開催された当地GIの1号艇(イン選手までチェックする時間……大同小異ということで勘弁をば><)の勝ち星は初日から順に7勝・4勝・2勝・4勝・7勝・7勝。日によってムラがあるものの、均してみれば1日5勝。今節もこの「5勝」という数字をひとつの目安にして、イン選手の取捨を考えたい。

今日のコース別勝利数
①5勝②0勝③3勝④3勝⑤0勝⑥1勝

2012_1023_1460 今日の福岡水面の勢力図は、完全にイン選手とセンター3・4コースの天下。6コースの1勝(平田)にしても、前出・石川が2周1マークでしっかり回れば「3コース勝ち」になっていたはず。あまりに極端すぎて不気味だが、ドリーム戦の瓜生でも克服できなかった2コースは軽視すべきかも?

今日の決まり手
逃げ5本/まくり3本/差し1本/まくり差し0本/抜き3本

2012_1023_0103 さすが、まくり水面の福岡。新ペラ制度になってから1着率が落ちた「まくり」が3本も決まった。まずは3R、横澤剛治がスリット横一線の3コースからツケマイ気味の絞りまくり。前付けイン・江口晃生の起こしが100mを切ったのも幸いしたが、直近の江戸川GⅡをまくりで制した勢いは本物だ。先月、同期の坪井康晴が「ヨコは一時期、新ペラ制度に対応しきれずスランプに。でも、ヨコみたいな男(研究熱心で、ターンなどでも常に他の選手と違う方法も模索しているらしい)がとんでもないペラの整備方法を考え付くはずなんです」と話してくれたものだが、「艇界のエジソン」がその答えを見つけたのかも。展示タイムがいい時の横澤は、特に気を付けたほうがいい。

2012_1023_0739 続く4Rでは、川北浩貴がスローの4コースから豪快な絞りまくり。これは半分がたスタート勝ちという見方もできるまくりだったが、スリット付近の行き足も上々のようだ。これで波に乗った川北は、後半の9Rでもバック先頭の横澤(!)を2マークで大逆転の全速差し。太田和美とともにピンピン連勝発進を決めてしまった。太田は常に人気だが、こちらは盲点になりやすいだけに、横澤ともども常に目を光らせておく必要がある。

2012_1023_0482   まくり3発目は、8Rの3コース丸岡正典だ。これはもう、スリットでわずかに覗いた程度なのに、内の菊地孝平をゴリゴリ攻めまくり、力ずくでまくりきってしまった。菊地は災難だったが、こういうまくりは見ていて実にスリリング。最近は新鋭も含めて「1艇身出切らない限り、大人しく直進して差しや割り差しを狙う」タイプばかりになった(除く水摩敦)が、こういう獰猛なまくりを打つ選手がもっといてほしいぞ。今日の丸岡は「こんな不可能に近い隊形からでも、気持ちが強ければまくりきれるんだ」という実例を示してくれた。そう、まくりの最大の原動力は、パワーより気持ちなのだよ、新鋭諸君!!

2012_1023_1591  別の決まり手では「抜き」がやたらと多い1日でもあった。記者席から見ていても、2、3着争いがいつものSGより熾烈だった。推測としては①初日前半から進入がもつれにもつれ、選手がエキサイティングしやすいムードが漂っていた。②賞金王勝負駆け選手の気合いが水面に反映され、他の選手までハッスルモードに?などが考えられるが、もちろんこの傾向は明日以降も続くはずだ。2、3着が乱戦になるということは、パワーや実力どおりには決まりにくいともいえる。「人気薄の選手を2、3着に固定して穴を召し取る」という戦法が、今節は有効だと思うのだがどうか(私は随時やるつもりです)。明日でいうなら、外枠の川﨑智幸(回り足強い)、横澤(前出)、前本(減点を食ったが気合いが妙に凄い)あたりか。(photos/シギー中尾、text/H)

2012_1023_1445


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (1)

