この特集
ボートレース特集 > 2012モーターボート記念
この特集では田中工業「黒須田守」をはじめとした5名のライターから競艇にまつわるさまざまなレポートをお届けします。
ライタープロフィール
カテゴリー
関連リンク
競艇サポーターズ
関連書籍

 ボートレース特集

桐生MB記念 優勝戦私的回顧

ダブルヒーロー

12R優勝戦 進入順
①瓜生正義(福岡)14
⑥松井 繁(大阪)19
③山崎智也(群馬)18
②池田浩二(愛知)15
④原田幸哉(沖縄)12
⑤峰 竜太(佐賀)06

2012_0826_r12_0991  おかえり、瓜生。やっぱり、とことん強い選手がとことん強い勝ち方をしてくれないと、この世界はつまらないよ。
 スタンドは3度沸いた。最初はピットアウト。池田がズルッと滑り抜けた瞬間、歓声と罵声が交錯した。進入は、なんとも想定しにくい1632/45。周辺の声は、池田の4コースより、智也がスローの3コースになったことに集中した。

2012_0826_r12_1006 「うわ、だめだ、もう、智也の勝ちはないわ!!」
 誰かがはっきり叫んだ。私も同意見だった。昨日の準優は、4カドでギリギリの絞りまくり。スロー発進では、到底瓜生に届くとは思えない。
 瓜生で、決まりか。
 12秒針が回る。スリットを通過したとき、2度目の大歓声。6コースの峰が、半艇身ほど突出している。そのまま幸哉の舳先から抜け切れば、大変なことが起きそうな予感。

2012_0826_r12_1004 「峰だっ!!!」
 気の早いファンが叫び、峰◎の私の心もそぞろときめいた。が、峰の艇は抜け出すどころか、空気の抜けた風船のようにしゅるしゅるとしぼんで幸哉の舳先と並んだ。今節、コンマ02、02、00と際の際まで突っ込んだ峰でも、SGの優勝戦は行ききれなかった。もっとも、これでコンマ06。全速だったら、ハミ出していたかねしれない。

2012_0826_r12_1027  1マークまでに、完全に隊形が落ち着いた。こうなれば、瓜生正義の超高速インモンキーを黙って見守るしかない。今日も大本命を蹴飛ばした私は、1Mの手前で首を差し出した。バック中間で、確勝の3艇身差。後ろでは差した峰と池田、握った智也、まくり差した幸哉がゴッタになっている。
 その混戦も、2マークを回って峰~智也~池田、それぞれ2艇身ほどの隊列に収まった。もちろん、瓜生ははるか先。1-5-3がほぼ固まったムードで迎えた2周1マーク。

2012_0826_r12_1069  今日、いちばんスタンドが熱狂したのがこの瞬間だった。2着を決めるべく峰が先にターンした瞬間、智也が渾身のツケマイを浴びせた。
 いや、正確にはその瞬間ではない。峰が初動を起こす少し前に、智也は「行くぜーーーっ!!」みたいな気合いで、もう全速マイの態勢に入っていた。その意思表示が、私にも観衆にもはっきりと見て取れた。
 ウオォォォォォッ!!
 ツケマイの前に、まさにこんな音。そこに、様々な「トモヤーーーッ!!」が不協和音で混じっていた。私も叫んだ。というか、驚いていた。智也の初動の早さに。わずか数秒ほどだが、私の頭の中はこんな感じだった。

2012_0826_r12_1070 「まさか、智也のこれが届くのか?? 相手は峰リューだぞ、峰といったら、やまと軍団の中でも屈指のターンスピードで、しかもツケマイのときにはかなり手前から初動を起こすという変則的なターンで、とにかくそんなターンの天才みたいな若者に、それと同じようなツケマイを逆に、あ、秋山のターンみたいなっ!!??」
 そんなとりとめのないことを考えているうちに、ツケマイが決まった。文字通りの強ツケマイ。1マーク寄りで見ていた私の目には、智也が峰をターンマークにぶつけるんじゃないか、っていうくらいの最強ツケマイに見えた。
 ウゴオオォォォォォッッッ!!!!
 大歓声。2着争いだというのに、みんなガッツポーズ。「よっしゃぁ!!」「やったーー!!」「トモヤーーー!!」「すげーーーっ!!」が全部ゴッタゴタ。

2012_0826_r12_0960 「やったーーーー!!」
 そんな中、ひと際甲高い声が耳に響いた。私の左手、声の方向を見る。眼鏡をかけた小学3年生くらいの丸っこい男の子が、ぴょんびょん飛び跳ねながら、横走りしている。そして、飛び跳ねながら、両手を挙げてガッツポーズ。
「ともやーーーーーっ!! かっちょいーーーーっ!!」
 私はちょっと、泣きそうになった。どれだけこの地で智也が愛されているか、どれほどのヒーローか、この子を見ているだけではっきりわかった。
 水面に目を戻す。峰を引き波にハメた智也の後姿が、死ぬほどカッコ良かった。
「カッコいいレースを見せます」
 智也の口癖であり、今日もそう宣言したが、その約束を果たした。何度でも書きたい。本当にカッコいいレースだった。あの眼鏡の男の子は、カクテルライトに照らされたあのかっちょいい光景を、生涯忘れないだろう。たとえ、2着争いでも。

2012_0826_r12_1133  表彰式にもちろん智也の姿はなかった。が、ファンはみんなホコホコと微笑んでいる。瓜生正義という男がそうさせる。
司会者「6回もSGを獲っちゃいました。どうですか」
瓜生「はぁ、凄いですね……申し訳ありません」
司会者「いっぱい税金を払わないと」
瓜生「あ、税金はちゃんと払います」
 もう、微笑むしかない。聖人君子の如き性格にして、鬼神の如き強さ。まさに正統派の最強ヒーロー。私も微笑みながら、心の中で呟く。
 これからも蹴飛ばし続けたいから、ずっとずっと正義のヒーローでいてくれよ、瓜生。(photos/シギー中尾、text/H)

2012_0826_r12_1041


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――微笑、苦笑、穏笑

2012_0826_0093 前半記事で、「瓜生がいつもと違うように見える」と書いた。11R前、展示待機室に消えていく瓜生正義を見ながら、そんなもん考えすぎだったな、と思わざるをえなかった。なんともスッキリした表情。原田幸哉と交わした笑顔は、まさしく瓜生スマイルだった。もし前半の感覚が正しかったとしても、優勝戦直前になってリラックスした表情を見せられるとは、強すぎる。もはや死角なし。勝負舟券のほかにちょろりと仕込んでいたスケベ穴舟券は紙くず同然だなと思った。
 ちなみに、レース前はどの選手も、わりとリラックスしているように見えた。松井繁はカポックを着込んで11Rの出走待機室を覗き込み、馬袋義則(だと思われる)にちょっかいを出していたし、原田幸哉も山崎智也も、後輩らと言葉を交わしながら柔らかな顔になっていた。池田浩二はやけに凛々しい顔をしていて、ちょっと唸らされたが、原田や平本真之と顔を合わせれば頬が緩む。そんななか峰竜太はずっと神妙な表情だったが、それはいつも通りのことだし、平本あたりと冷蔵庫の整理をしているときには、穏やかな表情も見せている。
 優勝戦直前、ピットで多く見られたのは、ベスト6たちの笑みであったということだ。

 2012_0826_0074
レース後もまた、笑みであふれていた。といっても、こちらは苦笑いが多分に含まれている。松井はヘルメットを脱いだ瞬間に苦笑があらわれていたし、田中信一郎にも「くっそ~」とか言いながら、思い切り顔をしかめながらの笑みを見せていた。黙々と悔しがるのではなく、苦笑で思いを表現する。こうした松井はあまり見なかったように記憶しているが、しかし瓜生にあれほどまでに強い勝ち方をされれば、笑うしかないといったところか。
2012_0826_0372 池田の場合は、アクションがついた。思い切り空気を蹴飛ばし、腕を前後に振る仕草。「ちっくしょー!」とか「やっちまったいっ!」とか吹き出しをつければ、ぴったりハマるか。もちろんピット離れの失敗に対してであり、また「やっちまったな!」とばかりに笑いながら寄ってくる仲間たちへのパフォーマンスである。上瀧和則選手会長も、まず池田に笑いながら慰めの言葉をかけており、モニターで観戦していた選手たちはきっと「あぁ~」「何やってんだよ~」とため息をついていたのだろう。もちろん、いちばん悔しいのは池田であり、それを仲間に対しては笑いに変えていく茶目っ気も池田らしさなのである。
2012_0826_0506 原田もやはり苦笑い。カドが転がり込んでくるというツキを活かせなかったあたりを悔やんでいたか。レース前、原田は平本と長く話し込んでおり、別れるときに「ありがと」と背中を2、3度たたいて、どこかに向かっている。遠目には平本にアドバイスや意見を求めているというふうに見えていて、そしてレース後に平本がまず寄り添ったのは原田だった。その平本と言葉を交わしながら、苦笑いが浮かぶ。練りに練った戦略が無に帰したことへの苦笑だったか。
2012_0826_0524 智也は、ピットに帰って来ると、峰のもとに向かった。大声であの2周1マークについて、振り返り合ったのだ。峰は悔しげに苦笑を浮かべ、智也はむしろ楽しそうに微笑んでいた。智也はその後も笑みを浮かべながら一連の作業をこなし、また峰もモーター返納作業の間は、苦笑交じりの笑みを浮かべていた。ただ、智也は作業を終えて報道陣に囲まれると、やるせない表情になっていたし、2012_0826_0490
峰はピットに戻ってきた直後、露骨に顔をしかめている。もちろん、本音はそちら。しかし、レースが終われば悔しさを胸にたたえながらも、笑みが浮かぶこともある。そこに本音が入り混じることで、笑みは苦笑いになるのだろう。

 勝った瓜生は、もちろん笑顔である。ただ、決して歓喜を爆発するのではなく、ただ静かに笑っているのが瓜生正義だ。我らが御大将を出迎える福岡軍団は喜びをあらわにしているのに、当の瓜生はただ笑っている。上瀧会長が「おめでとう!」と祝福を浴びせても、「あ、ありがとうございます」と淡々。僕には、そういう振る舞い自体がすでに瓜生正義の強さの一部のようにも見えていた。
2012_0826_0574 共同会見でも、穏やかに淡々と語る瓜生からは、突き抜けた歓喜や気分の良さは感じられない。
「まだまだ課題点があるので、少しずつ少しずつなくしていきたい」
 ミスターパーフェクトにもまだ課題点があるんですか!? そりゃ本人としてはまだまだ不満な点があるのだろう。だが、そのハードルの高さには感服するしかないし、またそこまで貪欲でありながら、決してそうとは感じさせない雰囲気は誰もが醸し出せるものではない。会見の終わり際に「お世話になりました」なんて頭を下げるあたりも、図抜けた人間性だ。
 この人、やっぱりミスターパーフェクトなんだよなあ。会見場を去っていく穏やかな笑みを見ながら、しみじみそう感じた。これからあと何回、この艇聖スマイルを見ることになるのだろう。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (6)

H記者の『強運の竜に乗れ!!』予想

さあ逝こう、優勝戦!

12R優勝戦
 ①瓜生正義(福岡)SS
▲②池田浩二(愛知)A↑
○③山崎智也(群馬)A(行き足S)
 ④原田幸哉(沖縄)A
◎⑤峰 竜太(佐賀)A
 ⑥松井 繁(大阪)A↑
進入162/345

 久々にやってきました、「白カポの艇聖・瓜生を蹴飛ばして、帯封をゲットしよう!」コーナー。勝算は、ありますっ!! 松井のおかげですね。前付け宣言した以上、インを奪う勢いで攻めてくれると信じます。瓜生を楽インにしたら、その場で優勝者が決まってしまう。昨日、肌身で感じた王者のプライドが、それを許しません。つか、そういうスリリングな待機行動を見たい。
 で、瓜生が抵抗して深めの16並び。3コースは池田ですが、F持ちでコンマ15が限界か。こうなると、パワーもへちまもない、「展開のレース」になります。4カドから智也がコンマ10前後で昨日と同じ絞りまくり。幸哉がマーク差しを狙って、普通は3=4がモロ筋。
 ただ、このとき幸哉よりもっと怖いのが峰リューなんです。あの若者はいつでも「見る前に跳ぶまくり差し」をやらかすんです。今節、3度もタッチSをしながら生き残った強運は、必ずや全速差しの間隙を生み出すはず。そこにスポーーーンッと入れば、瓜生をも千切り捨てます。智也との折り返し、それにあまりに人気がなさすぎる池田も絡めます。

3連単★5=3-全、押さえ235BOX
ミリオンアタック★5-3-2に2500円(あれば……><)

今節も、ありがとうございました。ちなみに、今年の甲子園の優勝校は、大阪桐蔭でしたか。ん??


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (6)

“本誌予想”MB記念優勝戦

12R
1コース想定=瓜生 まくられ率15.0% 差され率13.3%
2コース想定①=池田 逃がし率55.8%
2コース想定②=松井 逃がし率44.4%
展開予想のカギ①山崎4コース時まくり/差し=3/5
展開予想のカギ②原田5コース時まくり/差し=0/6
松井がコース動くのは必至で、2コースか3コース。池田が主張するのか、譲るのかがポイントだが、いずれにしても2コース逃がし率の高い選手が2コースに入りそうで、瓜生にとっては心強いデータとなる。本命はパワーも考慮して瓜生。ただし、スローが深くなれば、山崎がカドに引いて準優の再現を狙ってくる。近況の山崎は4コース時差し、まくり差しも多いが、昨日の足があれば伸びてまくる可能性は高い。山崎の逆転も考慮したい。その攻めに乗れる原田も押さえたいところで、印はつけないが、峰も怖い。
◎瓜生 ○山崎 ▲原田  
3連単1=3-全 1-4-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の水神祭! ばばちゃん!

Uu5w6882


 5Rで馬場貴也がSG初1着! 準優進出は果たしたものの、まだ1着がなかった馬場ですが、最終日に嬉しい嬉しい初白星。レース後、速攻で水神祭が行なわれました。

Uu5w6898 中心となったのはもちろん、守田俊介ですが、近畿勢も総出で馬場の初勝利を祝います。馬場は直立不動態勢で持ち上げられ、そのまま人間ロケットのように水面に放り投げられています。
 で、それだけでは終わらなかったのですが……。

Uu5w6915馬場が投げ込まれました。

Uu5w6918_2ん? 守田俊介に忍び寄る怪しい影……

Uu5w6920_2あ、押した!

Uu5w6924_2あ、落ちた……

Uu5w6910_2犯人の横顔が写っております……。

Uu5w6946_2とにかく、馬場選手、おめでとうございます! 日本最速のスピードはSGでも通用することを証明したシリーズでしたね。今後もSG常連になってください! そして後ろでずぶ濡れになっている人も、減量素晴らしかったっす!(PHOTO/池上一摩)













| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (1)

H記者の『穴極選』6日目

準優10Rで作った軍資金も、もはや風前の灯になったHです>< いつもこのパターンだなぁ。なんとか選抜Aで復活したいっ!!

11R選抜A戦
★①平石和男
 ②辻  栄蔵
★③今村  豊
 ④篠崎元志
◎⑤馬場貴也
 ⑥馬袋義則

進入123/456

 馬場のS一撃。今日の足は完璧に仕上がってます。4カド想定の篠崎は、地元ダービーを睨んでどこまでS行けるか。おそらく、先に仕掛けるのはカド受けのミスターです。馬場はミスターを全速で追っかけながら、目をつぶってのまくり差し。日本一の快速野郎が、最後にその天才的なスピードを魅せてくれます! 昨日の足凄かった平石と自力駆けのミスターへ。

3連単★5-13-全

 戦車に竹槍で立ち向かうであろう優勝戦予想は、10R頃にアップします。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――いつも通り

 これだけの豪華メンバーが集まれば、前半戦のピットはむしろ「いつも通り」だ。SG合計31冠。数々の修羅場をくぐってきた、そして結果も出してきた強豪ばかりなのだ。この日の過ごし方を知り尽くしているに決まっている。
2012_0824_0450 まあ、峰竜太は明らかに表情が硬いわけだが、これも「いつも通り」ではあろう。エンジン吊りで前田将太が話しかけても、笑みは見えない。会話は交わしつつも、頬が引きつり気味に見える。背中からちょっかいを出してきた西山貴浩には、ボディにパーンチ! こうしてじゃれ合いながらも、峰の表情はたとえば昨日の準優後のような弾けっぷりがない。だが、これは先述したとおり、「いつもの峰竜太」。後輩たちが絡んでいって極度の緊張はほどいてくれるだろうから、レースではきっと力を出し切ってくれる。
2012_0825_0190 池田浩二の表情がきりりと引き締まってるように見えたが、これは気合のあらわれか。昨日の会見は泣きまくっていた池田が、朝の公開インタビューでは「優勝します!」と力強く宣言した。この豹変は何だ? そう思っていたのだが、その謎はわからないまでも、顔つきはぐっと力強くなっているのは確かだ。もっとも、東本勝利にすれ違いざま自分からぶつかってふざける、という茶目っ気は相変わらずだが。
2012_0825_0255 原田幸哉は、松井繁と向かい合ってプロペラ調整。この男が大一番前に緊張しているところは見たことがなく、今日も顔を合わせれば爽快な笑顔だし、プロペラを見つめる視線はいつも通りに鋭い。彼が住む沖縄には過去最大ともいわれる台風が上陸すると言われており、熊谷直樹が心配して声をかけるシーンもあった。幸哉も気がかりには違いないが、それにもいつも通りの笑顔で返している。北海道の熊谷と沖縄の幸哉……何がどうというわけではないが、ちょっと感動した。
2012_0825_0771 で、一緒にペラを叩いていた松井は、3R前には愛用の小さな椅子を持って、控室へと消えていっている。昼間の時点での調整はほぼ終わったのだろう。ゆったりした足取りはさすがの風格で、もちろん精神的な余裕もうかがえる。4Rでは1着の馬袋義則を出迎えて、「嬉しいか?」とからかうように祝福の声をかけていた。馬袋義則はなぜか上目づかいで「嬉しい……」。松井と魚谷智之が爆笑した。
Uu5w6422 山崎智也の涼しい表情も印象に残る。僕がピットにいた間は、ずっと整備室隣接の喫煙所にいるか、エンジン吊りに出るか、という過ごし方で、悠々とした時間を過ごしている。地上波中継のインタビューに呼ばれた際にたまたますれ違ったので挨拶をすると、めっちゃ優しい笑顔を返してくれて、おっさんでもクラクラ……。エンジン吊りでは秋山直之と楽しそうに話している姿もあり、闘魂エンジンが点火されるのはもう少し先のことになりそうだった。
2012_0825_0214 で、ただひとり、「いつも通り」ではない選手がいたとするなら、僕には瓜生正義と見えた。作業的にはプラグのカーボンを削ぎ落すところを見ただけで、4R前にはペラゲージを控室に運んでいたりもしており、余裕の昼下がりといえばそのとおりだが、表情にちょっとだけカタさが浮かんでいるように見えたのだ。エンジン吊りでは、いつも後輩に囲まれて柔らかな表情を見せているのだが、今日はなぜか眉間にシワが見えたりしており、篠崎元志が話しかけても目が笑っていないように見えた。さすがの瓜生もSG優勝戦1号艇に緊張? そういえば、SG優勝戦の白カポックはこれが意外にも2度目だとか。まあ、空回りするような瓜生ではないと思うのだが、果たして……。(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩=峰、山崎 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (5)

優出インタビュー!