THEピット――走る

2012_1023_1007   11R発走が迫ったころ、係留所で調整をしていた菊地孝平がボートを陸に上げた。すでに試運転などを行なっている選手はおらず、菊地以外は陸での作業をしていたわけだが、ボートリフトが動く音を聞きつけた選手は、いったん仕事の手を休めて菊地のもとに向かっている。
 まず湯川浩司がゆったりと向かい、その気配に気づいた山田哲也が駆けつける。
2012_1023_1085  菊地は、すぐにモーターを外すつもりはなく、その場でもう少し点検をするつもりだった。そこで、湯川と山田にお礼を述べつつ、彼らの動きを制している。湯川と山田は、自分の作業に戻る。3秒後、そのやり取りを見ていなかった平本真之が、遠くで菊地の姿を見つけて、大急ぎで駆けつけた。菊地に笑顔で制される平本。
 手の空いている者は、いや、作業中であろうと、仲間のエンジン吊りには走って駆けつける。この光景は、SGだろうが一般戦だろうが、ピットにいれば日常的に見かけるものである。ただし、やはりまず動き出すのは若手選手で、このときも菊地よりも後輩選手がまず菊地のもとに向かった。若者たちは、自分の作業に没頭しながら、先輩の動きにも気を配って過ごしているわけだ。
2012_1023_0837  それから10分ほど経った頃だろうか。整備室の自動ドアが勢いよく開いて、佐々木康幸が飛び出した。駆け寄ったのは、菊地孝平のもと。菊地はついにモーターを外しにかかったのだった。その様子に真っ先に気づいたのが佐々木で、よくぞ離れた場所、しかも室内から気づいたものだと感心する。こうした感覚も、選手たちは鋭い。
2012_1023_0574  佐々木の勢いには、もちろん誰もが気づく。菊地よりも先輩の選手が走っているのだから、若手は即座に反応した。古賀繁輝、新田雄史、山田哲也、平本真之が立ち上がってダッシュ! 装着場の奥にいた桐生順平も、かなりの距離を全力疾走して、菊地のもとへと集合している。まるで、菊地を旗に見立てたビーチフラッグのような様相。菊地も、一気に若者たちに駆け寄られて、苦笑いを浮かべていた。圧のかたまりが一挙に押し寄せたのだから、つい顔がほころぶ気持ちはよくわかる。
2012_1023_0776  彼らは、菊地にほとんど何もさせることなく、エンジン吊りを始めている。モーターを二人がかりで外し、架台に乗せ、工具類も架台にまとめて、その架台を整備室に運ぶ。ボートは他艇が置かれている場所に移動して、丁寧に並べている(桐生が一人でやってました)。気づけば、菊地はなんと手ぶら。まるで、ただその場を通りかかった他人のような装いになって、菊地は集った若手たちに何度もお礼を言っているのであった。
 で、一連の流れが終わると、それぞれが何事もなかったように自分の作業に戻っている。その手際の良さは、何度見てもお見事と言うほかない。
2012_1023_1428  走る選手といえば、三嶌誠司も走り回っていたな。9R1回乗りだった三嶌は、10R後に出発する帰宿バスの第1便には乗らず、居残ってプロペラ調整をしていた。時に激しく、時に繊細に木槌を振り下ろす姿も印象には残っていたのだが、その合間に整備室に向かったり、控室のほうに向かったりする際には、常に全力疾走なのであった。今朝も、額に汗して飛び回っている姿を見ているが、いやはや、なんとも若いっすね、三嶌誠司44歳は。実は私は同い年。さっき締切間際に舟券買おうとダッシュしたら、いきなり足首がグキッといいました。そんな思いをしながら買った舟券も外れました……。えらい違いである、私と三嶌では。そもそも比べるのが間違っているわけですが。

2012_1023_0527  さてさて、昨日も書いたが、山崎智也と川北浩貴のツーショットは、本当によく見かけますね。絡みそのもの以外でも、12R前に智也が川北のボートにアカクミ(水をかき出すためのスポンジ)を配っている姿も発見している。こうした翌日のための準備は、支部ごとに行なわれるのが基本。その支部の最若手が、先輩の分まで行なうのが普通だ。今節の群馬支部は智也と江口晃生の2名。したがって、智也は江口のための準備が仕事のひとつになっているわけである。智也はさらに川北の準備もしているわけで、やっぱり仲良しの大親友なのだ。それとも、滋賀支部から単身参戦の川北は、今節は群馬支部に間借りですか?
2012_1023_0568  で、71期の同期生といえば、もう一人いますね。深川真二だ。その深川と智也は、ドリーム戦が近づいている時間帯に話し込んでいた。その姿は智也からのエールのようにも見えて、深川の表情も和らいでいた。やっぱ同期っていいですねえ。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (1)