Uu5w6664①瓜生正義(福岡)
「エンジンはいいです。
エンジンにもボートにも不満はないです。自分なりのレースができればいいと思います。スタートはカンとは合ってますけど、自信はない。課題は僕自身だけですね」

Uu5w6666


②池田浩二(愛知)
「エンジンは普通くらいだと思います。どの点も威張れるところはないです。コースはどこからでも行けるよう用意をしておきます。
優勝します!」

Uu5w6673


③山崎智也(群馬)
「昨日は、予想以上に伸びていきましたね。本番になるまでコースはわからなさそうなんで、自在にいきます。お盆に江口さんにアドバイスもらって、ペラはいい感じになっている。
カッコいいレースを見せるので、楽しんで帰ってください」

Uu5w6691④原田幸哉(沖縄)
「不満なところはまったくないですね。理想は4カドですが、臨機応変にどこからで行けるように。スタートは勘通りですが、踏み込み切れていないので、
度胸持ってスタート行きたいです」

Uu5w6697


⑤峰竜太(佐賀)
「昨日はあまり良くなかった。終わってから調整して、今朝乗ったらいい感じに戻っていました。5コースか6コースだと思います。スタートは
目一杯行きたいです」

Uu5w6710


⑥松井繁(大阪)
「昨日くらいから乗り心地を含めてだいぶいい。今朝乗って、いい感じだったのでこのままいきます。コースは、6コースから…………
行きません! スタートは自分のなかでは行ってる。高配当出します!」


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

本日の“本紙予想”モーターボート記念最終日

ども。Kです。今節は、決して不調ではなかったのですが、どうも突き抜けきれなかったというか、何というか。最終日は笑って帰るぞ~。

1R
1コース想定=中村 まくられ率11.1% 差され率14.8%
2コース想定=郷原 逃がし率45.9%
中村がスタート決めてきっちり逃げ切る。
◎中村 ○佐々木 ▲山口
3連単1-45-全

2R
1コース想定=毒島 まくられ率4.2% 差され率22.9%
2コース想定=湯川 逃がし率48.9%
毒島が意地見せる逃走。
◎毒島 ○石渡 ▲濱野谷 △前田
3連単1-456-全

3R
1コース想定=秋山 まくられ率15.3% 差され率15.3%
2コース想定=中島 逃がし率35.1%
篠崎が優出漏れの悔しさをぶつける強攻策。
◎篠崎 ○萩原 ▲平本 △秋山
3連単3-451-全

4R
1コース想定=馬袋 まくられ率14.3% 差され率11.1%
2コース想定=守田 逃がし率44.7%
馬袋が先マイ決めて逃走。
◎馬袋 ○守田 ▲中里
3連単1-23-全

5R
1コース想定=馬場 まくられ率7.9% 差され率14.3%
2コース想定=平尾 逃がし率44.9%
馬場が逃げ切って水神祭だ。
◎馬場 ○平尾 ▲原田
3連単1-23-全

6R
1コース想定=木村 まくられ率12.3% 差され率21.9%
2コース想定=寺田 逃がし率46.2%
寺田を高い壁にして木村が逃走。
◎木村 ○寺田 ▲辻
3連単1-25-全

7R 
1コース想定=山口 まくられ率11.5% 差され率19.2%
2コース想定=重野 逃がし率40.4%
握り屋多く、展開もつれるかも。湯川の捌きに期待。
◎湯川 ○山口 ▲重野 △今村
3連単3-124-全

8R 
1コース想定=魚谷 まくられ率11.5% 差され率17.3%
2コース想定=濱野谷 逃がし率48.7%
魚谷がしっかり逃げ切ってラスト走締める。
◎魚谷 ○佐々木 ▲守田 △平石   
3連単1-345-全

9R ドラキリュウ選抜
1コース想定=西山 まくられ率10.0% 差され率35.0%
2コース想定=田村 逃がし率40.0%
赤岩と連動する中澤がまくり差し一閃。
◎中澤 ○西山 ▲赤岩 △坪井  
3連単4-135-全

10R 特別選抜B戦
1コース想定=熊谷 まくられ率2.1% 差され率33.3%
2コース想定=齊藤 逃がし率38.5%
中島のまくり差しで穴狙いだ。
◎中島 ○熊谷 ▲齊藤 
3連単5-12-全

11R 特別選抜A戦
1コース想定=平石 まくられ率18.2% 差され率18.2%
2コース想定=辻 逃がし率38.0%
平石が快足活かして逃げ切る。
◎平石 ○辻 ▲篠崎 △馬場    
3連単1-245-全

優勝戦はのちほど。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

最終日!

おはようございます。桐生モーターボート記念は最終日。いよいよ優勝戦です! 超豪華メンバーが出揃った優勝戦、どこからでも狙えそうでいて、超抜パワーの瓜生正義が1号艇という鉄板態勢。さまざまな展開が予想できて、舟券も最高に面白くなりそうな一戦です。もちろんレースもめちゃくちゃエキサイティングになるはずですよ!

Uu5w6545常にクールな表情の寺田祥。昨日のレース後もそれは変わりなかったのですが、さすがに悔しさがにじみ出ていました。これが、今年終盤に向けての戦いに臨むテラショーに火をつけたはずと思います。(PHOTO/池上一摩)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

桐生MB記念 準優ダイジェスト

同県の絆パワー

2012_0825_r09_1188 9R 進入順      st  半周ラップ
①池田浩二(愛知)13 18・34
②原田幸哉(沖縄)13  18・47
③中島孝平(福井)15  18・51
⑥今村  豊(山口)10  18・48
④篠崎元志(福岡)12  18・76
⑤齊藤  仁(福岡)18  18・70

2012_0825_r09_1219  池田が勝った。4コースに潜り込んだミスター今村のまくりを全速の先マイで凌ぎ、流れながらも幸哉の差しを封じた。相変わらず、池田本人は泣きっぱなしだが、今日の足が今まででいちばん良かったはずだ。3日目から注目している桐生ホームページの「半周ラップタイム」、今日の池田が18秒34で、幸哉のそれは18秒47だった。これだけで「池田の方がいい」と言うつもりはない。

2012_0825_r09_1198 ただ、昨日までは幸哉のタイムの方がはるかに良かった(昨日は池田18秒94、幸哉18秒38)のに、今日は立場が逆転している。つまり、池田が大幅に良化した可能性が高い。
 バックの足色からも、それは見て取れた。あれだけ池田が流れたのだから、昨日までのムードなら幸哉が差しきれるはずだ。が、まるで届かない。ターン回りでも差が詰まらない。今節、池田にペラのアドバイスをしていたのが幸哉だ。そのためか、ふたりの足色は瓜二つに見えた。
 1着・池田、2着・原田。
 惜しくもまくりが不発に終わったミスター今村はじめ、後ろの4艇が完全に千切れた。ちなみに1-2-6は桐生「半周ラップタイム」の1・2・3位、そのまんまの決着だった。

ホラーな2着争い

2012_0825_r10_1311 10R           st  半周ラップ
①寺田   祥(山口)16 18・51
②峰   竜太(佐賀)14  18・50
③平石和男(埼玉)15  18・39
④山崎智也(群馬)11  18・54
⑤馬袋義則(兵庫)13  18・82
⑥赤坂俊輔(長崎)19  18・71

2012_0825_r10_1328  マークカードに予想フォーカス4-12-全を書き込んでいたとき、やたらと気になる選手がいた。「半周ラップ」の1位・平石だ。展示タイムは平凡なのに、こちらはトップ。回り足、出足、二の足あたりが、かなり来ているとみていい。4-3-全も加えようか。いや、そんな余分なカネはない。目をつぶって、予想通りの8点に留めた。
 そして、智也が4カドから強引にまくった。半分覗いたところから絞りに行った。バック、ぎりぎり抜け出す。2番手は団子。2マークを智也が先制し、これで勝利を確定させた。肝心の2番手は、得意の全速ぶん回しで峰りゅーが抜け出す。こうなれば、スピードで峰に敵う相手はいない。4-2ができた。そう確信した。
2012_0825_r10_1387  だが、そこからの平石の追い上げが凄まじかった。全速マイで峰が突き放す。小回りから強烈な出足で、平石が追いすがる。全速マイ、小回り、全速マイ、小回り……峰の天才ターンをもってしても、ケリを付けられない。それどころか、ターンマークごとに差が縮まっている。まるでホラー映画だ。そう、平石は半周ラップ通りの鬼足だったのだ。

2012_0825_r10_1380  よ、4-3も買っとくべきだったかぁ???
 私は泣きそうになった。そして、半周ラップタイムの優秀さを身に染みて感じた。最終ターンマーク、ついに平石がターンマークを先取りした。やや遅れて、峰が全速でぶん回す。峰リューにしかできないと言われる、妙な間合いから繰り出す強ツケマイだ。最終ホーム、2艇の舳先が並んだ。こうなれば、外。首の皮一枚残して、峰が先にゴールを通過した。
 1着・智也、2着・峰。
 智也の気迫勝ちだった。パワー的にも、ふたりとも上位レベルはある。が、このレースのトップ足は、平石。現状では、次の11Rを勝ち上がった男とは、間違いなく大差だ。

約束されたワンツー

2012_0825_r11_1487 11R           st 半周ラップ
①瓜生正義(福岡)   17  17・95
②松井 繁(大阪)     22  18・33
③熊谷直樹(北海道) 21  18・68
④辻栄蔵(広島)       18  18・57
⑤馬場貴也(京都)    22  18・62
⑥木村光宏(香川)    27  18・80

 桐生ホームページに「半周ラップタイム」が貼り出された瞬間、ぶっ飛んだ。17秒95!!?? この3日間で、18秒を切った選手はいない。レースごとにすべて書き写していて「18秒を切ることなんて、ないんじゃないか」などと勝手に思い込んでいた。それが、17秒95。それから、松井の時計にもウムムと唸った。昨日は18秒69と平凡だったのに、今日は33。どこで何をしたのか、良化は明らかだ。怪物パワーと、上昇パワー。

2012_0825_r11_1502  うーーーーん、こりゃ、1-2で仕方ないのかぁ??
 思いつつ、予想フォーカスの1-35-全を厚く張ろうとする私。10Rの的中による小天狗モードを、例によって静止できない。「いや、これは危ないって、やめとけ、俺」ともうひとりの私が遮るのだが、指が勝手に動いていた。

2012_0825_r11_1507  そして……バック中間で絵に描いたような1-2が出来上がった。1マーク、松井の差しが入るかに見えたが、それを許さないのが半周17秒台のパワーなのだ。
 差さりそうだけど、逆に突き放すな。
 私の思惑通りに、2艇が動いた。そして、瓜生を除けば、松井の足もなるほどしっかりしていて、逆転されそうな気配がまるでない。2マークを回って、どうしようもないほどはっきりと最後の2議席が決まってしまった。私が期待した熊谷と馬場は、はるか彼方に千切り捨てられた。
 1着・瓜生、2着・松井。
2012_0825_r11_1552  瓜生の足は、もはや言うべき何もない。半周ラップはモンスター、今節の勝ち時計1分47秒4は、2位の魚谷の1分48秒7を1秒3もブッチギッている。1秒3って、10艇身近い差じゃないっすか?? で、数字を裏付けるような凄い走りっぷりを何度も見てしまったというのに、これ以上どんな補足が必要だろうか。以上。

2012_0825_r11_1535_3    で、いちばん怖いのは松井だ。今日の仕上がりは出色だったし、6号艇というのがヤバい。「瓜生に誰かが鈴を付けなければ、1マークで万事休す」というのを肌身で感じたであろう王者が、進入から黙っているわけがないのだ。おそらく、出足系統を猛烈に仕上げて、本気でインまで奪いに行くのではないか。明日の気配とスタート練習は、絶対に見落としてはならないな。
 あ、ちなみにこのレース、1~6着まですべて「半周ラップ」通りの決着だったとお伝えしておく。(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

THEピット――ベスト6の心理とは……

 選手の心理というものについて、時々考えさせられる。全員が1着を目指しているのは当然のこと。しかし、準優勝戦は2着でもペケではないのだ。優勝戦の権利が得られるのだから。
Uu5w6267 10R、2着の峰竜太はガッツポーズ! 優出を決めたのだから、当然ではある。共同会見室に足を踏み入れた瞬間にもガッツポーズしていて、喜色満面なのだ。だが、それは1着を獲れなかった悔しさを、優出の喜びに変換しているだけではないのか、と思ったりする。峰竜太にはそれはないか、という気もするけどね。とにかく、レース後の峰はひたすら喜びを表現はしていた。会見場を去る時、チラリと目が合うと、サムアップしてきたりして。
2012_0825_0477 一方、11R2着の松井繁は、どこか不機嫌さすら感じさせるたたずまいだった。優出できたことが嬉しくないわけがないけれども、しかし敗戦は敗戦。「100%の力を出さなくても全部のレースで1着を獲る、というのが理想」と語っていた松井にとって、「いいレースはできたと思うけど、今のエンジンではあんなふうに先に回られたら差し切れない」という点については不満を抱えているのに違いないのだ。
Uu5w6499 9R2着の原田幸哉は、どちらかといえば峰寄りのふるまい。ヘルメットの奥では目を細めていて、優出の喜びは隠せないようだった。で、原田は11Rのレース後、松井を出迎えると手を差し出している。優出おめでとう、である。松井はその手を握り返しているが、決して「ガシッ!」という音が聞こえてくるような力強いものではなかった。それを見たこともあって、冒頭のようなことを考えてしまったのだなあ。

2012_0825_0208 勝者は明るい表情か、といえばもちろんそうなのだが、共同会見でネガティブなコメントしか言わなかった池田浩二の思いは果たして、とまた考える。とにかく、泣きまくったのだ。
 ちょっと待て、池田の泣きコメントは買いじゃないのか? そんなふうにも考える。池田の泣きコメントは「自分に課しているハードルが高いから」。たとえば、今日も「ターン回りは最低限にはなった」と言っていたが、その「最低限」が人よりもずっと高いところにあるのだ。ただ、今日の泣きコメントには「他者との比較」があった。「スタート練習のときから、弱い感じがした。出られる感じでしたね」。これは「池田の中のハードル」の問題ではないのだ。それを実感している池田は、不思議にも今年のSG初優出に安堵はしていたとしても、不機嫌な部分も心に残しているのではないかと思える。
Uu5w6554 一方で、山崎智也からは充実感しか伝わってこなかった。地元SGで、4カドまくり一撃での優出。そりゃあ、智也の気持ちも弾むというものだろう。
 カポック脱ぎ場では、智也の外からついていって、いったんは2番手争いに持ち込んだ馬袋義則が叫ぶ。
「ごめーん! 連動できへんかった~……」
「何やっとんじゃーって思ったわ!」
 願わくば同期ワンツーを、と臨んだ舞台。そのチャンスもありながら、かなわなかったことはお互いに無念であろう。それでも、智也にとってこの優出はただの優出ではない。
「優勝できる確率は6分の1以上になっている。ただ、分母はわからないですね(笑)」
2012_0825_0337 グラチャンで優出したとき、喫煙所で出会った智也は「これで6分の1になったね」と言った。そのグラチャンを上回る確率を示した今回、準V以上の期待をかけてもいいはずだ。
Uu5w6168 で、誰もが認める超抜パワーの瓜生正義。共同会見では「瓜生が5だとすれば、自分は?」という質問に対して全員が下の数値を答え、松井など「みんな2か3ちゃう?」とまで言っていたように、他のベスト6メンバーも瓜生を節イチととらえている。瓜生自身、それを今日はついに認めもした。そのうえ、すわるはポールポジションの1号艇。本来なら優勝への手応えにあふれていなければおかしい。ま、瓜生正義ですからね。いつでも謙虚。ということは、池田同様、自身に課すハードルが極端に高い。「まだ完璧じゃないです。といっても、たしかに分はいいし、あとは僕自身のわがままなんですけどね」は、まさにそのことを証明している。
Uu5w6614 では、「コースは絶対インということではなく、臨機応変に」という言葉をどう受け取ったらいい? ちなみに、6号艇となる松井も「臨機応変」と言っていた。1号艇と6号艇が同じ言葉を口にしたのだ。SG優勝戦で1号艇が「臨機応変」と言ってるのを聞いたことないぞ。とはいえ、もちろん「実際にはイン」なんだろうけど。それでも「臨機応変」と口にする瓜生。うーん……。

 まあ、そんなことをいちいち考えずとも、明日になれば6人は全力で戦う。瓜生は絶対に負けられないという思いだろうし、超抜瓜生が1枠にいる以上、他の5人が策を練らないわけがない。そして、明日は選手の気持ちもはっきりとわかりやすいわけだ。全員が1着以外には意味がない、と考えるはずだから。SG合計31Vの超豪華メンバーの優勝戦、そこにどんな思いが渦巻くだろうか。(PHOTO/中尾茂幸=松井、池田、智也 池上一摩=峰、原田、智也&馬袋、瓜生 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

速報 桐生MB記念優勝戦メンバー決定!!

 桐生ナイターMB記念の優出メンバーが確定しました。こ、これは、なんと豪華な面々!! 好枠で立ちはだかる“瓜池”、地元のエース智也、天才・幸哉、やまとの星・峰、不屈の王者・松井……こりゃもーー進入から目が離せませーーーんっ!!

12R優勝戦
①瓜生正義(福岡)
②池田浩二(愛知)
③山崎智也(群馬)
④原田幸哉(沖縄)
⑤峰 竜太(佐賀)
⑥松井 繁(大阪)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

H記者の『幸哉のズボ差し!!』予想

9R
○①池田浩二(愛知・常滑)B
◎②原田幸哉(沖縄・蒲郡)A
 ③中島孝平(福井・三国)A
 ④篠崎元志(福岡・福岡)B
 ⑤齊藤仁(福岡・江戸川)B
★⑥今村豊(山口・下関)A
進入123456か1236/45

 池田が幸哉より優位なのは、枠番(コース)のみ。パワーもスタート勘(今節の池田0・18、幸哉0・10)も幸哉が上。イン巧者の池田だけに、それで互角なのかも知れませんが、配当の妙味を考えれば幸哉の頭勝負。スボ差しに期待します。穴はミスター今村で、報知の藤原記者が「昼の特訓でいちばん激変していた」とのこと。

3連単★2-16-全

10R
○①寺田祥(山口・徳山)A
★②峰竜太(佐賀・唐津)B
 ③平石和男(埼玉・戸田)A
◎④山崎智也(群馬・桐生)A
 ⑤馬袋義則(兵庫・尼崎)A
 ⑥赤坂俊輔(長崎・大村)B
進入123/456

 赤坂が前付け練習をしていたそうですが、おそらく枠なり3対3。平石の今節のスタートはコンマ19。準優だけいきなり早いのが行けるとは思えず、コンマ13の智也が4カドから平石を叩いて自在に抜け出します。まくり差しなら4-1、まくりきれば4-2が筋。平均コンマ07!!の峰リューが不気味ですが、昨日の02→00から今日もタッチが行けるかどうか(行くかもしれないところが怖い><)

3連単★4-12-全

11R
◎①瓜生正義(福岡。芦屋)S
 ②松井繁(大阪・住之江)B
○③熊谷直樹(北海道・多摩川)A
 ④辻栄蔵(広島・宮島)A
★⑤馬場貴也(京都・びわこ)A
 ⑥木村光宏(香川・丸亀)C

進入126/345か162/345

 木村は99%動きます。スタート展示で行かなくても、本番は行くはず。松井の応対が微妙ですが、ダッシュを苦にしない熊谷の4カドは固いか。まあ、どんな進入になっても、よほどの深インにならない限り瓜生のパワー逃げ。相手は団子状態とみて、人気よりも隠れパワーがある熊谷と馬場に流します。

3連単★1-35-全

 もしも準優が私の予想どおりの決着なら、明日の優勝戦は①瓜生②幸哉③智也④寺田⑤池田⑥熊谷ってなことになるのですが、どうか。


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (9)

“本紙予想”MB記念準優勝戦

9R 準優勝戦
1コース想定=池田 まくられ率5.4% 差され率21.4%
2コース想定=原田 逃がし率52.9%
池田が原田を壁にして逃げ切る。
◎池田 ○原田 ▲齊藤  
3連単1-25-全

10R 準優勝戦
1コース想定=寺田 まくられ率9.5% 差され率26.2%
2コース想定=峰 逃がし率40.0%
峰が2コースから自在な攻め筋で抜け出す。
◎峰 ○寺田 ▲平石 △山崎 
3連単2-134-全

11R 準優勝戦
1コース想定=瓜生 まくられ率15.3% 差され率15.3%
2コース想定=松井 逃がし率43.5%
木村が2コースの可能性もあるが、いずれにしても瓜生の逃げ盤石と見た。ヒモ妙味は辻。
◎瓜生 ○辻 ▲松井    
3連単1-42-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

THEピット――ベスト18、それぞれの顔つき

2012_0824_0529 峰竜太のややカタい顔つきを見ると、ああ準優だな(あるいは優勝戦だな)としみじみ思う。賞金王決定戦を経験したほどの峰竜太だが、それが大一番の前の緊張を吹っ切るものにはならない。そして、それでいいのだと思う。あの松井繁だって「どんなレースだって、緊張するもんだよ」と言っているのだ。経験の蓄積は、緊張とうまく付き合うすべを教えてくれる。すでに4度もSG準優を突破している峰には、そのスキルが身についていると思う。
2012_0824_0242 では、これがSG初出場の馬場貴也はどうだろう。こちらも表情がカタく見えるのだが、緊張していて当然。というか、緊張してなければおかしいくらいだ。今日は1~3Rで近畿地区の選手の出走がなかったので、本来はエンジン吊りに出てくる必要はないのだが、馬場はやや手薄な陣営を見つけてはヘルプに駆けつけていた。そのときの顔つきがどうにもカタく見えたわけだ。頑張れ馬場貴也。今日の経験が必ずや日本最速男をさらに大きくするだろう。
Uu5w6073 ではSG初準優の齊藤仁はどうかといえば、整備室で本体を割っていた。準優組で本体整備をしているのは、というか一般戦組を含めても、仁ちゃんのみ。こちらは非常に柔らかな表情で、機力不足に悩んでの整備というわけではなさそうだ。同期の秋山直之や重野哲之が時折覗き込みに来て、仁ちゃんに声をかけていく。整備の内容が気になることはなるが、いい雰囲気で準優の日を迎えられてはいるようである。

2012_0822_0116 準優組を多く見るのは、やはりペラ室だ。中島孝平、熊谷直樹はわりと力強い槌音を響かせており、準優への気合が感じられる。この二人に共通しているのは、すでに係留所にボートがあったこと。ペラを叩き、試運転に飛び出し、感触を確かめてふたたびペラ叩き、という行程を繰り返しているわけだ。準優組で、早い時間にもっとも激しく動いていたのは、この二人と言っていいだろう。
2012_0820_0703 ペラ室の真ん中あたりでは、原田幸哉と池田浩二が額を突き合わせてペラを覗き込んでいた。今日は9Rの1号艇と2号艇で直接対決をする二人だが、手の内を隠して戦うのではなく、すべてをさらけ出したうえで真っ向勝負する心づもりだろう。それもまたガチンコのひとつの側面。もちろんワンツー決着が理想であるには違いないのだが。
2012_0824_1000 二人の真ん中に寺田祥が座り込んだ。この3人が輪になってペラを叩く場面は、今節何度か見ている。テラショーと池田は同期生で、仲のよさそうな姿はSGでは毎度の光景だ。テラショーは10Rの1号艇。この3人が優勝戦で顔を合わせるのを願いつつ、まずは準優突破のため力を尽くしているわけだ。

Uu5w4820 ふたたび整備室を覗き込むと、辻栄蔵がリードバルブ用のテーブルで何かしていた。何かしていた、って、えらい曖昧な表現だが、何をしているのかわからなかったのだ。右手を細かく往復させているのだが、手元がテーブルの上に置いてあるものの陰に隠れて見えない。動きからするとゲージ調整にも見えるが、辻のまわりにペラやゲージの類いが見当たらないのだ。いちばん可能性があるのはもちろんバルブ調整ですけどね。
Uu5w5769 それを終えた辻が横西奏恵とじゃれ合っているシーンを発見。辻、実にリラックスしている様子なのだ。賞金王1号艇を経験している辻にしてみれば、準優などに怯むわけがないのである。
 で、まるでそのあとを追いかけるかのように、山崎智也が力強い足取りで控室へ向かっていくのを見た。智也がいたのは、整備室に隣接した喫煙所。ここを飛び出して、足早に歩いていく。一瞬、「えーぞー、俺の嫁とじゃれ合ってんじゃねえ」と辻を追いかけたのかと思ったほどの勢いだった。
 その直前、喫煙所での智也を目撃していた。智也は微動だにせずに何かを考え込んでいたのだ。調整の方向性なのか、レースの戦略なのか、とにかく眉根にシワを寄せながら思索にふけっていたのだ。おそらく、あの勢いは何かがひらめき、それを行動に移そうとしたものだと思う。地元SG、優出しか考えていないはずの智也は、早い時間帯からスイッチが入っているようだった。(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (2)

本日の“本紙予想”モーターボート記念5日目

おはようございます。Kです。調子は悪くないんですが、どうにも突き抜けられなかった4日間。今日はガツンxと!……と思ったら、一般戦はほとんど1号艇本命になってしもうた……。

1R
1コース想定=谷村 まくられ率6.1% 差され率24.5%
2コース想定=郷原 逃がし率45.9%
郷原のスタート力はインにとっては壁になりうる。谷村の逃げ。
◎谷村 ○秋山 ▲重野
3連単1-45-全

2R
1コース想定=川上 まくられ率15.8% 差され率28.1%
2コース想定=中里 逃がし率47.1%
川上が予選落ちのうっぷんを晴らす逃げ。
◎川上 ○中里 ▲中村 △平尾
3連単1-246-全

3R
1コース想定=田口 まくられ率2.0% 差され率16.0%
2コース想定=森高 逃がし率43.8%
深川の2コースもあるかも、いずれにしても田口が気合逃げ。
◎田口 ○平本 ▲前田
3連単1-34-全

4R
1コース想定=赤岩 まくられ率7.6% 差され率13.8%
2コース想定=山田 逃がし率54,8%
1R同様、スタート力抜群山田は高い壁。赤岩が逃げる。
◎赤岩 ○魚谷 ▲西山
3連単1-34-全

5R
1コース想定=坪井 まくられ率17.9% 差され率17.9%
2コース想定=萩原 逃がし率38.2%
坪井がきっちりと先マイ決める。
◎坪井 ○萩原 ▲守田
3連単1-25-全

6R
1コース想定=田村 まくられ率7.1% 差され率21.4%
2コース想定=石渡 逃がし率61.0%
石渡の逃がし率が激高。田村が逃げる。
◎田村 ○重野 ▲井口
3連単1-34-全

7R 
1コース想定=田中 まくられ率7.3% 差され率16.4%
2コース想定=東本 逃がし率39.5%
田中が森高の攻めを制して逃げ切る。
◎田中 ○東本 ▲横西 △前田
3連単1-246-全

8R 
1コース想定=中澤 まくられ率15.2% 差され率16.7%
2コース想定=西山 逃がし率33.9%
西山が次点の悔しさ晴らす渾身の差し。
◎西山 ○中澤 ▲平本   
3連単2-14-全

12R
1コース想定=井口 まくられ率2.9% 差され率8.7%
2コース想定=深川 逃がし率32.2%
イン最強の井口が意地見せる逃げ。
◎井口 ○坪井 ▲田中
3連単1-34-全

準優勝戦はのちほど!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

5日目!

おはようございます。桐生モーターボート記念は5日目。9~11Rに準優勝戦が行なわれます。レース番号がデイレースとは違っていますので、ご注意ください。

2012_0824_0890齊藤仁はSG初準優! GⅠ初制覇の地で、ついに予選突破を果たしました。今日も明日も「初」を連ねていけば……(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (2)

桐生MB記念TOPICS 4日目

2012_0824_0159 憲吾が、湯川が、赤岩が圏外に消え去った4日目。みな、それなりにタイトな条件だったが、まさか、この男がV戦線から去ってしまうとは……><

ま、またかっ、山口!!

2012_0824_0383 我が前検ファミリーの鬼っ仔・山口剛が、またまたやらかしてくれた。今日の山口は2走で8点ノルマ。1・2号艇という枠を考えれば、当確ランプを点してもいいくらいだった。2着で後半を待たずに準優即決となる4R、2コースの山口は素直に差しハンドルを選択した。これが、まったく入らない。今節の山口も、課題は回り足なのだ。松井繁の2番差しが、山口を捕えた。それで焦ってハンドルを切りすぎたか、バランスを大きく崩してあえなく転覆。もちろん、選手責任マイナス7点で、一瞬にしてV戦線から消え去った。

2012_0823_0069「またかぁ!?」
「またやっちまった!」
 記者席のあちこちから、呆れたような声、声、声。私も半ベソかきながら、「またかよぉぉぉぉ」と叫んでいた。そう、山口の転覆はもはやSGの風物詩なのだ。今節も含め、山口は27節のSGに参戦して<転覆6回、落水2回、沈没1回、エンスト1回、フライング1回>……実に11回もゴールに辿り着いていない。で、去年からここ1年半はもっとド派手で、8節のSGで転覆4回、落水1回、フライング1回。これ、すべて予選道中。つまり、アクシデントの連続で、ほとんどV戦線に参加できないでいるのだ。ちなみに、事故が起きる前の予選成績を羅列してみると。
1・122・114・22・2323

2012_0824_0397_2 毎節毎節、大崩れがまったくない、素晴らしい成績なのである。焦らなくても、予選突破はおろかV街道をひた走れそうなほどの成績なのである。今節も。なのに、この子ときたら、いきなり何の前触れもなく、あたかも水面とじゃれあうかのように、水面に飛び込んでしまうのである。
 まあ、やんちゃというかおちゃめというか、そんな剛がどうにも愛おしい私なのだが、ぼちぼち卒業してもいい頃だと思うぞ。「技の百貨店」なら聞こえはいいけど、「アクシデントの百貨店」なんて言われないようにね、剛クン!!

ドラゴン・タッチ

 今年いちばん厳しい勝負駆け。10Rの必要十分条件は、こんなだった(ボーダー6・00想定)
①守田俊介…①
②魚谷智之…②
③今村  豊…④
④齊藤 仁…②
⑤中澤和志…②
⑥峰  竜太…④

2012_0824_0046 メイチ連対勝負の4人はもちろん、誰一人として大崩れが許されないサバイバルカード。私は、だからこそスタートが揃い、内から順繰りで1-2-3になると予想した。守田俊介へのエコ贔屓も手伝って。そして、俊介は私の期待通りのスタートを決めた。インからコンマ09、ほぼ全速。2コースの魚谷が少しだけ凹んだが、カド受けのミスター今村もコンマ09(もちろん全速)。いかにも勝負駆けらしい、気合いのスロー勢だった。
 だがっ!! 4カドにいた男は、そんなスロー勢の気合いをはるかに上回っていた。6号艇の峰竜太。恐るべきピット離れでたちまち4コースに潜り込んだこの若者は、ピット方面の奥深くまで艇を引っ張った。

2012_0824_0449 うぅ、なんか、やべ。
 井口と峰の4カドは、不気味なオーラが漂う。でも、きっと大丈夫。全速モットーのミスターが、屈強な壁になってくれる。そう祈りながら、観ていた。そして、前記のとおりスロー勢は、しっかりとスタートを決めたのだ。
 峰のスタートは、コンマ00だった。しかも、全速だった(本人談)。いくらミスターが全速でも、ダッシュ選手にタッチSを決められてしまっては、ひとたまりもない。あっっっっという間に、今村、魚谷、そして我が俊介を呑み込んでいた。その間、3秒くらいだったろうか。5日間で5キロも減量した俊介の努力が、命知らずの若武者にわずか3秒で吹き飛ばされた。

2012_0824_0115 5着から10艇身ほども千切られ、息も絶え絶えの体で走る俊介。私は1Mの片隅から、「お疲れさん、よう頑張った」と心の声をかける。そして、先頭をひた走る佐賀の若きエースに、心の拍手を贈った。これぞ、勝負駆けオブ・ザ・イヤー。全員が命懸けのレースで、まさに生死の際の際まで突っ込んだ。しかも、4着条件なのに、迷うことなく1着だけを奪いに行った。
 峰リュー、お前はもう、SGがマジで近いな。
 心の中で呟いた。

転覆でも断トツ??

2012_0824_0146 さてさて、ボーダーから目を上に転じてトップ争いを見ると……これがまた、違った意味で凄かった。12R直前のトップ争いは、こうだ。
①瓜生正義 9・60
②寺田 祥 7・60
③池田浩二 7・50

 この大差! 瓜生がトップになるための条件は「無事故完走はもちろん、転覆してもOK」だったのである。さすがに選手責任マイナス5点ならトップ陥落だが(それでも予選5位だったw)、責任外なら断然トップ。つまり、12Rの瓜生が“本気で”予選トップを狙うなら、誰にも接触せず最後方を走るのが最善の方法だった。

2012_0824_0016 こんな境遇で、6コースからどこまで頑張れる、瓜生??
 それが私の最大の焦点だったのだが、さすが“歩く勤勉、走る誠実”、しっかりと3着争いに加わり、パワーとテクを120%駆使して舟券に絡んでしまった。あとは、明日とあさって、逃げきるだけ。あの、福岡での4カドまくりVから、ちょうど丸1年。強い強い男が帰ってきた。(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

THEピット――悲喜こもごも

Uu5w6046「怒られた~……」
 10Rの勝利者インタビューを終えてピットに戻ってきた峰竜太が、そう言って苦笑いした。4カドを獲っての豪快まくりを決めたわけだが、これがコンマ00のタッチスタート。出迎えた九州勢もニヤニヤと笑っていたし、峰自身、審議を知ってヒヤヒヤもしたし、正常と告げられても平常心ではいられなかったようだ。カポックを脱ぐと、「速攻で謝ろう!」と、呼び出される前に競技本部へダッシュ。そこで競技委員長から厳しいお叱りを受けたらしい。「ガッツポーズで帰ってきたかったんだけど、できませんでしたよ~」と反省しきりだ。
Uu5w5678 他のメンバーも、峰のスタートはかなり危ないと感じていたらしい。なにしろ、峰を含めて5名がゼロ台のスタートなのだ。魚谷智之は「6はフライングだとずっと思ってましたよ」と言っていたし、今村豊もあきれたように笑っていた。今村は、「(スリット写真を)ルーペで見てたら、出てるかもしれないぞ!」と峰をからかったりして。二人とも渾身のスタートを決めたはずだったのに、峰はさらに前にいて、それが入っていてまくりを決められてしまったのだから、特に勝負駆けに失敗してしまった魚谷は苦笑いするしかないようだった。悔しさがあらわになっていた。
 それにしても、コンマ00で残ったということは、流れが峰に味方しているというしかない。「流れを自力でつかめましたよ!」と峰は嬉しそうに語っていたが、これが結果的に大きかったということになる可能性は十二分にある。峰は昨日、2コースで失敗しており、それを気にしていたが、11Rが始まるころには「悪いイメージは捨てよう。よし、ポジティブになった!」と気分を切り替えていた。明日はガッツポーズでピットに戻ってくる可能性はおおいにありそうだぞ。

2012_0824_0680 11R、木村光宏が前付けで2コースを奪取。スタートで失敗したインの山口剛をまくって、原田幸哉に差されたものの2着。これが結果的に、木村を18位に滑り込ませることとなった。まさに、渾身の勝負駆けだ。
 ピットに戻ってきた木村を出迎えた森高一真が満面の笑みを浮かべている。「よくやったな!」という表情だ。森高のほうがはるかに後輩なのだが、先輩の快挙を讃えるという感じではなかったように見えた。以前、丸岡正典に聞いたのだが、森高は木村の尻を叩くことが多いのだとか。先輩の持ち味である変幻自在の戦いぶりは、木村自身も時に迷い悩むことがあるようなのだが、それを叱咤激励しているのが森高だという。森高の心からの声援を受けて、木村は我々を楽しませる走りを魅せてくれる。
 森高の笑顔に、木村は照れたように顔をゆがませてみせた。「やっちまった!」とでもいうような表情で、それを見て森高の笑みはさらに深くなる。だんだんと木村の顔がほころんでいって、そこには実に強い絆が浮かび上がっていたのだった。
2012_0824_0760 一方、どうにも意気上がらなかったのは福岡勢だ。西山貴浩は5着で予選突破を確定させることができたのだが、まさかの6着。一気のランクダウンに、特に川上剛の顔はカタくなっていた。戻ってきた西山は、ヘルメットを脱ぐと天を仰ぐ。目尻には悔しそうなシワが浮かび、小さく「がーっ」と叫んだ。川上は、そんな西山に走りっぷりについて語り続ける。西山は悔しそうな表情を消そうともせずに、師匠の言葉に耳を傾けていた。それは説教の場面にも見えたし、次に向けてのアドバイスの光景のようにも見えていた。とにかく、二人ともあまりにも悔しそうだった。
 その時点では、実は望みが消えたわけではなかった。西山は19位へと順位を落としていたのだが、だから上から誰かが落ちてくれば、18位に浮上できる。ただ、上から落ちてくる可能性があるのは、12Rのメンバーではその時点で18位だった辻栄蔵のみ。川上は僕の持っていた得点表を覗き込んで、状況を知ろうとしていた。二人して必死で計算してみてわかったのは、田口節子と赤岩善生が1着なら西山を超えるので、いずれにしても終戦(田口は2着でも超える)。両者ともに1着を獲れなかったとき、辻が4着以下なら西山が再逆転する、ということも判明した。
Uu5w6018「大丈夫。ウチの後輩は持ってるから」
 力強く言い放つ川上。これは辻や田口や赤岩の敗戦を祈っているというわけではない。結果的には同じ意味になるのかもしれないが、川上はひたすら後輩の強運を信じ、後輩の予選突破を力いっぱい願っているだけなのだ。いわば親心に近いものだろう。それが絆というものである。
 しかし12R、辻栄蔵は見事に差し切って1着。その瞬間、西山の終戦は決定した。瓜生正義のエンジン吊りに出てきた西山の顔は蒼白で、どこからどう見ても悄然とした様子だ。川上もまた、表情をカタくしていた。エンジン吊りが終わり、落胆する西山に川上は寄り添い、肩を抱いて慰めたりもしていた。西山は今日、悔しくて眠れないかもしれない。しかしそばにはこんなにも心強い師匠がいる! 明日はしっかりリベンジしてくれ!
Uu5w4823 で、勝った辻栄蔵は、その勝利が他者の準優進出への道を閉ざしたと認識していたのかどうか、意外と淡々としてピットに帰ってきていた。もっともっと大騒ぎしてもおかしくないと思っていたのに、山口剛らと静かに勝利を喜びあい、予選突破の安堵を見せるのみだった。悲喜こもごもの勝負駆けのなか、選手たちの優しさが垣間見える場面もあるのである。(PHOTO/中尾茂幸=木村、西山 池上一摩=それ以外 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

準優メンバー確定!