H記者の『穴極選』初日

 9/4にパチAKBで小遣いをそっくりやられてから昨日まで丸々18日間、一切ギャンブルをやらず(できず)に寝たきりだったHです。3日と空けたことがなかったのに……。まあ、この長期欠場で少し運気が充電されたかも?? 初参戦した6R、ちょっと趣向を変えて5種類の舟券を買ってみたところ……

結果4-5-6
2連単5-4 500円…裏
2連複4-5 500円…的中
ワイド4-5 500円…的中
3連単5-4-6  200円…裏
3連複4-5-6  300円…的中

 ムフフ惜しくも舟券グランドスラムは逃したものの、初参戦で的中したのは久しぶり。それも3枚もいっぺんに的中して気分も上々であります。この調子で極選も当たってくれるといいのですが……。

12Rドリーム戦
 ①白井英治
 ②瓜生正義
◎③松井  繁
★④深川真二
 ⑤井口佳典
 ⑥坪井康晴

進入123/456

 前検の見立てを素直に信じます。松井と深川のセンター連動決着。展開的にも、2コースの瓜生は少しでも覗けば握るので、白井と大競りとなるかも。そうなれば、ズブズブの差し差し。逆に瓜生のSが慎重なら、行き足のいい松井が一気に叩くでしょう。深川にはマーク差しに入れるだけの足があります。ウラオモ勝負。

3連単★3=4-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

“本紙予想”ダービー初日後半

7R 
1コース想定=吉川 まくられ率9.8% 差され率22.0%
2コース想定=佐々木 逃がし率42.4%
評判機引いた池田の自在攻めに期待。
◎池田 ○吉川 ▲今垣
3連単3-14-全

8R 
1コース想定=篠崎 まくられ率11.8% 差され率15.7%
2コース想定=菊地 逃がし率50.0%
菊地は壁になりやすいタイプ。篠崎がしっかり逃走。
◎篠崎 ○菊地 ▲新田  
3連単1-25-全

9R 
1コース想定=横澤 まくられ率5.4% 差され率16.1%
2コース想定=今村 逃がし率36.4%
進入がかなりもつれそうな一戦。川北のもう一発と湯川の巻き返し。
◎川北 ○湯川   
3連単3=4-全

10R 
1コース想定=赤岩 まくられ率10.0% 差され率14.3%
2コース想定=山崎 逃がし率40.6%
田中の進入に注目。それでも赤岩は逃げ切りたい一戦。
◎赤岩 ○山崎 ▲田中  
3連単1-26-全

11R 
1コース想定=太田 まくられ率5.3% 差され率22.8%
2コース想定=川﨑 逃がし率56.6%
ここも進入に動きありそう。それでも太田の逃げ信頼。
◎太田 ○池田 ▲服部 △峰    
3連単1-563-全

12R ドリーム戦
1コース想定=白井 まくられ率1.7% 差され率15.0%
2コース想定=瓜生 逃がし率28.6%
白井のイン戦は最強クラス。瓜生の2コースも最強クラス。両者の争い。
◎白井 ○瓜生 ▲松井
3連単1=2-全 12-3-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――ダービー、アツい!

2012_1022_0871  1Rから大激戦! 5号艇に石川真二の名前があって、進入から激しいものになることは充分に想像できたが、レース自体もアツかった! 1マークで差して先頭に立った鎌田義を2マークで石川がツケマイ逆転! 鎌田を引き波にハメて堂々と先頭に立っている。ところが、2周1マークでは平田忠則が差して逆転! 二転三転の結果、オープニングは⑥-⑤-③という3連単になっている。う~ん、アツい!
 石川は、結果だけ見れば「初戦2着」という好発進。しかし、いったんは先頭に立っているだけに、むしろ悔しさしか感じない初戦である。
「守りに入った瞬間、1マークのうねりがめっちゃ高く見えて。それでターンの出口でバタついて……くっそー」
 2マークは徹底的に攻めたのだが、先頭に立った瞬間、安全に先頭を守ろうとしたらしい。それが敗着となった。原因が己の内なるものとわかっているだけに、石川は本当に悔しそうに顔をしかめていた。
2012_1022_0526  さらに悔しがっていたのは、鎌田義だ。選手紹介でもパフォーマンスで沸かせてくれたカマギーは、水面では正反対ともいえる勝負師の顔を見せる男。勝っていたレースを落としたのだから、レース後の表情がひたすら厳しいのも当然だ。その顔つきは、選手紹介で見せるものとは大きなギャップがあって、親しくさせてもらってる僕でさえ、震えがくるほどの迫力だ。
「つーーーーっこんっ!」
 落ち着きを取り戻した鎌田は、苦笑いを浮かべながら「痛恨」をおどけた調子で語ってきたが、それでもやはり悔しさはぬぐえない。
「水面が悪かったから、差しを警戒してたんですよね~」
 その失敗がひたすら悔しーーーっ! カマギーの勝負師たる姿は、本当に清々しいと思う。
2012_1022_0685  もっとも悔しがっていたのは、湯川浩司だ。選手紹介で明らかになったように、SG3節連続初日1R1号艇。いろいろ複雑な思いもあるだろう。当然、結果を出さねばという決意も強かったはずだ。それがまさかの大敗……。さまざまな思いが一気にネガティブな方面に振り切れて、湯川は表情をなくしていた。まだ初日1R。いくらでも取り戻すチャンスはあるはずなのに、もうすべてが終わったような雰囲気を醸し出して、湯川は溜め息をつくのであった。
 ともかく、ダービーはいきなり激しい! いきなりアツい! 一節間、福岡水面は我々を楽しませ続けてくれることだろう。

2012_1022_0765  さてさて、今朝、表情がおおいに気になったのは、松井繁だ。ハッキリ言って、ゴキゲンに見えました。現在発売中のBOATBoy11月号は、巻頭インタビューが松井繁。表紙も王者です。そんなわけで、やや心安い顔を見せてくれたのかもしれないが、顔を合わせたときの様子はやけに明るいものだった。まだまだ手応えを掴み切っているとは思わないが、少なくとも現段階では悪くない感触を得ていると見た。今節は強い王者が見られそうだぞ、やっぱり。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

開会式!

 全日本選手権。まさしく最高峰の戦い。君が代斉唱も行なわれた開会式は、その厳粛さとエンターテインメントのメリハリが面白かったですね~。開会式前にはMr.マリックのショーが行なわれたのですが、当然これをパフォーマンスに取り入れる選手もいるわけです。

2012_1023_0004 平本真之
「キてます。キてます。ハンドパワーで浮いてます……池田浩二さん、滑ったんですけど」

 先輩から強要(?)されてのハンドパワー・パフォーマンス。マリックさんとは年季が違いますな。

2012_1023_0030 烏野賢太
「おはようございました。本、気、と書いてマジと読みます。ハンドパワーです。どうする?」

 手のひらに「本」と「気」を書いていたわけですが、それがハンドパワー? どうする?って言われても……。あと、おはようございました、って……。
 パフォーマンスといえば、やっぱりカマギー!

2012_1023_0037 鎌田義
「え~~~えっ? なんか最近肌ツヤがいい? それは新日本製薬のクリームを通販で買って夜な夜な塗っているからだよ。(中略。登場したのは福岡の鶴田整骨院)最近、垢抜けたって? それは恋をしているからだよ」

 スポンサー紹介? カマギーの肌ツヤと健康の秘密、詳しくはwebで。それよりも、カマギーの恋が気になるな~。

2012_1023_0070 吉田拡郎
「今年は賞金も点数も荒稼ぎしましたが、嫁の点数は足りてません」

 カクローの「恐妻」ネタも久々に聞いたなあ。今節は良き夫への勝負駆け!
 同じ吉田のトシのほうは、絶妙のスルーパス。

2012_1023_01012012_1023_0104 吉田俊彦
「次は男前が出てきます」
山崎智也
「賞金王をここで決めたいと思います」

 選考順位の順番に登場となった開会式。トシの次に出てきたのは智也でありました。トシも男前っすよ!

2012_1023_00992012_1023_0121田村隆信
「今年もそろそろ年末に向けて滑り込みの準備をしたいと思います」
丸岡正典
「ワースト機引いてしまいました。悲しいでーす」
湯川浩司
「3節連続SG初日1R1号艇です」

2012_1023_0142  銀河系軍団をまとめました。田村選手、滑り込みって……。ダービー勝っての賞金王行きなら、それは堂々たる出場ですぞ。丸ちゃんの「悲しいでーす」はどこかのほほんとしていましたね。湯川の3連チャンというのは言われて気づきました。桐生は逃げ切り、尼崎は2着でしたが、本日は? あ、あと銀河系のもう一人、井口佳典は早口すぎてメモできませんでした……。

2012_1023_0107 峰竜太
「間違えちゃってすみません!」

 本日最大のハプニングは峰竜太のフライング。内田和男さんが「吉川元浩!」と力強くコールしたら、なぜか峰が出てきちゃって、峰は目を白黒。峰リューらしさ爆発で、みな大爆笑でありました。レースでのフライングに注意!
 ラストはこれでヨロシク!