準優メンバーが確定しました。今節は各場から原則2名ずつの推薦で出場メンバーが決まっていますが、ベスト18は全員が違う場の推薦! まさしく“甲子園”になっています!

9R
①池田浩二(愛知・常滑)
②原田幸哉(沖縄・蒲郡)
③中島孝平(福井・三国)
④篠崎元志(福岡・福岡)
⑤齊藤仁(福岡・江戸川)
⑥今村豊(山口・下関)
10R
①寺田祥(山口・徳山)
②峰竜太(佐賀・唐津)
③平石和男(埼玉・戸田)
④山崎智也(群馬・桐生)
⑤馬袋義則(兵庫・尼崎)
⑥赤坂俊輔(長崎・大村)
11R
①瓜生正義(福岡。芦屋)
②松井繁(大阪・住之江)
③熊谷直樹(北海道・多摩川)
④辻栄蔵(広島・宮島)
⑤馬場貴也(京都・びわこ)
⑥木村光宏(香川・丸亀)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (1)

H記者の『本命極選~赤城の山も今宵限りか??』予想

 3R、俊介の2着万太郎を取りこぼしたHです。もはや軍資金は2英世。私もメイチ1着勝負の心意気で、このふたりの英世を俊介に突っ込みます!

10R
◎①守田俊介…①
○②魚谷智之…②
▲③今村  豊…②③
 ④齊藤 仁…②
 ⑤中澤和志…②
 ⑥峰  竜太…④

進入123/456

 今日、いちばん厳しい勝負駆けレースがこれ。ミスター今村の前半成績次第では、今年いちばんの“死のグループ”かも?? この状況はイン想定の俊介にとって最悪のようですが、逆にみんなが集中しているからスタートが揃い、きっちり逃げきる展開が望めます。今朝の俊介の測定体重は、ついに49・9キロ!!!! デビュー以来、50キロを割ったことがあったでしょうかね。前検から約5キロ絞ったハングリー精神が、このイン戦で炸裂します。
 焦点は2着ですが、魚谷に決めました。昨日から猛チェックしている桐生ホームページの半周ラップ。先刻の1Rで、魚谷が18秒03という凄まじいラップを出しました。結果は3着でしたが、展開が悪かった。ここは2コースから外を封じて差し粘ります。3着も枠なりミスターで、近年まったく買っていない1・2・3ダァーー勝負。前売りで全部突っ込みまーーす!

2連単★1-2…1000円
3連単★1-2-3…1000円

 これが外れたら、赤城山麓の樹海に入ります。


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

“本紙予想”MB記念4日目後半

7R 
1コース想定=赤坂 まくられ率6.5% 差され率22.6%
2コース想定=山田 逃がし率53.3%
山田を壁にして赤坂が逃げ切り。
◎赤坂 ○池田 ▲湯川
3連単1-43-全

8R 
1コース想定=東本 まくられ率8.3% 差され率25.0%
2コース想定=川上 逃がし率37.8%
辻のまくり差しが突き刺さると見た。
◎辻 ○東本 ▲川上 △濱野谷   
3連単3-126-全

9R 
1コース想定=平石 まくられ率18.2% 差され率18.2%
2コース想定=井口 逃がし率51.9%
平石がきっちりS決めて逃げ込みはかる。
◎平石 ○篠崎 ▲萩原  
3連単1-34-全

10R 
1コース想定=守田 まくられ率11.1% 差され率17.8%
2コース想定=魚谷 逃がし率52.6%
今日も快調に減量の守田が逃げ切る。
◎守田 ○今村 ▲齊藤 
3連単1-34-全

11R 
1コース想定=山口 まくられ率11.8% 差され率19.6%
2コース想定=原田 逃がし率52.9%
原田の逃がし率高く、山口がきっちり逃走
◎山口 ○中島 ▲山崎    
3連単1-46-全

12R
1コース想定=田中 まくられ率7.4% 差され率14.8%
2コース想定=辻 逃がし率38.0%
田中がS決めて逃走する。
◎田中 ○瓜生 ▲辻 △赤岩
3連単1-624-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

THEピット――勝負整備?

2012_0823_0215 整備室に赤岩善生。不思議でもなんでもない、SGでは必ず見かける光景だが、今日の赤岩はその後に不思議な動きをしていた。
2012_0823_0381 1R展示後くらいにモーターをボートに装着。いったん姿を消している。次に姿をあらわした赤岩は、たまたま通りかかった寺田祥に声をかけて、モーターを外して架台に乗せた。そして整備室へと戻っていったのだ。本体を割っている様子だったが、1R前にまたモーターを装着していたので、時間経過を考えれば、大整備ではなかった模様だ。
 1Rが終わり、エンジン吊りを終えた赤岩は自艇のもとへ。それを見た山田哲也がモーター架台をもって駆けつけ、なんと赤岩はふたたびモーターを外したのだ。整備室では、モーターをボートに引っ掛ける部分(ブランケット)を交換している様子があって、隣で見ていた青山登さんは「乗り心地が悪いんだろうな」と言っていた。
 1R展示後に装着してから、モーターを外して整備室に持ち込むこと2回。しかし赤岩はこの間、いちども水面には出ていないのだ。つまり、整備しながら、装着しながら、問題点を発見していったことになる。試運転などで感触を得ることなく、何かを感じ取ったのだ。これが整備巧者の腕前なのか。ともかく、その感覚と執拗なまでの整備には驚かされたのだった。
2012_0823_0099 本体整備は寺田祥も始めていて、準優当確ながら、手を緩めるつもりはまったくないようだ。早い時間帯に本体と向き合っていたのはこの2人で、基本的に整備室は閑散としていた。山口剛が何か書類のようなものに読みふけっていたり、川上剛と西山貴浩が話し込んでいたり(川上はリードバルブ調整をしていて、西山は特に何もせず)といったシーンは見かけたが、大きな動きは見かけていない。

2012_0823_0534 ペラ調整所は盛況だ。外の調整所では、いつものように瓜生正義を中心とした福岡勢がずらり顔をそろえており、横西奏恵もここで見かけられる。
2012_0823_0631 室内の調整所では、いちばん手前に熊谷直樹。昨日1着を獲ったあとには、北の大地のごとき壮大なベア・スマイルを見せていたが、作業をしているときの表情は実に鋭い。というか、怖い。そんな熊谷が入り口前にドカンと鎮座しているので、なんだか門番のようにも見えてしまった(失礼)。ペラ室に入りたければ、俺を倒してから行け!みたいな(本当に失礼)。もちろん報道陣はペラ室立ち入り禁止ですけどね。
 試運転を続けている選手も数多くいて、係留所は回転調整でエンジンを動かしている選手も多々。係留所のほうに近づくと、モーター音が響いていて、なかなか心地よい。
2012_0823_0135 熱心に試運転や調整をしているのは、やはり前半戦に出走する選手が多く、奥のほうの係留所では3R出走の湯川浩司がカポックを脱いで汗をぬぐっている姿が小さく見えた。今節の湯川は表情がなかなか凛々しく、そして鋭い。その3Rの4着で後半のノルマはやや厳しくなったが、顔つきを見ていると窮地に立たされている感じはあまりしない。
 で、ボートリフトの前では、田口節子とチャーリー池上が楽しそうにおしゃべり。ももクロ話でしょうな。当然割って入ることは不可能なので、挨拶だけしてやり過ごしたのだった。チャーリー、節ちゃんをちゃんとリラックスさせてあげてくださいな。

2012_0823_0199 さて、本日は勝負駆けだが、1Rでは賞典除外の平尾崇典が1着だ。見事に差し切ったわけだが、その平尾に萩原秀人が「先輩!」と声をかけて目配せしていた。平尾はおどけたように目を見開き、ちょっと唇を突き出した。「やっちまったぜ~」てな感じか。準優進出うんぬんとは関係なく、選手は勝利を目指す。平尾のような選手を狙うと思わぬ好配当にありつけることもあるぞ。
2012_0820_0384 2Rの馬袋義則は、出迎えた松井繁と田中信一郎にからかわれていた。リフトに乗って上昇しながら、「えっ、乗れる!?」。1着勝負で勝負駆け成功! しかしそれを祝福するというよりは馬袋をいじっているように見えるのだから、馬袋の人柄が愛されていることがよ~くわかる。まだ先の話だけど、この人が聖戦のピットに立つ姿、楽しみだな~。

Uu5w4839最後に本日の守田俊介の体重をお伝えします。49.9kg! マジか! 50kgを割った!? こんな日が来ようとは……と隣でH記者が感涙にむせんでおります。写真見ると、頬がこけた感じはあんまりないんですけどね。(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (2)

本日の“本紙予想”モーターボート記念4日目

ども。Kです。昨日はいきなりの大荒れでどうなることかと思いましたね。すっかりリズムが狂ったな~。今日は私も勝負駆け。

1R
1コース想定=魚谷 まくられ率11.8% 差され率15.7%
2コース想定=秋山 逃がし率41.7%
1コース1着率急上昇中の魚谷が逃げる。
◎魚谷 ○秋山 ▲原田
3連単1-23-全

2R
1コース想定=馬袋 まくられ率14.5% 差され率11.3%
2コース想定=赤坂 逃がし率42.3%
馬袋が渾身のイン逃げ決める。
◎馬袋 ○山崎 ▲平本 △濱野谷
3連単1-345-全

3R
1コース想定=石渡 まくられ率11.1% 差され率22.2%
2コース想定=守田 逃がし率44.7%
毒島がカドから強襲。
◎毒島 ○石渡 ▲湯川 △守田
3連単4-152-全

4R
1コース想定=熊谷 まくられ率2.1% 差され率34.0%
2コース想定=山口 逃がし率43.9%
熊谷が闘志あふれるクマ逃げ。
◎熊谷 ○山口 ▲松井 △峰
3連単1-245-全

5R
1コース想定=平尾 まくられ率5.5% 差され率23.6%
2コース想定=萩原 逃がし率35.0%
赤岩の進入がカギになるが、2コース主張なら萩原の差し狙い。
◎萩原 ○平尾 ▲馬場 △齊藤
3連単2-135-全

6R
1コース想定=今村 まくられ率7.8% 差され率15.7%
2コース想定=横西 逃がし率35.5%
坪井が3コースからのぞいてまくり差し。
◎坪井 ○今村 ▲横西 △田口
3連単3-124-全

後半はのちほど!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

4日目!

おはようございます。桐生モーターボート記念は4日目。予選最終日です。勝負駆けの条件については別記事をご覧くださいませ。気が付けば、“瓜池”が準優当確。この桐生が彼らの時代を引き戻す契機になる? 後半3日間、どんな物語が待っているのか、今日はその第1章ですね。

2012_0823_0124馬場貴也は準優勝負駆け。そして水神祭を目指します。5R3号艇で登場ですが、センターから日本最速男らしいスピード戦を見せられるでしょうか。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (3)

桐生MB記念TOPICS 3日目

猛暑の赤城ダッシュ祭

2012_0823_0605 いやぁ、驚いたのなんの。最近のSGでは珍しいダッシュ×ダッシュ決着が、1Rから3連発だ!!
 まずは1R、もうスリットの段階でウルトラ大万シューが決まってしまった。なんたって3コースの深川真二がコンマ41、4コースの郷原章平がコンマ44なのである。でもって5コース森高一真がコンマ19なのである。その差、2艇身弱。森高は軽々とドカ2艇をまたぎ、その勢いでイン坪井康晴まで引き波にハメた。

2012_0823_0622で、6コースの熊谷直樹がコンマ20から、注文どおりのマーク差し。これがズッポシ音を立てて突き刺さり、6コース×5コース決着で2連単30番人気!の275倍。3着が大本命の坪井だったのに、3連単も746倍の超大波乱となった。おそらく、的中した人の大半は145BOX買いだったのでは??

2012_0823_0479 ひとたび火が点いたダッシュ組の勢いは、もう止められない。2Rは5コース井口佳典が差し回り、6コース馬袋義則がその上をぶん回しての豪快なまくり差し。この強襲がものの見事にはまって6-5のヨシノリセットが誕生した。2連単138倍、28番人気。3着もダッシュの中里英夫が食い込んで(平尾失格で恵まれ)純正アウトセット654の3連単は418倍。

2012_0823_0713 ダッシュ・サプライズは終わらない。それどころか、3Rはとびっきりのサプライズだった。1マークで重野哲之があっさり逃げ態勢に持ち込み、バックではかなり縦長の1-5-6に。しかも原田篤志が転覆、秋山直之と川上剛がエンジン不調となり、この順位は不動のものと思われた。2マークでも波乱はなく①重野、⑤松井、⑥石渡で2周ホームへ。もう、払戻窓口に並んでもいい鉄板態勢だ。

2012_0823_0716 とっこっろっがっ!! 縦長の3艇が転覆艇を回避し終えた2周バック、先頭の重野だけがいきなり外にヨレはじめた。重野にも1M接触時の影響があったのか? そうではなかった。外に艇を寄せた重野は、そのまま寂しそうにピットへと帰ってしまったのだ。まさかまさかの、妨害失格。この厳しい宣告によって松井が1番手、石渡が2番手に繰り上がった。まともに走れる状態ではなかった川上が、なんとかゴールまで辿りついて3着入線。本命サイドの156が、驚愕のアウトセット564に変わってしまった。3連単は471倍。こちらは爽快なダッシュ決着には程遠い、後味の悪~いレースではあったが。
※万点さんから質問があったので、桐生ボートの判定結果をここに記しておきます。
「1号艇の重野選手は1コースからスタートし、徐々に外側にコースを取り旋回態勢に入る際、2コースの2号艇を外側に張り出して接触した。その為2号艇が大きくバランスを崩し、アウト側に流れ3コースの3号艇とも接触し、2号艇は転覆した。その後3号艇は4号艇と接触、失速した。この一連の航法において原因を作った1号艇を競技規程第19条(外圧)の妨害失格と認めた事象である。」
 要するに玉突き事故を引き起こした張本人ということになる。私の目にも、重野のレースっぷりは、普通のイン選手のそれだったと思うのだが……。

節イチは瓜生です、ね。

2012_0823_0027「何を今さら、みんな知ってることじゃんか」
 と笑われそうだが、前検から節イチは今村だ山口だと言い張ってきた私にとって、これは屈辱的な宣言なのである。できればこんな宣言、したくないのである。
 が、またまた今日もあんなレースを目の当たりにしてしまっては……。今日の瓜生も凄かった。5Rは5コースから力任せの一気まくり。1マークでイン横西奏恵と接触したのだが、それがナンボのもんじゃいという風情で伸び続け、バック中間では後続をぶっちぎってしまった。あのスリット~バックの迫力は、ちょっと他とは次元が違いすぎる。

2012_0823_0067 で、このレースには瓜生=節イチを如実に物語る“証拠”が隠されていた。まず、今日の昼過ぎ、『神田川』の喜多條忠先生からこんな話をお聞きした。
「桐生ホームページのトップに出る半周ラップタイム、あれは展示タイムなんかよりはるかに優秀で、信頼度抜群だよ。他に、回り足タイムとか直線タイムもあるけど、抜けて半周ラップタイムが役に立つ。あれは本当のお宝だからね、騙されたと思って活用してごらん」
 こう聞かされて、今日は桐生ホームページとニラメッコしたのだが、なるほど面白いデータなのだ。展示タイムが上々なのに半周タイムはやたらと遅かったり、その逆もあったりで、要はその比較によって「回り足~出足、行き足」の部分がはっきり見て取れるのだ。いや、すべての足というべきか。あのタイムを見れば、内枠で軽視すべき選手、外枠でも狙える選手がそれなりにわかると私も確信した次第だ。興味を持った方は、明日からチェックしてみてほしい。あくまでも「半周ラップタイム」だけなので、間違えないように!

2012_0823_0418 さてさて、本題。こうしてつらつらと半周ラップを見てきた私なのだが、今日のトップタイムを弾き出したのは……この5Rの瓜生だった。しかも18秒13はベラボーに速い。ちなみに5Rの各選手の時計(18秒の後の数値)を羅列すると①62②50③39④72⑤13⑥19秒06。圧勝である(レース結果も、タイム通りの5-3-2。③憲吾が②坪井よりも速いというあたりが面白いでしょ!)。

2012_0823_0925 12Rが終わってのべ72選手の時計を見比べたとき、私は「こりゃもう、瓜生でしょ」と呟いたのだった。その12Rの4コースから簡単に2番手を取りきって盟友・幸哉をどんどんとことん追い詰めてゆく姿は……去年までの瓜生、そのまんまに見えた。明日の6号艇1走でよもやの大敗を喫しない限り、準優~優勝戦の白いカポックを譲ることはないだろう。うん、また戦車に竹槍で、喧嘩を売ろうかな!!(photos/シギー中尾、text/H)

2012_0823_0931


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――笑いあふれる! 本日の水神祭つき

Uu5w5346 本日も水神祭! 9Rの東本勝利だ。昨日は転覆でずぶ濡れになった東本だったが、今日はSG初1着で嬉しいずぶ濡れである。
 原田篤志と同様にピットにアナウンスが響き、10R終了後に多くの選手を集めて行なわれた水神祭。そのおかげで、ある選手が憂き目にあってしまうわけだが……。
Uu5w5415

 水神祭に参加したのは、東海勢と同期の86期勢。もちろん井口佳典が中心となって儀式は執り行なわれたわけだが、最前列を受け持ったのは平本真之だった。地区の最若手が隊形の要となったわけだ。

 東本がえいやっと持ち上げられると、その輪の最後尾に不穏な男が近づく。しれっとした顔をして、明らかに何かをたくらんでいるような顔の森高一真だ。Uu5w5420井口らの掛け声で、東本を水面に放り投げると、森高はその勢いに乗じて陸に残った選手たちの背中を思い切り押した! 急に後方から圧力がかかって、バランスを崩す選手たち! さらにしれっとした顔をして報道陣の陰に隠れる森高! そして、あぁ……水中に落ちてしまった平本真之……。
Uu5w5427Uu5w5457

 で、もちろん主役は東本で、すでに暗くなった水面にずぶ濡れの笑顔が輝いていた。JLCのカメラに囲まれるのを眺めながら待ち続けていた井口と、満面の笑みでハイタッチ! そして、抱擁! ま、ずぶ濡れ東本と抱き合うのを井口は相当に躊躇していたようではありましたが。直後には、10Rに出走していたため水神祭には参加できなかった池田浩二が、仁王立ちで「勝利、来い!」。東本は池田に猛然と駆け寄り、抱擁! 池田もやっぱり「あ、ずぶ濡れじゃん。やめときゃよかった」てな顔をしてましたが(笑)、東本をがっしと抱き留めて、美しいハグの光景を作り出していたのであった。
Uu5w5472 東本選手、おめでとう! これを機に、さらなる躍進を!