2012_1023_0015 平石和男
「気の利いた言葉が思い浮かばなかったんで、いつも通り、応援ヨロシク!」

 その決めゼリフが聞けるだけで最高っす!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”全日本選手権初日

どもども。Kです。今節も頑張りまーす。福岡はインが強くない水面で、関東のファンとしてはホームと同じような感覚で戦えます。逃がし率も数字よりは低めに見積もって予想するつもりです。今節は進入で動きそうな人も多いですからね。やっぱりコース争いを魅せてくれる選手がいると予想も楽しい! というわけで、いつもよりも①本命は少なくなるかもしれません。

1R
1コース想定=湯川 まくられ率15.4% 差され率15.4%
2コース想定=鎌田 逃がし率44.4%
石川、平田も動いてスローはもつれるか。山田のスタート攻勢狙う。
◎山田 ○湯川 ▲鎌田 △中澤 
3連単3-124-全

2R
1コース想定=山崎 まくられ率12.5% 差され率22.9%
2コース想定=岡崎 逃がし率38.1%
西島の進入見もの。自在に構える岡崎の抜け出し。
◎岡崎 ○山崎 ▲西島 △平本
3連単2-135-全

3R
1コース想定=今垣 まくられ率10.4% 差され率12.5%
2コース想定=横澤 逃がし率40.0%
江口が3コースまで動きそう。勝野のカド強攻を狙う。
◎勝野 ○今垣 ▲赤岩 △横澤
3連単3-142-全

4R
1コース想定=茅原 まくられ率9.7% 差され率12.9%
2コース想定=魚谷 逃がし率42.9%
茅原がしっかりと踏み込んで逃げ切る。
◎茅原 ○魚谷 ▲服部 △篠崎
3連単1-234-全

5R
1コース想定=中島 まくられ率4.5% 差され率15.9%
2コース想定=吉田 逃がし率37.5%
中島のイン戦は信頼度高い。逃げ切り。
◎中島 ○吉田 ▲田中
3連単1-23-全

6R
1コース想定=辻 まくられ率9.4% 差され率15.6%
2コース想定=大嶋 逃がし率34.5%
好機・赤坂が攻めれば太田に絶好の展開。
◎太田 ○辻 ▲赤坂 △濱野谷
3連単4-135-全

後半は後ほど。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

初日!

おはようございます。福岡SG全日本選手権が本日開幕であります! 賞金王戦線においても見逃せない一戦。今日は開会式が行なわれることもあって、ボートレース福岡は早くから熱気に包まれておりますよ!

2012_1022_0270 本日は1号艇に「今年のGⅠ、GⅡ優勝者」が組まれています。企画番組というか、“企画日”ですね。1R1号艇は湯川浩司! 地元GⅠ太閤賞の覇者であります。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡ダービー前検を斬る!!

2012_1022_1064  福岡ダービーの前検が終わりました。新ペラ制度導入後、やたらと愚痴が増えましたが、今日も言わせていただきます。足合わせは少ないわ、ほとんど似たり寄ったりの足だわで、超抜もワーストもわかりにくーーーい!!(涙) さらに、肝心要の節イチ候補57号機の池田浩二も、私の知る限り足合わせをしてないしぃ。
 スポーツ報知・長谷記者の「S」ランク35号機=赤坂俊輔は、上位の下くらいに見えました。スリットから半艇身覗くので、S全速なら一発ありそうです。
 そんな似たり寄ったりの足合わせ&スタート練習の中で、「おっ」と目を引いた3つのパワーを抜擢しておきます。

2012_1022_1275★深川真二
 ターンの出口からスリット裏まで、佐々木康幸をブッチギリのド迫力。その後の伸びは一息だったが、深川のレーススタイルを考えれば文句なしの鬼足だ。

2012_1022_0767 ★松井繁
 これもターンの出口からヒュンッと伸びて、佐々木を置き去りに。気になるのは深川、松井ともに、合わせた相手が同じだったこと。佐々木の出足~行き足がワースト級だった可能性は否めない。2連率28%、長谷ランクCのモーターだし(汗) ただ、松井はドリーム組のスタート練習でも、センター筋から軽快な出足~行き足を披露していた。

2012_1022_0982 ★古賀繁輝
 舟券の妙味はココ! スタート練習で目立たなかったのがちと気になるが、足合わせでは篠崎元志、平本真之、峰竜太をターンの出口でやっつけていた。その後のストレートは同じ足色だが、回った瞬間の俊敏足を生かしきれば、どこかで穴を提供してくれるだろう。

2012_1022_0790 他で良く見えたのは、出足系が服部幸男、伸びが濱野谷憲吾(!!)と今村豊でした。憲吾がこの伸び型をどう生かしきるか。スリットから自力勝負を連発するようなら、14年ぶりの「福岡ダービー」V2も??

 前検タイムが出ました。前半(バック向かい風5m)と後半では(同7m)では水面状況がかなり変わったので、別々にベスト5を記しておきます。

前半TOP5
①今村豊 6秒80
 太田和美
 前本泰和
④濱野谷憲吾 6秒83
⑤川北浩貴 6秒84

後半TOP5
①池田浩二 6秒82
 平本真之
③赤坂俊輔 6秒84
④赤岩善生 6秒85
 田村隆信
 篠崎元志

2012_1022_0912  や、やはり、池田が……後半の風速を加味すれば、おそらく全体のトップか。とりあえず、長谷リストにあった「伸び★」は間違いなさそうです! そして、憲吾もいつになく速い!

ワーストはまとめて。

ワースト時計
①田村隆信 7秒00
②勝野竜司 6秒99
 佐々木康幸
④吉田俊彦 6秒97
⑤三嶌誠司 6秒95

 佐々木……やっぱりワースト級なのか?? だとすれば、超抜指名した深川と松井も……????><(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

THEピット――世代

2012_1022_05052012_1022_0607 今村豊、大嶋一也、西島義則、江口晃生、平石和男、川﨑智幸、烏野賢太……このあたりの世代がズラリと揃ったSG、なんだか嬉しくなってしまいますね! いまやベテランと呼ばれるジェネレーションになった彼らだが、まだまだ健在。年間勝率をしっかりと稼ぐ実力と、いざSGの現場にやってくれば強烈な存在感を発揮するたたずまいは、やっぱり尊敬に値する。時代は容赦なく流れていくのもまた確かなことはあるが、しかし彼らの姿をいつまでもこの大舞台で見ていたいという気持ちはいや増すばかりだ。
2012_1022_0596 一方で、若者のハツラツとした姿を見るのも、また楽しいもの。新鋭王座を勝ったばかりの茅原悠紀やまだ新鋭王座への出場権を持っている桐生順平がこの実力優先主義の一戦に出場するのは立派なことだし、彼らが奮闘すればするほど、さらに時代は力強く流れていく。カメラのレンズが自然と集まっていたのは、岡崎恭裕と篠崎元志。偶然なのかそうではないのか、ボートが隣同士に置かれていて、あたかもツーショットのごとく装着作業をしているため、自然とカメラマンが吸い寄せられていたのだ。2012_1022_0990岡崎が篠崎に歩み寄って、耳元でヒソヒソ話を始めると、カシャカシャカシャとシャッター音が大きく響く。もちろんそんなつもりではなかっただろうが、まるでカメラマンへのサービスショットを提供しているようにも見えたものだ。
2012_1022_1013 もちろん、中堅世代にだって目は奪われる。山崎智也がやけにイキイキと会話している顔が見えて、近づいてみたら川北浩貴とのツーショットだった。智也と川北は71期の同期生。そして、智也がもっとも信頼を寄せているのが川北である。何年か前のインタビューで、単語を智也に投げて、ぱっと思いついた言葉を一言で言ってもらうという、連想ゲームのようなものをやった。2012_1022_1129その際、「同期」という言葉に対して智也は「ぱっと思いつくのは、川北くんですね」と語っていた。ヒマなときにはしょっちゅう電話しているそうで、智也の感覚では「親友」なのだろう。その川北と、久々にSGのピットで会うことになったのだから、話も弾もうというもの。智也の顔も明るくなろうというものなのである。
2012_1022_1037_2 智也のもうひとつのツーショットは、江口晃生。かつては当たり前に見かけた二人の揃い踏みだが、江口が大学院に通うようになってからは、SGの舞台で顔を合わせることは減っていた。だからなんだか懐かしく思えてしまったりしたわけであるが、以前と同様に江口と智也は楽しそうに顔をほころばせていた。
2012_1022_1159 それにしても、中堅世代と書いて智也のことを記すというのも、時代の流れを感じさせる事態であるな。今節は通常通り52名が参戦。で、登番が上から26番目、ちょうど真ん中にあたるのが白井英治なのである。27番目が平田忠則。真ん中のラインが引かれるのが80期なんですね。デビュー15年を経過した面々なのだから、このへんももう中堅と呼ぶべきなんでしょうな。まったくピンと来ないけど。ど真ん中の男・白井英治は明日のドリーム1号艇。自身初の、SGドリーム戦1号艇である。モーターが前節転覆→帰郷というもので、気配が心配されたが、白井自身はまあまあの手応えを得たようだ。中堅世代とは、脂も乗り、ある程度のキャリアも積んできた中心世代でもある。SGにもっとも近い男なる肩書はもうそろそろ捨て去って、艇界をど真ん中で支えていく第一歩を踏み出してほしいぞ。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