2012_0823_0207 さて、元気いっぱい、今村豊。今節もピットでは笑顔を振りまき、周囲の笑いを誘ったりしている。
 今日は、トゲトゲのついたピンクのボールを手に、あたりにちょっかいを出しまくっていた。これが何かと言うと、頭や顔にすりつけて、ツボを刺激する道具。ただ、このトゲが実に鋭利で、しかも硬質プラスチックでできているから、かなり痛い。今村は、通りすがりの選手などを「ツボ刺激してやる」かなんか言って呼び止め、おもむろに頭にこすりつけて、大喜びしていた。もちろんやられた選手は「ギャーッ!」と悲鳴。それを見て、今村は大笑いしているわけである。
2012_0823_0086 犠牲になった選手は、たとえば峰竜太。10R前あたりにレースの準備を終えて控室へと向かっているところを呼び止められ、トゲボールでぐりぐりぐり。「うわーっ!」と大声をあげて、よろめきながら控室へと消えていくのだった。
2012_0821_0666 田口節子も犠牲者の一人。整備室前で突然トゲピンクを頭にこすり付けられ、「キャーッ!」。ピットに女性の悲鳴とは、知らずに聞いた人なら事件でも起こったかと錯覚しそうだ。節ちゃんも頭を押さえてよろめいており、「いったーい……」と泣き顔に。今村さん、女の子いじめちゃダメでしょ!
2012_0823_0345 で、最大の標的となったのは西山貴浩。そりゃニッシーニャだよなあ、その役割は。通りすがりにトゲピンク攻撃を受けた西山は、まず「うおーっ!」と悲鳴。さらに今村は西山を追いかけて、ヘッドロックで固定した頭に、思い切りグリグリグリグリ!「うがっ! うごっ!」と断末魔の喘ぎのごとき声をあげてなんとか逃げ出した西山は、その後もしばらく頭をさすりながら「いってぇ」とつぶやいていたのだった。その後も今村は西山をつけ狙い、逃げ場を失った西山は僕を盾にして、背中に隠れたのだった。それを見た川上剛、「やばい、血が出る……」。ええ、ええ、そりゃ、ハゲですからね、あたしゃ。地肌に直接トゲピンクされたら、もう、痛いのなんのって……。
 そう、実は西山の前に、私も犠牲になっていたのでありました。今村さんのもとにわけもわからず連れて行かれた私。今村は満面の笑みで出迎え、嬉しそうにトゲピンクをぐりぐり。それを見ていた記者さんたちも大笑いで、ミスターにいじられた私はすっかりご満悦。でも、やっぱりハゲにぐりぐりはやばいと思ったのか、なんとなく攻撃が優しいように感じましたよ。う~ん、一生の思い出です!

 そんな和やかなピットだが、もちろんここは勝負の場。凛々しい勝負師の顔もたくさん見かけるのは当然のことだ。
2012_0823_0545 11R前、出走待機室の外で、原田幸哉が座り込んでいた。桐生の待機室は出走ピットの奥で、水面に向かって座ればホームストレッチをはるか見晴るかす格好となる。原田はじっと前方に目を向けており、風を見ているのか、それとも1マークの展開をシミュレーションしているのか。やがて、原田は首をうなだれて、じっと目をつむって身じろぎもしなくなった。脳内コンピュータをフル回転させている? それとも原田なりの精神統一か。09年チャレンジカップ優勝戦の直前、原田に声をかけられて20分ほども話し込んだことがある。優勝戦1号艇の選手のリラックスぶりにおおいに驚かされたものだ。レース直前でも、まるでピリピリとすることなく、普通に雑談を交わせる肝っ玉。それが原田幸哉だと思っていた。だが、今日の幸哉の姿は少しばかり違っていた。自分の世界に没入し、他の風景や雑音をシャットアウトするかのような姿。もしかしたら、幸哉はまたひとつ脱皮して、強さを増したのかもしれない。
2012_0823_0478 で、幸哉が待機室に入ると、入れ替わるように佐々木康幸が同じ場所に座り込んで、水面をじっと眺め入った。その場所は、闘志を注入するのに最高の場所なのかもしれないな。

 最後に、前半で転覆を喫した中野次郎が途中帰郷となった。今年はどうも波に乗れずにここまで来てしまった次郎だが、ついには無念のリタイア。これで厄を落としたのだと吹っ切って、今年の終盤は力強いレースを見せてください!(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩=水神祭 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

明日の勝負駆け情報!

明日はいよいよ勝負駆け。予選3日目を終了して、トップは瓜生正義です。ドリーム戦1着からオール2連対で突っ走っており、早くも連覇の予感を漂わせていますね。その瓜生と寺田祥、池田浩二が無事故完走で当確。ボーダー6・00と想定しています。15~18位が現在6・00で並んでおり、この数字をめぐっての攻防が明日は繰り広げられるわけです。地元勢では山崎智也が13位のほか、4名全員に望みがありそう。いずれも上位着順が必要ですが、気合の走りを見せてくれるはずです。

1 瓜生正義  当確
2 寺田祥   当確
3 辻栄蔵   5・5着
4 中島孝平  4・5着
5 篠崎元志  4・5着
6 池田浩二  当確
7 齊藤仁   4・4着
8 山口剛   4・4着
9 西山貴浩  5着
10 松井繁   5着
11 峰竜太   2・6着
12 原田幸哉  3・4着
13 山崎智也  3・4着
14 馬場貴也  4着
15 湯川浩司  3・3着
16 萩原秀人  3・3着
17 熊谷直樹  3着
18 平石和男  3着
19 魚谷智之  2・3着
20 赤坂俊輔  2・3着
21 今村豊   2・3着
22 中澤和志  2着
23 坪井康晴  2着
24 濱野谷憲吾 2・3着
25 赤岩善生  2・3着
26 平本真之  2着
27 毒島誠   2・2着
28 木村光宏  1着
29 馬袋義則  1着
30 田村隆信  2・2着
31 中里英夫  1着
32 山田哲也  1着
33 田口節子  ※1着相手待ち
34 佐々木康幸 1・2着
35 秋山直之  ※1着相手待ち
36 守田俊介  1・2着
※1着、1・1着で1点足らずまで掲載


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

H記者の『穴極選』純正3日目

 な、なんと、1Rから連続で5・6コース決着ぅ!!?? でもって3レースは⑤⑥決着!!?? SGでこんなの、見たことねっす。もうこれで今節の外枠セットは売り切れかも知れませんが、このレースはありえますっ!!

10R
 ①篠崎元志
 ②池田浩二
 ③魚谷智之
 ④木村光宏
◎⑤守田俊介
★⑥山口 剛

進入123/456

 俊介が今朝の測定で、ついに51キロを割りました! 50・7kg。俊介の追っかけをしていた16年ほど前から、50キロ台って見たことないような。しかも、前検時は54・9だったから3日で4・2キロの大減量。その気力が快速の機力につながるわけだから、もう、これだけで「買い」でしょう。イン想定のF1篠崎は、地元のダービーを見据えてスタートが慎重になるかも。スタート決めて、一機のまくり差し。節イチ指名の山口GOが追随します。無理筋のアウトセット、3度あることは4度あってもいいじゃないか!

3連単★5=6-全

※爆裂王Aさん、ご指摘ありがとう。憲吾が勝負駆けだったので、つい「3日目」と。さっき訂正させていだたきました。


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

“本紙予想”MB記念3日目後半

7R 
1コース想定=萩原 まくられ率13.5% 差され率3.8%
2コース想定=中里 逃がし率45.1%
萩原が安定感あるターンで逃走。
◎萩原 ○中里 ▲赤岩
3連単1-23-全

8R 
1コース想定=平本 まくられ率20.8% 差され率20.8%
2コース想定=重野 逃がし率38.5%
ストレートの足来れば、重野が持ち前のジカまくり。
◎重野 ○深川 ▲馬場 △平本   
3連単2-341-全

9R 
1コース想定=郷原 まくられ率3.8% 差され率23.1%
2コース想定=平石 逃がし率27.1%
平石が2コースから的確に差す。
◎平石 ○郷原 ▲東本 △松井  
3連単2-136-全

10R 
1コース想定=篠崎 まくられ率9.7% 差され率14.5%
2コース想定=池田 逃がし率53.5%
篠崎がきっちりS決めて逃げ切る。
◎篠崎 ○魚谷 ▲守田 △山口 
3連単1-356-全

11R 
1コース想定=原田 まくられ率9.5% 差され率17.5%
2コース想定=齊藤 逃がし率37.3%
齊藤の巧差しに妙味ありそう。
◎齊藤 ○原田 ▲瓜生    
3連単2-14-全

12R
1コース想定=寺田 まくられ率9.8% 差され率26.8%
2コース想定=峰 逃がし率38.6%
カドから山崎が自在に攻め切る。
◎山崎 ○寺田 ▲峰 △川上
3連単4-123-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――静寂のち大荒れ

2012_0822_0658 1R前にピットに入ると、昨日以上に静寂が漂っている。今日はペラ室にもあまり人影はなく、ざっと眺めても選手の姿がほとんど見当たらない。
 整備室では、山口剛が本体整備中。大きな整備というよりは点検、組み直しの類いに見えたが、H記者の見立てでは節イチ級の山口のパワー、さらなる上昇を目指しての整備か。
2012_0822_0596 奥のほうでは峰竜太が神妙な顔でキャブレターを調整していた。峰といえばペラ巧者のイメージだが、もちろん本体整備も苦手ではない。峰の豪快なレースを裏打ちするのは、陸の上での追求心だ。
2012_0822_0943 リードバルブ調整用のテーブルで、ペラにゲージを当てていたのは瓜生正義。今節、ここはペラゲージ調整にも使われていて、瓜生もその作業をしていたようだ。その瓜生を、川上剛が呼びにきた。川上に請われて、瓜生はペラ調整所へ。川上は瓜生にいろいろと相談しながら、ペラを叩く。静かなピットに響く、カーンカーンという澄んだ音……といったあたりが、早い時間帯のピットで目立った動きなのであった。とにかく、静かなのだ。

Uu5w4181 ところが、レースはどえらい荒れ模様である。1R、5コース森高一真のまくりに乗って、6コース熊谷直樹がまくり差して1着。6-5コースの決着である。レース後の熊谷はとにかく、ニコニコ! 実に気持ちのいいベア・スマイルを見せていた。黙っていると迫力ある容貌の熊谷は、笑うと本当に優しい! その笑顔は、猛暑に吹く清涼剤であった。
2012_0822_0478 2Rもまた6-5コース決着! 今度は馬袋義則が突き抜けた。ただ、このレースは事故があった。バックストレッチの中間あたりで中野次郎が転覆したのだ。これによって平尾崇典は妨害失格をとられている。中野は足を打撲したようで、大事をとってレスキューから担架で運ばれている。
2012_0822_0671 レスキューを出迎えたのはもちろん東京勢だが、田中信一郎も心配そうに駆けつけている。田中といえば、僕の中でのイメージは「男気」。事故があれば我がことのように心配し、気遣いを見せるし、さまざまな場面で他者のために動いている姿を見かけるものだ。だから、田中が血相を変えてレスキューに駆け寄ったのも、担架を持ち上げる輪に加わったのも、ちっとも不思議なことではない。こういう姿を見ると、田中を応援したくなるというものだろう。
2012_0822_0185 医務室に運ばれた中野に東京勢が付き添ったため、転覆艇の引き上げが手薄になっていた。もちろん田中は駆けつけているわけだが、真っ先に水面際に陣取っていたのは瓜生正義だ。こんなにも強くて、こんなにも優しい瓜生正義に勝てる男はいるのか!? ほんと、ミスター・パーフェクトですな、瓜生は。
2012_0822_0839 で、3Rでは原田篤志が転覆して、重野哲之が妨害失格。今度は5-6コース決着である。何たる大荒れ! で、ひとつ気になるのは、ここまでレース中の事故に見舞われたのは、東本勝利、中村亮太、中野次郎、原田篤志と、田村隆信以外は86期ばかりなのだ。今節、86期は5人が参戦。ここまで大挙してSGに参戦するのは初めてだろう(しかも吉田トシがいないのだ)。銀河系の一つ下ということで、どうしても影が薄くなってしまう期なのだが、それだけに頑張ってほしかったし、また相次いで事故に見舞われているとは嫌な流れだ。
2012_0822_0305 もう一人の86期は萩原秀人。事故には本当に気をつけて!(もちろん萩原以外の全選手も!)今日は横西奏恵、田口節子と“両手に花足合わせ”をしており、横西が「良くなったじゃない!?」と萩原のパワーを評価していた。7R1号艇、同期の思いも背負い、嫌なムードをぶった切る走りを期待するぞ!

Uu5w4041最後に、日経平均株価……じゃなくて守田俊介の本日の体重です。またまた減って50.7kg。株価は上がったほうがいいけど、守田の体重は順調に好転しているようです。(PHOTO/中尾茂幸 池上一摩 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (5) | トラックバック (3)

本日の“本紙予想”モーターボート記念3日目

こんちは~。Kです。昨日は池田のまくり差しを的中させたりして、なんとかトントン収支に持ち込みました。もちろん、H記者の胃袋にアルコールとなって収まっていったわけですが。

1R
1コース想定=坪井 まくられ率17.9% 差され率17.9%
2コース想定=深川 逃がし率31.8%
毒島がセンターから強まくり一撃。
◎毒島 ○郷原 ▲坪井
3連単2-31-全

2R
1コース想定=中野 まくられ率10.0% 差され率12.0%
2コース想定=平尾 逃がし率45.8%
中野が巻き返しのイン逃げ。
◎中野 ○平尾 ▲中里
3連単1-24-全

3R
1コース想定=重野 まくられ率8.8% 差され率24.6%
2コース想定=原田 逃がし率34.0%
秋山がセンターからスピード戦。
◎秋山 ○重野 ▲川上 △松井
3連単3-145-全

4R
1コース想定=山田 まくられ率5.9% 差され率13.7%
2コース想定=今村 逃がし率33.3%
パワー上昇の前田が強烈にまくり差す。。
◎前田 ○山田 ▲馬場 △今村
3連単5-132-全

5R
1コース想定=横西 まくられ率6.9% 差され率20.7%
2コース想定=坪井 逃がし率45.7%
横西が坪井を壁にして逃げ切る。
◎横西 ○坪井 ▲瓜生
3連単1-25-全

6R
1コース想定=池田 まくられ率5.5% 差され率21.8%
2コース想定=中村 逃がし率38.1%
池田がしっかり逃げて人気に応える。
◎池田 ○森高 ▲谷村
3連単1-34-全

後半は後ほど!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

3日目!

おはようございます。桐生モーターボート記念は、3日目です。今日も猛暑の桐生です。全国的に酷暑と思いますが、ナイターSGで涼をとりつつ乗り切りましょう!

2012_0822_0292昨日は悔しい思いをした馬場貴也。同じ轍はもう踏まないはず。水神祭を見せてください!(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――歓喜と痛恨……本日の水神祭つき!

Uu5w4440「6R終了後、5Rで初アタマを獲りました原田篤志選手の水神祭を行ないます。お手すきの選手はボートリフトに集まって、ご参加ください」
 6Rがピットアウトする直前、ピットにアナウンスがかかった。原田篤志の水神祭予告だ! いやはや、これは珍しい。水神祭は選手が自主的にやっていることであり、もちろん競技本部もそれを許可しているわけだが、それをアナウンスで知らせるとは、初めての経験だ。粋な計らい!
Uu5w4481 ということで、6Rが終わるとアナウンスを聞きつけた選手が何人かボートリフトに集結! 原田篤志、SG初1着おめでとう! 本日の水神祭であります!
 実は、原田の1着を大喜びしていた今村豊は、着水しようとボートリフトに艇を乗せ、操縦席でリフトが下ろされるのを待ち構えているところだった。「ちょっと待ってて! 係留所につけてくるから」と今村は原田らに告げていたのだが、原田が投げられる準備のためにクツなどを脱ぎ始めると、仲間外れにされちゃたまらん、とばかりにボートを降りちゃった。いやいや、今村さん抜きでやるわけないですってば。
Uu5w4498 それでも、今村が参加したのだから、さあ行こう水神祭。山口支部を中心に、中国勢が原田を高々と持ち上げて、豪快に執り行なわれた。アナウンスのおかげで、篠崎元志や前田将太ら若手も続々と駆け付けてきていたのだが、あまりに人数が多くなったため輪を離れて見守る側に。もちろん、アナウンスを聞きつけて報道陣も大量参戦しており、多くの人たちに見つめられながら、原田は水面に投げ込まれたのだった。空中でくるくるっと回ってから着水する、お見事なものでしたよ! おめでとう!
Uu5w4517 原田といえば、魚谷香織の師匠としても知られている。SG水神祭は弟子のほうが先だったが、これで追いついたぞ! この勢いでSG常連となって、師弟そろって大舞台をにぎわしてください!

Uu5w4269 歓喜があれば、痛恨もあるのがピットの風景。7R、田村隆信と中村亮太が2マークで接触、田村は転覆し、亮太は不完走失格となっている。
Uu5w4030 田村も亮太も、整備室で姿を見ており、明日の出走表にも名前がある。まずはホッと一安心だ。亮太は「これは当たる!というラインだったから、操縦席に伏せこんだんですよ」とのことで、それにより大きなケガを免れたようだ。さらりと言っているようだが、やはり相当の恐怖はあったようで、亮太自身、胸をなで下ろしてもいるようだった。
 ともあれ、明日も力いっぱい走る田村と亮太。「MB記念は地元に選んでもらって出てるわけだし、地元のためにも頑張りますよ!」(亮太)。ともかく、明日の二人にぜひとも声援を!

2012_0822_0941 痛恨といえば、もちろん敗戦の痛恨もある。11R、川上剛は2号艇で出走、しかし6着。道中は川上らしい追い上げの姿勢を見せていたが、及ばずシンガリに敗れてしまった。
 ピットに帰還し、ボートリフトの上でヘルメットをとった川上は、視線を下に向けて、露骨に顔を歪めていた。後輩たちが引っ張るボートの後ろを、落胆ぶりがはっきりとわかる遅いスピードでついていき、周囲がエンジン吊りを始めると放心したような表情でそれに加わった。
 カポック脱ぎ場に向かう足取りも重く、到着は11R組ではシンガリだった。出走メンバーと挨拶を交わしたあとは、いっさい口を開かず、ただ黙々と装備を解いている。その間ももちろん表情は歪み、自分の不甲斐なさを責めているかのような顔つき。その悔しさが和らぐには、まだかなりの時間が必要そうだった。
2012_0822_0515 10R後には、山崎智也も“智也らしい”悔恨の表情を見せた。ほんとにもう何度も書いてることだが、敗れたあとの智也は笑う。笑うことで、悔しさが露見しないよう、感情を押しとどめるかのように。今日の智也は、笑うというほど表情を崩してはいなかったが、ピットに戻ってからカポック脱ぎ場に向かうまで終始、微笑を浮かべていた。それが本音をあらわす表情でないことは明らかだが、ちょっとだけ様子が違うようにも思えた。
 カポックを脱ぎ、ヘルメットをロッカーにしまうために他の選手に背を向けたとき、いきなり表情が変わった。すーっと、本当にすーっという音が聞こえるかのようにすーっと、微笑が消えたのだ。仲間から見えないところで、一瞬のうちに本音をあらわにしたのである。ゾクッとしましたね。
 思えば、そのギャップこそ、SG優出連発していた頃の山崎智也のものである。まさに“智也らしさ”。それが地元SGで戻ってきた? とにかく、智也のレース後の表情にここまで震えさせられたのは、けっこう久しぶりかもしれない、と思った。もちろん、こんな山崎智也を僕はずっと見たかった。
2012_0822_0741 で、こちらは勝者ではあるが、松井繁も痺れる表情を11Rのレース後に見せてくれている。キリリとした王者らしさと、湯川浩司らに向ける爽快な笑顔。強い男たちが魅せる勝負師らしさは、原田篤志のSG初1着の歓喜と同じように、こちらの心を弾ませてくれるものだ。(PHOTO/中尾茂幸=川上、山崎、松井 池上一摩=それ以外 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

桐生MB記念TOPICS 2日目

関東の2枚看板がキターーーッ!!