節イチパワー??57号機は池田の手に!

2012_1022_0385 2連率TOP3  前回操者      今回
★19号機52%平田忠則111121③→山田哲也
★69号機49%沼田克彦25313355654→濱野谷憲吾
★36後期47%作野恒11232423③→今村豊
★35号機45%村田友也2365625321→赤坂俊輔
★59号機45%稲毛正剛52655転656→大嶋一也
★13号機44%宮野仁543421→松井繁
前回節イチ機
★57号機42%柴田友和22121132312→池田浩二

2012_1022_0462  選手垂涎の超抜エンジン57号機を引いたのは、池田浩二だった。この57号機の2連率は42%。数字だけなら上の下というレベルなのだが、初下ろしから11節間、すべてのモーターを吟味&チェックし続けてきたスポーツ報知・長谷記者(福岡担当)の総合評価は最高の「S」。しかも前節操者・柴田友和に対する長谷マークは「出足◎伸び★」。この★マークは「節イチ」だけに授けられる黄金のエンブレムである。賞金王勝負駆けの池田にとって、まさに鬼に金棒の布陣。怖いのは、最近何度かやらかしている妨害失格などのアクシデントだけか。

2012_1022_0460  報知の長谷記者が「総合評価S」を与えたモーターがもうひとつ。初下ろしから、誰が乗ってもほぼ上位級の足になる35号機だ。池田の直前にこれを引き当てたのは、伏兵の赤坂俊輔だった。「35」の数字を引いた瞬間、赤坂は報知の井上記者を見て破顔一笑。
「これ、狙ってたんですよ~。狙ってはいたけど、ホントに引けるとは思ってませんでした!!」
 笑いが止まらない。井上記者は「よしよし」とその頭をなでなで。微笑ましい光景だったな。

2012_1022_0490  いちばん最後にガラポンを回したのは、地元のホープ篠崎元志。もう、1個しか残っていないのに、祈るような表情。向かい合って座っている選手班長の瓜生正義が「だいじょぶ、だいじょぶ」という顔で、親指を何度も立てて応援する。もちろん、立会人の瓜生も最後に何が残っているか、わかってはいないだろう。ゆっくりと回ったガラポンからコトリと落ちた玉は「53」。2連率28%にして、長谷評価「C」……篠崎はすがるような目で井上記者に「ダメ??」。井上記者、容赦なく頷き「ダメ」。篠崎は「まいった!!」と叫んで立ち去り、瓜生はそれをいかにも残念そうな目で見送ったのだった。

2012_1022_0379 その瓜生はといえば……立会いの任務を終えて、誰かに「どうだった」と聞かれた瓜生は、実に飄々とした声で「うん、25パーセント」。つまりはワースト級なわけだが、落ち込む素振りひとつ見せないところが、瓜生という男なのである。

2012_1022_0419  あ、もうひとり。東都のエース濱野谷憲吾が、49%(長谷評価「A」)の超抜機を引き当てた。長谷ランキング表を覗き込んだ憲吾は、前節の短評「伸びは準優でも強い」という言葉を棒読みしてから「ほんとねぇ!?」と怪しい福岡弁?を発し、照れ笑いを浮かべていた。

2012_1022_0393  あ、それからそれから……服部幸男のヒゲ、めっさカッチョ良かった~!!(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

選手が続々と福岡入りだ!