2012_0822_0500 桐生といえば、関東。関東といえば、濱野谷憲吾と山崎智也。ここ10数年、実力とスター性とでこの2枚看板は不動のものとして語り継がれてきたが、最近は西高東低の波によって二枚の看板はやや色褪せた感もある。

2012_0822_0402 が、今日のふたりは往年の輝きを放った。まずは6Rで智也が逃げきり。これはまあ、当然か。できれば智也-奏恵の夫婦ワンツーが見たかったのだが(はい、1-6で勝負してました)、とにかく旦那のほうはしっかりと地元ファンの期待に応えた。

2012_0822_0644 今日のハイライトは9Rの憲吾だ。これぞ東都のエース!と唸らせる4コースからの鋭角差し。タイミングといい角度といい、これっきゃないという精緻なハンドルで一気に突き抜けてしまった。もちろん、これをもってエースの完全復活と言うつもりもないが、久々にSGの舞台で名刀の如き斬れ味を見せてもらった。私ときたら、極選で◎に指名しながら350倍の大魚を逸してしまったけれど。この勝利で憲吾の節間勝率は、やっと4・67。準優へはまだまだ険しい道のりだが、1・5キロの減量や最後まで試運転を続けた気合いは、明日以降のさらなるジャンプアップにつながるだろう。
 で、その直後の10R。ここで智也が2コースから圧勝したら、二枚看板の3連勝リレーという2日目ではあった。結果は、4着。ただ、道中で離れた4番手からじわじわと差を詰め、最終ターンマークでは前田将太に乾坤一擲の切り込みで肉薄した。あの鬼気迫るターンは、さすが智也と唸らせるものではあった。

瓜池が、キターーーッ!!

2012_0822_0172 かつての2大スターが憲吾&智也なら、近年のそれは瓜池コンビに尽きる。5月からの新ペラ制度がふたりの勢いを阻んでしまったが、今日の瓜池は去年まんまの最強ぶりを見せつけた。
 まず、4Rの瓜生正義がヤバい。田口節子の逃げを許して5艇身ほどのビハインドを背負ったが、そこから追っかけるわ追っかけるわ。相手はエース機&女子レーサー随一のターンスピードだというのに、ターンごとに4艇身、3艇身、2艇身……逆転はならなかったものの、最終ターンマークでは、ついに1艇身差まで追い詰めていた。

2012_0822_1053節ちゃんには申し訳ないが、初動の早さ俊敏さが桁違いだった。エンジンさえ仕上がれば、これが瓜生正義なのだ、
 後半の8Rでは、池田浩二が魅せる。山口剛と熊谷直樹の攻めに乗って、5コースからの必殺技「見る前に飛ぶまくり差し」が炸裂。

2012_0822_0084本当にあの男ときたら、空くか空かないかわからないうちから全速で艇をぶん回し、「コンマ数秒後に、ここが空くはず」というギリギリの空間に舳先を突っ込んでしまう。つまり、全速で握りながら将棋でいうところの数手先を読んでいる。パワーは中堅でも、これが池田浩二なのだ。
 仕上げは12Rの瓜生。バックで中島孝平に2艇身ほどやられても、慌てず騒がず、2マークで凄まじい全速差しを繰り出し舳先を並べてしまった。刺さったとか決まったとかいうより、「捕まえた」という表現がぴったりくる悶絶ターン。さらに2周1マークで中島を置き去りにするターンも迫力満点だった。
「瓜池が逆転するときは、テクニックなのかパワーなのかまるで判別できない」
 これが私の口癖(愚痴)なのだが、今日の逆転劇はまさにそれ。ただ、今節の瓜生はどっちも凄いぞ、というムードがぷんぷん漂っている。もはやバレバレだけど。

天才キモリやんが、キターーーーーッ!!

2012_0822_1120 早熟の天才・守田俊介のムードが一変したぞーーーー、ベベンベン♪
 彼の爆笑ブログ『風雲きもり城』を読めばわかるとおり、俊介といえばローリングシースー(回転寿司)、ラーメン、甘味……減量などはお構いなし、本能に忠実に食い漁るジャンキーグルメ愛好家で体重は56、57キロが当たり前、「そんなヘビー級でSGに出てくるなや~」とファンに罵倒されても、やっぱりついついうっかりシースーに手が伸びてしまう究極のエピキュリアンレーサーであり、デビューから2年と9カ月でGI新鋭王座、2年と10カ月でSG総理大臣杯に参戦して「京の若き英傑・中川俊介(旧姓)ここにあり、SG制覇はもはや時間の問題」と謳われたかつての栄光やや色褪せ、生来の整備下手、抽選運のなさも手伝ってSGを獲れぬままいつしか齢は37、このまま偏食グルメ家として生きるつもりなのか、おいっ、などと私も半ば諦めかけていたところ、今節の俊介は2日で4キロも減量して未だかつて見たことのない夢の50キロ台まであと400グラム、同時にレースぶりも冴えに冴え渡り、艇界の生き字引ミスター今村豊をツケマイに沈める離れ業まで成してしまっては「ついに眠れる獅子が目覚めおったか、待ちに待ったSGを赤城の山の麓にて奪い取ってしまうのか」と十数年前に毎晩見た夢がデジャブのように蘇り、はたまた俊介本人も「まったく別の乗り物のよう!!」と確かな手応えを感じるに至って、メールアドレスを<syunsukesg@以下略>としているこの私の悲願が、嗚呼、今節いきなり叶うような気がして、日々眠れぬ夏の夜を過ごすことになるでありましょう、ベベンベンベン。
2012_0822_1112 う、ついつい調子に乗って一気に書き殴ってしまったが、よくよく考えれば今節の俊介の成績は⑤②③着。って、まだ6・00にも満たない状況なのだな。ただ、この3走の枠番は3・4・6だから、上々の滑り出し。いや、そんな瑣末的なことより、とにかく生来の無精者である俊介がここまで極端な減量をし、何度も水面で試運転もし、レースで軽快な伸び~回り足を見せているというだけで、天変地異にも近いサプライズなのだ。
 今さらSG優勝云々とはいわないよ、俊介。今後もこれほどストイックに戦ってくれ、とも思わない。ただ、今節はここまで信じられないくらいに頑張っているのだから、最終日までその集中力と忍耐力を切らすことなく、ひたむきに走り続けてほしいぞ。久々に、真の天才レーサーの走りを、ベストコンディションで魅せてくれっ!!(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

“本紙予想”MB記念2日目後半

7R 
1コース想定=峰 まくられ率11.3% 差され率26.4%
2コース想定=田村 逃がし率39.0%
山田がS決めて握っていけば、中村に差し場ありそう。
◎中村 ○峰 ▲山田 △平石
3連単5-136-全

8R 
1コース想定=西山 まくられ率10.2% 差され率33.9%
2コース想定=田口 逃がし率34.9%
センターに握り屋2枚。池田に絶好の展開。
◎池田 ○西山 ▲山口   
3連単5-13-全

9R 
1コース想定=森高 まくられ率7.0% 差され率24.6%
2コース想定=篠崎 逃がし率41.4%
森高が篠崎を壁にしてイン逃走。
◎森高 ○毒島 ▲濱野谷 △原田  
3連単1-345-全

10R 
1コース想定=辻 まくられ率9.8% 差され率14.8%
2コース想定=山崎 逃がし率42.4%
辻がS決めてしっかりと逃げる。
◎辻 ○山崎 ▲湯川 
3連単1-24-全

11R 
1コース想定=松井 まくられ率10.8% 差され率13.8%
2コース想定=川上 逃がし率36.4%
強力な攻め手なく、松井がインから押し切る。
◎松井 ○川上 ▲平石    
3連単1-23-全

12R
1コース想定=井口 まくられ率2.9% 差され率8.8%
2コース想定=瓜生 逃がし率30.6%
イン最強の井口に2コース最強の瓜生ともっとも悩ましい組み合わせ。坪井の攻めに乗る赤岩の2着付け。
◎井口 瓜生 ★赤岩
3連単12-5-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

THEピット――静かです

2012_0821_0468 1Rで東本勝利が転覆。レスキュー上でスタンドに頭を下げていたから、まず大丈夫だろうとは思われたが、ピットでも元気な姿を見せている。転覆後には当然、モーターの転覆整備をすることになるわけだが、井口佳典もヘルプしながら、てきぱきと作業を進めていた。初めてのSGで手痛い失敗をしてしまったわけだが、まだまだ折れてはいないようだ。東本よ、転覆は水神祭ではないぞ。自力で1着をモノにして、嬉しいずぶ濡れの儀式を実現させてください!
2012_0821_0331 それにしても、早い時間帯のピットはわりと閑散としていて、2日目にしては少し異質な光景と見えた。整備室には、東本のほかには、赤岩善生がいつもの“自分の調整”をしている姿があるだけで、装着場も選手の姿があまり見かけられない。
2012_0820_1155

 そんななかで、山崎智也と馬袋義則が、たまたま隣同士にボートが置かれていたこともあって、艇のへりに座って話しこんでいる姿があった。そして、よく目立っていた。この二人は、71期の同期生。SGで一緒になる機会はそれほど多くなかったが、馬袋が総理杯以降SGの常連となっている今年、仲良さそうに話す様子は何度も見かけている。2012_0820_0936本栖を卒業して何年も経過したとしても、久々に顔を合わせたとしても、同期の絆は実に強い。馬袋はすでに賞金王出場にかなり近い位置にいるわけだが、ならば智也も続かねばなるまい。次は聖戦の舞台で二人の仲の良い様子を見たくなったぞ。

2012_0821_0246 閑散としているとはいっても、ペラ調整室だけは様子がまるで違う。もちろん満員御礼だ。新プロペラ制度が導入され、前検からペラ調整所はすし詰めになるという推測があって、しかし実際はそこまでの混雑ぶりは見せていなかったわけだが、今節はやけにペラ叩きが多いなあ、という気がする。ペラ室の外には、ゴム板を敷いて臨時の調整所も設置されており、そこにも選手の姿が鈴なり。艇庫の隅に設けられた調整所では、山崎智也がペラを叩いていて、地元ということで他地区の選手に調整室を譲っているようにも見える。
2012_0821_1283 その隣には福岡軍団がいる。瓜生正義を取り囲むように、川上剛、郷原章平、西山貴浩、前田将太、篠崎元志が叩いていて、その全員が揃っているのは、レースなどの関係でまだ見ていないが、この6人のうち2~3人の姿がいつもここに見られるという状況になっている。それにしても、今さらだけど、福岡のメンバーは若いっすね。瓜生以外はやまと世代ではないか。瓜生隊長とヤングソルジャーってな感じで、強い結束力を感じずにはいられない。記者室に帰ってきたら、H記者が「前田将太が急に良くなってたぞ!」と興奮気味に報告してきたが(舟券獲ったらしい。けっ)、前田は身近に瓜生の存在を感じながら、調整のアドバイスももらって、気配を上昇させたのだろう。瓜生がそばにいるってのは、それほどまでにパワーを与えるものだ。特に、若手にとっては。

2012_0821_0849 さてさて、3Rでは3番手争いが接戦となった。2周2マークで今村豊が内から突進するようなかたちになって守田俊介を逆転。今村にしては珍しいシーンであった。結局、3周2マークで守田がツケマイで再逆転。ちなみに守田の今日の体重は51.3kgで、たった2日で4kg以上の減量に成功!
2012_0821_0647 レース後のカポック脱ぎ場では、今村が笑いながら「きもりや~ん(と言ったように聞こえた)、ごめ~~~~~ん!」と苦笑いを浮かべながら守田に頭を下げていた。実は今村にとっても想定外の展開だったようで、それでも接触は不本意だったから、素直に詫びを入れたわけだ。しかし、守田に言わせれば、「あの位置関係では仕方ないですよ~。今村さんも当てたくないだろうと思いましたけど、あのまま行くしかなかった」とのこと。二人に禍根はまったく残っていないのだ。選手たちは、接触などなくクリーンにレースが終わるのが理想。しかし、セパレートコースではなく、しかも水面で、二つのブイの間を周回するボートレースという競技では、流れによっては接触がなければかえっておかしい。そうしたとき、あの今村豊でも後輩に素直に頭を下げ、後輩も事情を斟酌する。これを本当のクリーンファイトと言うのである。ま、時にはけんか腰になるような激しい戦いも見たいよな~と思ったりもするわけだが、こうした清々しい戦いを見るのはもちろんボートレースの醍醐味なのである。(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (6)

H記者の『穴極選』2日目

 ドリーム極選、ミスターも池田もぶっ飛んで声すら出なかったHです。すいません>< しかし、怯むことなく今日も無理攻めで逝ってみまーーーすっ!!!!

9R
 ①森高一真
 ②篠崎元志
★③毒島  誠
◎④濱野谷憲吾
 ⑤原田幸哉
 ⑥今村  豊

進入123456

 今日、憲吾を狙わずしていつ狙う???? 東都のエースも地に落ちました。まったく人気がありません。確かに昨日のW惨敗を見たら、1円たりとも買いたくない気持ちはわかる。でも、昨日は前半がドカ、後半はターンミスで、まともにレースをしていないんですよ。パワー云々も不明。で、今日は得意のセンター戦なのに、毒島が攻めて展開もありそうなのに、幸哉やミスターよりはるかに人気薄。しかも、憲吾は昨日から今朝までに1・5キロも減量しています。勝負駆けでもある。まさに、今日買わずしていつ買う?? 毒島とのウラオモ勝負。

3連単★4=3-全

※憲吾老どの、本家の憲吾に◎を打つのはこれが最初で最後かも?? 一緒に天国(地獄か)まで逝きましょw


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”2日目

こんにちは! 暑い! Kです。初日はもうひとつでしたが、このところ初日ペケから盛り返すパターンとなっています。今節もそのパターンに持ち込むぞー。

1R
1コース想定=田村 まくられ率7.3% 差され率20.0%
2コース想定=馬袋 逃がし率52.5%
馬袋の逃がし率高く、田村が逃げ切る。
◎田村 ○東本 ▲秋山
3連単1-35-全

2R
1コース想定=毒島 まくられ率4.3% 差され率23.4%
2コース想定=田中 逃がし率43.6%
毒島が地元で意地の逃走。
◎毒島 ○横西 ▲池田 △山田
3連単1-564-全

3R
1コース想定=木村 まくられ率12.9% 差され率21.9%
2コース想定=西山 逃がし率32.1%
中村の3コースまくりを狙ってみたい。
◎中村 ○今村 ▲西山 △木村
3連単3-521-全

4R
1コース想定=田口 まくられ率2.0% 差され率16.3%
2コース想定=深川 逃がし率31.8%
瓜生がカドから自在な攻めで抜け出す。
◎瓜生 ○田口 ▲原田 △萩原
3連単3-146-全

5R
1コース想定=原田 まくられ率5.3% 差され率13.3%
2コース想定=馬場 逃がし率38.0%
水神祭を目指す二人が真っ向勝負。
◎原田 ○馬場 ▲松井
3連単1=2-全 12-3-全

6R
1コース想定=山崎 まくられ率9.6% 差され率25.0%
2コース想定=中野 逃がし率41.5%
山崎が地元で気迫の逃げ。横西とのワンツーも狙う。
◎山崎 ○中野 ▲平本 △横西
3連単1-256-全

後半はのちほど!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目!

こんにちは。桐生モーターボート記念は2日目! 本日も猛暑の一日であります。先ほどホテルで中道善博さんにバッタリお会いしたのですが、「四国より暑いわ~」とおっしゃってました。内陸独特の暑さってあるんですよね~。

2012_0821_0382地元代表のひとり、中里英夫。昨日は遅くまで試運転をしていた一人で、毒島誠と延々、足合わせをしていました。初日は幸先のいいスタート、当地周年2連覇の強さをこのまま見せつけてくれるでしょうか。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

THEピット――やる気マンマン!

2012_0821_0705 8R、スタンドの記者席でレースを見ていて、ひっくり返ってしまった。逃げ切り態勢に見えた濱野谷憲吾がズブズブズブと差されまくったのだ。さらに2マークで捌くこともできずに5着大敗。これが我らがファンタジスタのレースなのかと、溜め息が出た。たしかに最近のSGではいまひとつ冴えない濱野谷だが……。
 9Rが終わってピットに入ると、濱野谷が係留所に向かって歩いていた。そう、レース後の濱野谷は水面に出ていたのだ。すでに宵闇に包まれ始めていた桐生、しかし濱野谷は試運転をやめようとしなかったのである。
 やがて、やはり試運転をしていた木村光宏が陸に上がる。この人も、相変わらず遅くまで水面を駆け続けているわけだが、今日は木村は最後の一人ではない。まだファンタジスタが走っている。
2012_0821_0555 濱野谷だけではなく、横西奏恵、山田哲也も試運転。その様子を山崎智也が水際まで出て、鋭い視線で眺めている、なんてシーンもあった。係留所に帰ってきた横西に駆け寄った智也は、隣の係留所に入った山田らと車座で会談。おそらくは、智也からのアドバイスや感想が述べられたと思われる。智也が立ち上がると、二人ともヘルメットをふたたびかぶって、水面へと出て行った。
 そのときでも、濱野谷は水面をブイブイと駆けていた。時に山田と足合わせをすることも。こんなにも遅くまで試運転を続ける濱野谷を見たことはあっただろうか。
 10Rの試運転タイムが終わっても、濱野谷はボートを陸には上げない。係留所につけたまま、プロペラを外して調整用の白プロペラを装着し、回転計をにらんでいる。レースが始まったころには姿を消しているが、10Rが終わると山田とともに係留所へ向かい、また水面へと飛び出していった。
 結局、二人が試運転を終えたのは、11Rの試運転タイム終了を告げる赤ランプが点った後。まずは山田が陸に上がり、遅れて濱野谷がリフトに乗った。そう、今日の“最後まで走った男”は濱野谷憲吾である。
2012_0821_1087 8Rのあとの溜め息は、「もしかしたら憲吾は終わってしまったのか……」という寂しさである。関東の人間である僕やH記者にとって、やはり濱野谷憲吾は特別な選手。そして、僕は今日、たしかに濱野谷がまだまだ終わっていないということを、ピットで知った。この男、まったく萎えてなどいない! モーターを格納したあとは、濱野谷はペラ室にこもっているが、それも含めて、この努力が明日報われてほしいと願うぞ。もちろんヤマテツも。

 H記者に的確なアドバイスをすることで知られる報知の藤原記者が、「54.5kgで入って来るんだから、やる気が違う」と、貼り出されている体重表を見ながら唸っていた。しかも、今朝の体重は52kg。たった一日で2.5kgも減量したのだから、本気である。
2012_0820_0752 こんな話題が出るのは、もちろん守田俊介だ。たしかに54kg台で前検にあらわれればマシなほう。最近は57kgとか58kgとかの数字を見るのも頻繁である。それを節中に一気に落とすわけだが、その前検体重の秘密がローリングシースーをはじめとする食べ歩きにあるのは、殿堂入りブログとして名高い「風雲きもり城」をご覧の方はよくご存じだろう。
 それも守田の個性として、非常に好もしく思ったりもするわけだが、彼を息子と呼ぶほど愛するH記者も、もちろん僕も、天才児が大きなタイトルを獲ってくれたらその何百倍も嬉しい。そして、54.5kg→52.0kgという数字が非常に輝かしい数字と見えるのは当然なのである。
 というわけで、藤原記者とひとしきり笑い合ったあと、守田の姿を探したのだが、残念ながら見つからなかった。帰宿バスの第1便で帰っちゃったのかな。前半戦のピットで見た守田は、たしかに普段よりもスリムに見えた……ということはなく、また表情も特にいつもと変わらず、気合とかは別に感じなかったけど……。ひとまず、明日の体重をチェック! 少なくとも、数字はたしかに守田のやる気を物語っているわけだから。