 選手のレース場入りは10時からで、おおよそ10時15分くらいに選手の乗ったタクシーが到着し始める。10時ちょい前にピットに着くように記者席を出て、それでもたぶん10分ほどはピットで待つことになるだろう。一番乗りはたいがい地元の若手選手で、今節なら篠崎元志あたりだろうか……
2012_1022_0003 げっ! 深川真二! 芦屋でGⅠを制したばかりの深川が、なんと一番乗りで福岡にやって来た。佐賀は福岡から近いだろうとおっしゃるかもしれないが、佐賀勢は九州SGではわりとゆっくりめにあらわれるのが常で、シンガリ登場ということもよくある。でも今日は深川が先陣を切って登場! 思わず背筋がピンと伸びた。
 佐賀勢はなぜか別々にレース場入りして、SG初登場となる古賀繁輝が約30分後、峰竜太はさらに20分ほど後にやってきている。その後輩たちも、深川に次いでレース場入りとなった篠崎元志と岡崎恭裕も、深川が一番乗りと聞いて「ウソでしょ!」と驚いていた。急いで先輩のもとに駆けつけろ―!
2012_1022_02242012_1022_0016 二番乗りとなった篠崎&岡崎の福岡若手コンビは、篠崎仁志が運転する車で登場。篠崎兄弟揃い踏み! そして、岡崎はついにSGの舞台に帰ってきた。あの痛恨の舞台であり、思い入れがたっぷりとこもった地元でもある福岡で、SG復帰を果たすのである。おかえりなさい、と声をかけると、爽やかに笑った岡崎。今節もっとも大きなドラマを抱えて戦うのは、間違いなくこの男だ。

 それにしても、今日は選手の入りが実に早かった。普段であれば、10時15分頃に一番乗りがあらわれ、それから10時台はポツポツとやってきて、11時くらいの段階では3分の1くらい。それから一気にラッシュに突入し、ラストが11時30~40分くらい、というのが昼間開催のパターンである。しかし、今日は深川の一番乗りから次々に選手がピットにタクシーや自家用車を乗りつけて、10時30分くらいにはもうラッシュが始まっていた。多いときにはタクシーが4~5台もピット内にあり、その一群が去った1分後くらいにまた2~3台、といった感じで、メモの文字がグチャグチャになってしまった(自分でも読めん部分が多い)。
2012_1022_0182 そんななかで印象に残るのはやはり、久々に顔を合わせる選手。今年V9と絶好調の石川真二や、讃岐の大将・三嶌誠司。あるいは、笑顔爆発でタクシーを降りた江口晃生や、SGからめちゃ離れてたわけではないけどなぜか懐かしさを覚えた新田雄史などなど。石川は、ニコニコ生放送の永島知洋さんにマイクを向けられ「15年ぶり」と言っていたが、これは「ダービー出場が15年ぶり」。でも、SGで会うのもけっこう久しぶりだよなあ。絶好調ぶりをぜひここでも見せてほしいぞ。

2012_1022_0371 そんなこんなで、しんがり登場は奈良勢。太田和美と丸岡正典がハイブリッド車タクシーでやって来て、出場全選手が揃った。これが11時10分。最後だよ、と言われて丸岡は、目を丸くして「ウソ!?」。この時間にやってきてドンケツとは思わなかっただろうなあ。
 というわけで、ダービー52名が福岡にやって来た! 明日から熱戦が始まりますよ~。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)

2012_1022_0053長かったF休みも明けて、賞金王出場へ一直線! 光ちゃんです!

2012_1022_0065カマギー、おしゃれ!

2012_1022_0261王者のメガネもおしゃれだ!

2012_1022_0121そろそろ憲吾の強いところを見たいぞ。








| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡!

201210220941000おはようございます。明日から全日本選手権がボートレース福岡で開催されます! 本日は前検日。ということで、取材班は福岡に入りました! ま、昨日から博多に入って美味し酒と肴をいただいてたんですが……。というわけで、本日の前検から最終日優勝戦まで、ここ福岡よりレポートしてまいりますので、今節もどうぞよろしくお願いいたします!


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)