 さてさて、桐生のカポック脱ぎ場は装着場と地続きというか、専用の部屋というわけではないので、レース後の選手を追いかけていくと、非常に興味深い様子を見ることができたりする。
 11R、森高一真は1周目は3番手を走ったが、2周1マークで包まれて後退。その後の3着競りには井口佳典が含まれていて、結果的に井口が先着している。森高の悔しさは表情を見なくても想像できた。
2012_0821_0909 その森高を先にカポック脱ぎ場に着いていた井口が、やけに嬉しそうな顔で出迎えていた。「やっちまったな!」というか、「抜いてやったぜ、ざまみろ」というか、そんな感じ。この銀河系軍団はとにかく「同期にだけは負けたくない」という集団であり、レースでの失敗をボロクソにこき下ろし合う集団でもあるから、森高が失敗して自分が逆転した、という事実は井口にとって実に楽しいことだったのだろう。ピットに上がった直後には、悔しそうな表情を浮かべてもいた井口だったのに、森高の顔を見た瞬間、おかしくてたまらなくなったようだ。言葉少なだった森高も、さすがに観念したように苦笑いを浮かべていたが、これが銀河系の切磋琢磨であり、次なる戦いへの闘志を燃やす原動力になっているのだ。
2012_0820_0140 10Rでは、3番手争いがややもつれている。1周2マークでは平石和男が中野次郎に接触。先マイ逆転を狙う平石と、佐々木との2着争いで差しに回った中野の航跡が重なってしまった格好だが、最終的に3番手まで浮上した平石はレースを走りながらも気がかりだったのだろう。ピットに上がった平石はまずは佐々木に駆け寄りお辞儀をし、次に中野に駆け寄って頭を下げた。中野は笑みを浮かべて返していたが、接触などがあれば相手が後輩だろうと、こうして詫びるのが選手たちの礼儀である。
2012_0821_1079 1周2マークの攻防では、田口節子が3番手を狙える位置に浮上しており、その前を3番手航走していた佐々木がさえぎるように斜行し、接戦にケリをつけている。カポック脱ぎ場に戻った佐々木は、あとから田口がやって来ると、なんと直立不動になった。そして、「すみませんでした」と深々頭を下げた。先輩の佐々木が、田口にそうした態度をみせたのだ。リプレイを見直してみたが、佐々木と田口の絡みは、それ以外には見当たらない。そこまでするほど激しい接触があったのかと思ったが、そうではなかった。にもかかわらず、佐々木はとことん礼を尽くした。わだかまりなど残ろうはずもないし、こうした相手へのリスペクトが水面での激しいレースを生むのであろう。本当のガチンコ勝負は、尊敬と信頼の中から生まれるものなのだ。
2012_0821_1237 というわけで、山田哲也が峰竜太に「明日は絶対に逃がさないからな!」と言っていたことをお伝えして稿を締めよう。7Rで対戦する二人はもちろん同期。そこに尊敬と信頼があるから、絶対に相手に負けたくないし、闘志がさらに燃えるのだ。峰が1号艇、山田が3号艇。ヤマテツ、スタート決めてまくるつもりだぞ!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (3)

桐生MB記念TOPICS 初日

今日のイン成績
①②①①①①⑤⑤④①①①
1着率67% 2連率75% 3連率75%

イチコロ祭

2012_0821_1333 今日のイン選手は1Rの湯川浩司から、順調に勝ち星を伸ばした。いかにもSGらしい、穏当な結果ではある。
 ただ、ちょっとした“異変”もあったな。今日のイン勝利時の3連単フォーカスを羅列してみよう。
153・156・162・152・165・154・135・156
 なんとなんと、すべて5号艇か6号艇のどちらか、または両方がヒモに絡んでいる。1-234で決まりやすい昨今の記念レースにあって、実に珍しい結果といえるだろう。実際にレースを見ていても、1マークを回ってからもこもこもこもこと黄色と緑のカポックが進出する光景が目に付いた。

2012_0821_06282Rに至っては、勢い余って?6コースの⑥魚谷智之がずっぽし突き抜け612なんてシーンも。
 原因は……特定できない。もちろん、今日だけの偶然なのかもしれない。ただ、報知の山中キャップは、その要因のひとつをこう指摘する。
「新ペラ制度になってから内寄りが強くなった印象があるけれど、桐生のモーターはまだ新制度前に作られたもの。つまり、新基準のセッティングではないから、外コースが絡みやすいんです」
 つまり新プロペラ+旧モーターは、パワー差が新+新より大きく、そのギャップの分だけ外コースにも展開が生まれるということなのだろう。だとすれば、明日以降もイチコロ(1-56)が幅を利かせる可能性はあるわけだ。さてさて、気づいた途端に123ダァーーばかりになるのか、明日もまたイチコロの好配当が続出するのか……あなたなら、どうする??

2012_0821_0696どうした、憲吾!?

 2号艇と1号艇。東都のエース・濱野谷憲吾のロケットダッシュを期待したのは、私だけではあるまい。昨日の前検、憲吾の気配は上々に見えた(Aランク)。52号機の2連率も39%、水準以上の業績を残している。
 が、憲吾は初戦3Rの前に、ピストン①リング②シリンダーケース交換という大手術を施した。昨日の私の見立てが甘く、実は相当に苦しいパワーだったのかもしれない。それにしても、一大ギャンブルではある。大整備で迎えた3Rのスタート展示は、起こしから付いて行けずに1艇だけドカ。私の目にも、昨日よりも重苦しく見えた。
 そして本番は……コンマ55。パワー云々を問うレベルのスタートではない。もちろん、レースにもならない。私は正味のパワーがわからないまま、後半8Rのイン戦を待つことになった。
2012_0821_0714


 その8Rは130m起こしから、バチッとコンマ08発進。スリットは見た目にほぼ横一線で、外の誰もが仕掛けにくい隊形だった。多少パワーが弱めでも、これなら逃げきれる。1マークを慌てず騒がず、しっかり先制さえできれば……私の目は憲吾だけを見ていた。そして、私は目撃する。1マークのはるか手前で握り、はるか向こう岸へと流れてゆく1号艇の姿を。パワーへの不安がそうさせたのだろうが、あのターンで勝てるイン選手はいない。明らかに握りすぎのミスターンだ。平本に差され、峰に差され、坪井にも差された。1号艇の憲吾が飛んで、アウトセットで決まったというのに、3連単は60倍台でしかなかった。憲吾の1・2号艇は、⑤着⑤着の4点で終わった。
 先にも書いたが、今日の憲吾の惨敗は、パワー負けとは言い難い。それ以前の問題だと思う。今節だけではない、憲吾のこれからが不安になってしまうような惨敗だった。頭に浮かぶ言葉は、ただひとつ。
 どうした、憲吾!!??

赤城の仁

2012_0820_0876 自信というヤツは、実になんとも恐ろしい。5月にこの桐生ではじめてGIを制した齊藤仁が、ピンピン連勝発進をやってのけた。まあ、4Rはイン逃げだからして、驚くには値しない。コンマ22の慎重なスタートにも関わらず、他艇が攻めきれなかったのはラッキーでもあった。しかし、運も実力のうちなのだよ。

2012_0821_1070


 後半の9R、仁は2コース湯川浩司のジカまくりを利して、3コースから鮮やかに差し抜けた。これもツキ一本? いやいや、バック直線で追いすがる山口剛、魚谷智之、湯川を振り切ったパワーはなかなかのものだったし、冷静的確な2マークのターンは確かな地力を感じさせた。28号機は2連率30%にも満たない低調機なのだが、勝率をはるかに超えるパワーで勝ちきったのだ。おそらく、先の周年Vで「プロペラ(ゲージ)調整法@桐生」を掴んでいるのだろう。それがまた揺るぎない自信となって、パワー以上のハンドルにつながっている。当然、流れも引き寄せる。
 憲吾が惨敗したふたつのレース。そこには、自信の片鱗さえ見ることができなかった。一方、憲吾が惨敗した次のレースで、元気溌剌自信満々パワー全開でピンピン連勝を遂げた仁。東都のふたりの明暗を分かつモノは、パワーよりもメンタリティだと私は思う。

独断のパワー評価

2012_0821_0611 うーーーん、ドリーム今村豊の6着惨敗はじめ、前検ファミリーの多くが不甲斐ない結果に終わった。前出・憲吾に至っては、戦う前に大整備してるしぃ。素直に見立て違いを認め、まっさらな気持ちで初日なりのパワー番付を記しておく。

SSクラス(節イチ候補)…山口剛
Sクラス(超抜候補)…今村豊、佐々木康幸
Aクラス(上位候補)…坪井康晴、中澤和志、東本勝利、守田俊介、寺田祥

2012_0821_0462


 前検ファミリーの毒島誠(振り込み大敗)、赤岩善生(前半は明らかにセッティングミス)もまだ捨てがたいけれど、とりあえず次点ということで。辻栄蔵、原田幸哉、馬場貴也、瓜生正義、魚谷智之、山崎智也も間違いなく中堅以上。(photos/シギー中尾、text/H)

2012_0821_1085


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

“本紙予想”MB記念初日後半

7R 
1コース想定=深川 まくられ率12.8% 差され率9.0%
2コース想定=中島 逃がし率36.1%
深川がSG復帰戦を力強い逃走。
◎深川 ○中島 ▲守田
3連単1-23-全

8R 
1コース想定=濱野谷 まくられ率13.3% 差され率24.4%
2コース想定=平本 逃がし率37.1%
平本が2コースから渾身の差し切り。
◎平本 ○濱野谷 ▲峰    
3連単2-14-全

9R 
1コース想定=中村 まくられ率10.9% 差され率14.5%
2コース想定=湯川 逃がし率51.1%
湯川の逃がし率高く、中村がしっかりと先マイ。
◎中村 ○齊藤 ▲山口 △魚谷  
3連単1-345-全

10R 
1コース想定=赤岩 まくられ率7.7% 差され率13.8%
2コース想定=佐々木 逃がし率47.1%
赤岩が気合の逃走。
◎赤岩 ○佐々木 ▲平石 △田口 
3連単1-246-全

11R 
1コース想定=中澤 まくられ率15.4% 差され率16.9%
2コース想定=深川 逃がし率31.0%
田中のまくり差しが強烈に決まる。
◎田中 ○中澤 ▲深川    
3連単3-12-全

12R ドリーム戦
1コース想定=瓜生 まくられ率15.3% 差され率15.3%
2コース想定=松井 逃がし率48.5%
パワーある瓜生が松井を壁に逃げ切る。
◎瓜生 ○松井 ▲山崎
3連単1-25-全


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――これがMB記念!

 各場2名ずつの代表が集うモーターボート記念。同県勢の絡みというのは、他のSGでも頻繁に目にするわけだが、しかし「今年から各場2名」という先入観があるからかどうか、同県勢の接触にはやはり特別なものを感じずにはいられない。
2012_0820_01232012_0820_0674 たとえば3R後、SG初陣を見事なレースで2着に浮上した馬場貴也に守田俊介が駆け寄る姿は、SGの大先輩である守田がいかに馬場を気にかけているかの証に見えたりする。SG経験も豊富な先輩は、自身がいまだ戴冠はしていないわけだが、この舞台の戦い方を伝えることはできるだろう。それが馬場のパワーにもなるに違いない。
2012_0820_0639


 ペラ室では、池田浩二と平本真之の「チーム常滑」がペラにゲージを当てながら、話し込んでいる。別に不思議な光景でもなんでもないが、開会式で息の合ったパフォーマンスを二人が見せていたことを思えば、「常滑」という言葉が妙にクッキリと浮かび上がってきて、そこに原田幸哉が加わったことに違和感さえ覚えてしまう。単なる「愛知トリオ」なんですけどね。
2012_0820_0818 ギアケース調整のあと、早くも本体整備に取りかかった森高一真には木村光宏が寄り添っていた。これもぜんぜん珍しい光景ではなく、普段のSGでも見られるものだが、「おぉ、丸亀」なんて唸ってしまっている自分がいたりして。その後、森高には井口佳典がペラに関しての質問をしに歩み寄っているが、銀河系軍団と丸亀軍団、どちらの絆が強固なのかと意味のないことを考えてしまったりもした。これがモーターボート記念だ!
2012_0820_0709_2 4Rの展示中、今村豊が水際にひとり立って、水面をじっと眺めていた。出走表をチェックすると、原田篤志の名前がある。おそらく、SG初出場の後輩の走りを見ているのだろう。昨日も、今村が原田を気遣う光景を見ており、今村はSGを初めて経験する若き後輩を常に心に留めている。そうしてくれているのが今村豊なのだから、原田にとってこれほど心強い援軍はなかろう。谷村一哉だけでなく、原田も今節は今村についていく心づもりのはず。そう、原田にしても馬場にしても、東本勝利にしても前田将太にしても、SG初陣になっても必ず心強い存在がいるというのが、モーターボート記念。このSG、大舞台を初体験するには格好のレースかもしれないな。

2012_0820_0584_22012_0820_0779 もちろん、同県同士の組み合わせばかり目にするわけではない。松井繁と馬袋義則は、昨日からずっと行動をともにしているし、峰竜太と中村亮太の「竜太亮太」もけっこう仲よさげに接している。田村隆信がピストンリングを探すそばには、湯川浩司や田口節子が腰かけていて、銀河系軍団のつながりも相変わらず多く見かける光景となっている。
2012_0820_1207 そんななかで、先輩に声をかけられることが多かったのが川上剛。どうやら、開会式での西山貴浩の宣言が話題になっているようなのだ。
「なんか、坊主にせないかんようになっとるやないですか!」
 井口佳典に話しかけられて、思わず苦笑いの川上に、井口もおかしそうに笑い返す。西山は「活躍できなかったら」と言ったのだから、1R2着の走りを今後も続けていけばもちろん坊主は免除! 川上にとっては、かえっていいモチベーションになっていると見たがどうか。
 で、言いだしっぺの西山も3Rで3着。2番手の場面もあっただけに、惜しいところだったが、こちらも悪くないスタートだ。4コースを獲っていたため、横西奏恵にはすみませーんと謝っていたが、逆転2着となった馬場貴也には逆にごめんと謝られており、これがレース後の選手の感覚ということ。ともかく、表情は基本的に明るく、こちらも坊主免除が見えてきている!?(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

H記者の『穴極選』初日

毎度毎節、軍資金2諭吉スタートのHです。ガキの使いですな。なんとか初日に極選を召し取って、超楽チンな1節間を送ってみたいーーーー!! 頼んだぜ、ミスター!!!!

12Rドリーム戦
 ①瓜生正義
 ②松井  繁
★③池田浩二
◎④今村  豊
★⑤山崎智也
 ⑥田村隆信

進入1234/56

 好モーターを引いた瓜生は、逃げて当たり前の気配。出足がしっかりしています。が、このレースはS一撃で決着するとみます。仕掛けるのは前検SSのミスター今村か、それを制して池田(本人のコメントより行き足は強力です!)が先に動くか。どちらにしても、怪物級のレース足を誇るミスターがバック突き抜けます。自力なら4-5、池田マークなら4-3が筋。「瓜生のアタマ鉄板」と決めている方は、143を押さえてみてくださいな。ソコソコの好配当ですよ。

※昼特訓で良く見えたのが東本、郷原と……井口!いきなり伸びがきました~。

3連単★4-35-全


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

地元の思いを背負って! 開会式!

 モーターボート記念は、全国のレース場から推薦された選手たちが戦いを繰り広げます。

2012_0821_0017齊藤仁
「江戸川ボートに恥をかかせないよう、頑張ります」

 仁ちゃんだけでなく、誰もが自分を推薦してくれた地元のレース場の思いを背負って戦うわけです。

2012_0821_0118


辻栄蔵

「宮島のみなさん、ありがとうございます。帰るときにはニッポンの辻になって帰りたいです」

 地元のスターから全国のスターへ。みな、ホームプールを全国にアピールすべく、力を尽くすのですね。
 なんたって、あのクールな池田浩二でさえ、突然「常滑第一」と書かれた帽子を取り出して、おどけてみせている。それに平本真之も「常滑第二」と書かれた帽子をかぶって呼応しています。

2012_0821_0051池田浩二
「甲子園では愛知がいまいちだったんで、僕たちが頑張ります」
2012_0821_0055


平本真之

「来年、グラチャンが常滑であるので、チーム常滑、気合入ってます」

 そう、今年からMB記念は選考方法が変わりました。これまでは、各場1人ずつの推薦で、残りの選手は施行者希望で決定していましたが、今年からは各場2人ずつ(開催場除く)。ボートレース甲子園の性格がより強くなったわけです。

2012_0821_0132

今村豊

「下関から遠路はるばるやってきました。谷村、ついてこいよ!」
2012_0821_0139


谷村一哉

「一節間、今村さんについていって頑張ります」

 各場代表の2名はチームも同然。水面に出れば真っ向勝負を繰り広げますが、陸の上では連帯感をもって、一節を戦い抜くのであります。で、2人推薦になったことで、こんなことも起きていました。

2012_0821_0097田村隆信
「初めて鳴門推薦で来ることができました」

 これは意外だなあ。以前の方式なら、田村は施行者希望の枠に入るのが濃厚だったので、鳴門では別の選手を選んでた、ってことでしょうか。横西奏恵が代表だったことが多かったような気もしますね。ともかく、田村はその奏恵ちゃんとともに、鳴門を背負って戦います。

 てな具合に、自分を選出してくれた地元への思いを語る選手が多かった開会式。それ以外のベスト3は……。

2012_0821_0007石和男
「こんな格好してたら、『勝手にしやがれ』でも歌いたくなりますけど、ジュリーを知らない世代も増えてきているので、やめます。応援ヨロシク!」

 ウハハハハ! レース場に来ているゲストの大半は、知ってると思うけどなあ。へーちゃんの『勝手にしやがれ』聞きたかったっす。
 司会を務めた松岡俊道さんは、守田俊介を「新プロペラ制度になって頭角をあらわす」と紹介しました。すると……

2012_0821_0073守田俊介
「残念ながら、新プロペラ制度になって頭角をあらわすどころか、成績が下降してます」

 即座にアドリブで返すあたり、この人の頭の回転は速いっすね。プロペラの回転も上げて頑張ってください!
 最後はやっぱりニッシーニャ!

2012_0821_0156


西山貴浩

「選手になってからの夢だった川上先輩と一緒にSGに来ることができました。今節活躍できなかったら、川上先輩ともども坊主にします!」

 師弟ボーズを見たいような、二人の活躍のほうを見たいような……。初の師弟参戦、期待させてもらいまっせ!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の“本紙予想”モーターボート記念初日

こんにちは。Kです。オーシャン、女子王座とそこそこ好調で乗り切って、迎えたMB記念。2年前のダービーは絶好調だったんですよねえ。桐生も相性良しと信じて、今節も頑張ります!

1R
1コース想定=湯川 まくられ率17.8% 差され率19.6%
2コース想定=熊谷 逃がし率30.3%
萩原が3コースから強力な差し技見せる。
◎萩原 ○湯川 ▲守田 △毒島
3連単3-146-全

2R
1コース想定=秋山 まくられ率15.3% 差され率15.3%
2コース想定=中澤 逃がし率29.8%
中澤が2コースから自在な攻め。
◎中澤 ○秋山 ▲赤坂 △坪井
3連単2-135-全

3R
1コース想定=中島 まくられ率4.7% 差され率16.3%
2コース想定=濱野谷 逃がし率43.6%
中島が濱野谷を壁にして逃走。
◎中島 ○濱野谷 ▲馬場
3連単1-25-全

4R
1コース想定=齊藤 まくられ率4.7% 差され率18.8%
2コース想定=木村 逃がし率40.0%
齊藤が外の攻め制して逃げる。
◎齊藤 ○木村 ▲峰
3連単1-23-全

5R
1コース想定=中里 まくられ率17.5% 差され率17.5%
2コース想定=赤岩 逃がし率36.2%
谷村のまくり一撃を狙ってみたい。
◎谷村 ○田中 ▲中里 △山口
3連単3-415-全

6R
1コース想定=佐々木 まくられ率7.5% 差され率17.0%
2コース想定=石渡 逃がし率58.5%
石渡の逃がし率が非常に高く、佐々木の逃げ狙い。
◎佐々木 ○井口 ▲原田
3連単1-36-全

後半はのちほど!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

初日!

お暑うございます。SGモーターボート記念は初日でございます。開幕です! 今年唯一のナイターSG、そろそろ朝晩は涼しげにもなっております。風に吹かれてナイターSGを楽しみましょう!

2012_0820_1039今日のドリーム戦、気になるのは田村隆信の動き。6号艇の田村はけっこう動きますからね。そのとき、H記者の節イチ指名、今村豊はどうするか。徹底スローは変わらないですが……。このあたりが展開のカギになりそうですね。(PHOTO/中尾茂幸)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

H記者の『桐生MB記念 前検を斬る!!』

 桐生MB記念の前検が終わりました。ついに、恐れていたことが……前半の試運転はたっぷり時間をとってあるのですが、選手が出てこないこと出てこないこと>< 最初に馬袋義則=田中信一郎、馬袋=松井繁(それぞれ2回ずつ)が行われてから、20分近くも足合わせが頓挫。その後にやっとチョボチョボと何組かのマッチアップがありましたが、持ちペラ制度の時代には考えられないような少なさでした。うーーーん、きっと、みんな足合わせの前に、自分向きのペラに叩き変えてしまうんですな。後半の若者たちは、以前のようにガンガン足合わせをしてましたけど(←ペラを叩き終えたから??)
 まあ、そんな前検ウォッチャー泣かせの試運転ではありましたが、それなりにお宝パワーをゲットした手応えはありますぞ!

SSランク(節イチ候補)

2012_0820_0455★★★今村豊
 すでに前評判が高いのが残念ですが、凄いんだから仕方ない。回ってすぐの足がケタチすぎる。足合わせが少なかった前半にあって、ミスター今村だけは智也、奏恵、仁、和志、幸哉らとシノギを削り、ターン出口のスーパー出足でほぼすべて千切っておりました。その後の伸びは一息も、あれだけの出足~行き足があれば、スリットから何でもできる。そして、1Mの後にさらにもうひと伸びできる。大敗するとすれば、強引にまくりに行って張り飛ばされたときだけでしょうね(←伸びが一息だけに)。

Sランク(超抜候補)

2012_0820_0794★★山口剛
 出ました、毎度お騒がせの前検鬼っ子・剛ちゃん。今節もまた、うんざりするほどよく見えました(笑)。足合わせは2回だけ。中村亮太と原田篤志を1Mで強引に叩き潰すような走法で、直線は伸び比べにもならず。それでも、回ったときの迫力(オーラ)が、半端じゃなかった。女子王座の山川美由紀の前検と、同じようなオーラを感じました!

2012_0820_0768★★毒島誠
 ミスター今村と同じ、ターンしてすぐの出足~行き足。平本と川上をターン直後に2艇身ほど突き放した足は、出色でありました。課題は、これまた今村と同じスリット後の伸びですか。力任せにまくりに行った場合は、かなり危険かも??

Aランク(上位候補)

2012_0820_0920★中澤和志
 今村に出足でやられつつ、直線の後半で一気に追い上げた。このゴキゲンな伸び足は、タイプ的にも魅力満点。スリットで互角以上なら、1Mまでに内をすべて攻め潰してくれそうな伸び足です。その分、出足・回り足は苦しめかも?

2012_0820_0743★深川真二
 これもスタート練習でスリットから、気持ちよーーく伸びてました。完全な伸び型。ただ、タイプ的に伸び一辺倒はどうか、という疑問は残ります。今後の整備でどんどん出足型にシフトしていく可能性あり。

2012_0820_0952
★赤岩善生
 珍しく足合わせに現れず、スタート練習のみの評価。ただ、そこでの出足~行き足が非常に気持ち良さげに見えましたね。伸び型のときよりも、出足系が強く見えたほうが活躍する可能性が高い。それが私の赤岩論です。

2012_0820_0471★濱野谷憲吾
 ちょっと冒険。憲吾を前検ファミリーに入れるのは、これが二度目ですかね。今日の憲吾は、例によって足合わせなし。身体と艇を左右に揺らしたり、両手を何やらグリグリ動かしたりしながら、ひとりで3周してました。何をやってるのかなぁ。それはともかく、スタート練習での出足が、いつもの憲吾よりはるかに強そうに見えた。そのせいか、ターンマークも張り切って回ってました。久しぶりにやる気満々の?憲吾、これは買いでしょ!

2012_0820_0694


★寺田祥
 こちらも、スタート練習で出足がやたらと強そうに見えました。起こしからスーーーーッと滑らかにスリットまで加速していく足。

 以上、8人を前検ファミリーに指名します。エース田口とワースト級・井口は、それぞれ1回だけ足合わせをして、あまり目立ちませんでした。スタート練習もしかり。明日の実戦でどうなるか、引き続きチェックするとしましょう。
 さてさて、前検タイムです。

2012_0820_0498前検時計TOP10
①山崎智也 6・55
 瓜生正義
 田口節子
 山口 剛
⑤重野哲之 6・56
 東本勝利
⑦川上 剛 6・57
⑧赤岩善生 6・59
 中澤和志
 中島孝平

 ふんふん、智也など4人がトップタイ。その中にはエース節ちゃんもしっかり入ってますな。我が前検ファミリーからは3人がエントリー。ちと、いつもより少ないのが気になります。

前検ワースト5

①郷原章平 6・73
②坪井康晴 6・71
 石渡鉄兵
 中里英夫
⑤山田哲也 6・70
 田村隆信
 池田浩二
 平石和男

 郷原章平も池田浩二もフツーに良く見えていたのですが……軽視は禁物ですぞ。(photos/シギー中尾、text/H)


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

THEピット――一番乗りとシンガリ

2012_0820_0430 水面一番乗りは田中信一郎。これはもう、SGの“いつもの光景”だ。信一郎が不在なら西島義則。二人とも不在ならもちろん他の誰かとなるわけだが、どちらかが参戦していれば間違いなく信一郎か西島が最初に水面に飛び出す。二人とも参戦の場合は、取材班内で夜のビール代を懸けての予想合戦となったりして。
 今日は、信一郎に馬袋義則が追随した。誰もいない水面に信一郎が飛び出し、それを追って馬袋が飛び出すと、次の1周は早くも足合わせ。穏やかな水面を気持ちよさそうに走る二人。
2012_0820_0384 それを見届けてからピットへと入る。さすがに多くの選手が着水し、試運転に飛び出そうとしていた。10分ほどその様子を眺めて、約2年ぶりの桐生ピットの配置を確かめつつ徘徊。右手奥にあるプロペラ調整室を覗き込むと、信一郎と馬袋が早くもペラを叩いていた。素早い。真っ先に水面に出て、感触を確かめると速攻でペラ調整。それが彼らのルーティンとは言いながらも、いち早く臨戦態勢を整えようという動きには感心させられる。もちろん、明日もまた早い時間帯からの調整に励むことになるだろう。
2012_0820_0630 そのすぐ横で、中村亮太もペラを叩いていた。亮太はまだ着水しておらず、そう、走る前にプロペラ調整へと向かったのである。それも、かなり強く、ガンガンと叩いている。言うまでもなく、いまや彼の理論全体を指していると言ってもいい“亮太スペシャル”に叩き変えているわけだ。翼をカットすることはもうできなくても、新しいプロペラの形状の中で亮太なりのライン取りがある。これは今や、亮太のルーティンだそうだ。そして、特訓に出た後には「回転が上がるほうにもっていって、もう大丈夫だと思います」と力強く語っていた。まず最初の準備を、亮太は短時間で完了したわけである。
2012_0820_0651 亮太の姿を見かけてから1時間以上が経っていたが、峰竜太がペラ室を拠点にしてピット内を走り回っている姿を目撃している。すでに5班(登番順で3996秋山直之まで)がスタート練習&タイム測定を終えており、6班以降の後半組が試運転を始めていた時間帯。係留所では足合わせをした選手同士が情報交換などもしており、平本真之が首を傾げていたりもしたものだった。そんななかで、峰はまだ着水を終えていなかった。そう、峰が着水シンガリである。大慌てで準備する様子から推測するに、亮太同様、ペラを叩いていたに違いない。ドリーム戦共同会見に出ていたため、その現場を目撃はできていないが、ペラ室から勢いよく飛び出してボートに駆け寄る姿は、長く過ごした場所がどこだったかを指し示している。峰も亮太とは違うかたちでプロペラの理論を研究し尽くした男。動きが似るのも道理というものだろう。

2012_0820_0303 ドリーム組のなかでは、瓜生正義の足色が話題になっていた。瓜生自身は決して大言壮語はしていなかったが、松井繁が絶賛したのだ。冗談めかして「瓜生君◎でいいんじゃないですか」と笑った松井だが、その発言が王者のものとなれば、やはり無視はできない。松井自身、「手応えは悪くない」と自身の感触を語ってもおり、それを上回るとなれば瓜生の足の良さは只事ではない。
2012_0820_0453 もう一人、評判がよかったのは今村豊だ。今村のモーターは、新プロペラ制度導入以降の2連対率トップなのである。会見場に姿をあらわした今村は実にゴキゲンで、感触が良かったことは明らか。「2節前に西田(靖)選手がぐしゃぐしゃにしてるんでね。よくわからなくなったら(周年記念でこのモーターに乗って優勝した)齊藤(仁)くんに聞きにいきます(笑)」という他の選手を引き合いに出してジョークを語っているあたりも、間違いなく足色に満足している証拠だ。ちなみに、西田はピット離れ仕様にペラを叩いたようで、その名残だろう、「回りすぎな感じがしました」とのこと。気圧の低い桐生で回りすぎというコメントはあまり聞いた記憶がないだけに、今村のスタイルに適合すれば、かなりのパワーになるのではないか。
2012_0820_0642 なお、池田浩二は「ターンしてからがイマイチ」「よくわからなかった」「ここ5年間、桐生はいい印象がない」「F持ちなので、今期はおとなしくはして、来年頑張ります」とネガティブなコメントを並べていた。ドリーム会見で「悪くない」という言葉を聞いて、「泣きの池田がいいって言ってるんだから、いいに違いない」と思っていた僕やH記者だったが、結果は出ていない。ということは、「池田浩二は泣いているときのほうが手応えアリ!」というのが僕とH記者の推論である。今節は果たして……。

2012_0820_0637 さてさて、近年の若手世代においては、九州地区の充実ぶりが非常に目立っているわけだが、今節の前検9班、登番のもっとも若い5人は、峰竜太、平本真之、篠崎元志、西山貴浩、前田将太である。そう、4人が九州地区で、うち3人が福岡支部だ。こうなると何が起こるかというと、9班のエンジン吊りが手薄になる、である。福岡はほかに瓜生、川上剛、郷原章平の3人だけで、他の九州勢も深川真二、赤坂俊輔、中村亮太の3人。平本真之には愛知支部をはじめとする東海地区の面々がごっそりと集結するが、あとの4人は6人でなんとかしなければならない、というわけなのである。
2012_0820_0876_2 しかし、そんな状況にはさせないのが、選手の助け合い意識。手の空いている選手は当然、駆けつけるという次第なのである。現住所:福岡の齊藤仁は真っ先に駆けつけていた。支部は東京でも福岡も大事、という意識だろうか。若手の毒島誠も参加していたし、東本勝利もお手伝いしていた。2012_0820_0669何より、萩原秀人は8班の馬場貴也のエンジン吊りを終えたあとはボートリフトにへばりつき、ハナから9班をヘルプするつもりで待機。尼崎オーシャンでは久々SG参戦の同期・中村亮太にちょっかい出してたし、今日もSG初参戦の同期・東本勝利を気遣っていたし、実は心優しい男である。ひそかに応援させてもらいまっせ!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)


| 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

エース71号機は節ちゃん!!

2012_0820_0255
 午後4時すぎ、競技棟のミーティングルームでモーター抽選が行われた。会場がかなり広く、番号を読み上げる声が全体に届かないため、室内のムードは至って平穏。誰がどのモーターを引き当てても、歓声や冷やかしの声は一切挙がることはなかった。

2012_0820_0298


 こうなると、傍観する私もまったりモード。「平本、ずいぶん頬がコけて精悍な顔つきになったな」とか「今日は智也と奏恵がずいぶん離れた席にいるなぁ」とか、久々に会った中村亮太と目配せしたりとか、そんなこんなでガラポン抽選は進んでいった。要するに、書くべきエピソードが見当たらない抽選会でした、はい。

2012_0820_0350


 そんなまったりムードの中、やはりまったりとエース71号機を引き当てたのが、田口節子だった。他の選手たちはまるで無関心だったが、報道カメラマンは一斉にフラッシュをバシャバシャ。このモーターでどこまで屈強な男たちと渡り合えるか、今節の愉しみがまたひとつ増えた。

2012_0820_0330


 一方、今年3つめのSG制覇を狙う絶好調男・井口佳典は……2連率24%というワーストレベルの15号機! この苦戦必至のモーターがいきなり超抜仕様になったりしたら、やはり井口は新ペラ制度での極意を掴んでいることになるだろう。田口と井口、前検から大いに注目したい。(photos/シギー中尾、text/H)

★評判機と☆穴ムード機

2012_0820_0339★★71号機(50%)唯一の2連率50%超え…田口節子
★★51号機(43%)周年Vなど新ペラ制度後に大噴火…今村豊
★★74号機(48%)前節も超抜の準エース…坪井康晴
★22号機(41%)新ペラ制度後、伸び凄い…瓜生正義
★18号機(48%)新制度の前から安定感◎…赤岩善生
☆☆21号機(30%)前節、加瀬が予選トップ…毒島誠
☆☆60号機(28%)前節、久田が圧逃V…原田篤志

2012_0820_0378


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

桐生に選手襲来!

 ボートレース桐生は、けっこう遠いんです。私の家からだと、桐生は同じ関東地区なのに、東海の浜名湖や蒲郡のほうが所要時間が短かったりする。羽田にも近いので、単純な移動時間だったら福岡あたりとも変わらないかも!? でも皆様、遠いからこそ楽しき旅打ち。最寄りの東武線・新桐生駅は浅草が始発ですが、東京スカイツリーの真下を通るので、旅打ちにはオススメですよ! ぜひ皆様、桐生でお会いしましょう!
2012_0820_0048  で、選手たちも移動はなかなか大変になるので、愛車を駆って桐生にやって来る選手も少なくない。本日一番乗りの中野次郎も、カッコいい黒い車で、颯爽とレース場に乗り込んでいる。新プロペラ制度導入以降、もうひとつ調子に乗り切れない次郎選手、会うなり「よいお年を」なんて自虐気味だったが、ここらで波に乗ってくれなきゃ困ります! 頑張れ!
2012_0820_0097  赤岩善生もはるばる愛知から車でやって来た。愛知から桐生って、めちゃくちゃ遠いように思うのだが、実は中央自動車道で長野県を突っ切ってくると、意外と時間がかからずに到着できるらしい。たぶん、私の実家の付近も通ってるんだろうなあ。赤岩は鹿児島に里帰りするときも愛車を運転して行くらしいので、愛知→桐生など何の苦にもならないのかも。なお、赤岩の助手席には谷村一哉が同乗。そうか、二人は82期の同期でありますね。
2012_0820_0057  中島孝平&萩原秀人の福井コンビも車でやって来た。日本海沿いを通って、新潟あたりから南下というルートだろうか。だいたい5時間ほどの道程とのことだが、萩原によれば「昨日は伊香保温泉に泊まったんですよ」。おぉ、なるほど! その前乗りは楽しいかも! ちなみに運転していたのは中島のほうで、「先輩に運転させて、僕は楽チンでしたよ~」と萩原は笑っていた。
2012_0820_0011  あと、地元選手は当然、車でやって来るわけです。今節の群馬支部は4人。毒島誠、秋山直之、中里英夫の順番でやってきて、シンガリは山崎智也。おっと助手席にはもちろん、横西奏恵も。この智也&奏恵が全体のシンガリ入りで、その直前に谷村以外の山口組(今村豊、寺田祥、原田篤志)と佐賀組(深川真二、峰竜太)が入っている。佐賀組とは、福岡組から一人離れて、郷原章平も一緒だった。
2012_0820_0034  なお、朝、浅草駅でバッタリ出会った瓜生正義は、私とH記者の乗った特急の1本後の列車に福岡勢と同情したようだ。たぶん浅草で2時間くらい待ったんじゃないかな~。で、同じ電車に乗った中尾カメラマンが待ち時間にスタバに入ったところ、瓜生もお茶してたとか。桐生までの長い道のり、ご苦労様です!(PHOTO/中尾茂幸 TEXT/黒須田)

2012_0820_0008 ファンタジスタ憲吾はメガネ姿で登場。似合ってます!

2012_0820_0021 あ、仁ちゃんも! 濱野谷&齊藤の東京支部コンビは一緒のタクシーであらわれました。

2012_0820_0148 およ、王者もメガネっすか。最近はやりなんでしょうか、ダテメガネ。

2012_0820_0102 師弟コンビで登場は川上剛と西山貴浩。あら、もしかしてSG同時参戦は初めて?

2012_0820_0161

オーシャンは金髪。MBはブルー。髪型も亮太スペシャルだ!


| 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

桐生!

Cimg6221 こんにちは。取材班、ボートレース桐生に到着しました! 桐生は暑いっす! 浅草駅では瓜生正義選手とバッタリ会いましたよ~。長嶺豊さんとも! というわけで、本日よりここ桐生で取材、更新してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

ナイターですので、今日の最初の更新は夕方くらいかと思われます。明日からは午後イチくらいが一発目になりますかね。というわけで、残暑厳しいなかですが、ナイターSG、よろしくお願いします!


| 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)

今年唯一のナイターSG!

こんばんは! 残暑厳しい毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか。8月も中盤を超えました。体調崩さぬよう、夏の残りをおおいに満喫しましょう!

あさって21日からは、ボートレース桐生でSGモーターボート記念が開催されます。SGとしては、今年唯一のナイター開催です! 晩秋の夜、“ボートレース甲子園”で盛り上がってまいりましょう! ということで、取材班は明日の前検より最終日まで、桐生に乗り込みまして、いつも通り現地更新してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。


| 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)